今さら聞けない!大注目のe-スポーツとは何なのかをオリラジあっちゃんが徹底解説!

2019年12月30日たらこ パスタちゃん

最近耳にするようになったe-スポーツ。e-スポーツとは、ゲームを一種のスポーツとしてプレーすることを意味しています。このe-スポーツ、今世界的にかなり注目されており、日本でも近年やっと話題に上がってきました。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=xaTf54MOfXM

今までは、ゲームをずっとやっている人たちのことをオタクニートと呼んでいた方々もいるかもしれません。しかし、今やYouTuberから億万長者が出ているような時代です。もしかしたら、e-スポーツからはそれに勝る方が出てきてもおかしくない状況になっています。

e-スポーツに関して詳しく説明してくれるのは…オリエンタルラジオの中田敦彦こと、あっちゃんです!

岡安学さんが書いた『みんなが知りたかった最新のe-スポーツの教科書』を参考に、話を進めていってくれます。2019年の8月に出版されたもので、かなり新しい本となっています。

出典:https://www.amazon.co.jp/dp/4798059234

ゲームはコスパがとにかく良い!

あっちゃんがe-スポーツについて調べようと思った理由は自身で持っているNewsPicksで放送している企業研究の番組である「NEXT」。ここで動画プラットホームであるNETFLIXの専門家の話を聞いた時に思ったそうです。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=xaTf54MOfXM

NETFLIXの回では、「これから動画がさらにくる」と言うことを言われたそうです。これから5Gの時代へと突入するにあたり、動画への制限が軽減され、より注目度が上がります。なぜ動画が来ているのか、今後より来ることが予想されているのかは5Gの動画をご覧ください。

そんなにすごい動画ですが、ゲームとは比べ物にならないんだとか…!

なんと、ゲームは動画に比べて利益がとんでもなく良いんです!

動画を作成するためには、莫大な時間やお金を費やす必要があります。クオリティの高い動画を出せば、ハマってくれる方も多いですし、話題性にも繋がり多くの利益を出すことができます。しかし、長期的にハマることはなく、しばらくすると話題性も薄れてしまいます

一方ゲームは、予算はシステムの開発もあり多くかかることに違いはありません。しかし、昔に発売されたゲームでも今でもなおプレイヤーが増え続けていたり未だにプレイしている方がいたり、一度作ってしまえば寿命が長いんです。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=xaTf54MOfXM

もしも、ゲームが儲かるのであれば、自分がやるかやらないかは別として、知っておいた方が良いですよね。

日本のe-スポーツ元年は2018年!

日本のe-スポーツ元年が2018年だったのはご存知でしょうか?

出典:https://www.youtube.com/watch?v=xaTf54MOfXM

知らない方も多いかもしれませんが、なんとe-スポーツ流行語大賞にも選ばれていたんだとか…!

さらに、今では高額賞金の出る大会もあるようです。賞金が集まると言うことは、ムーブメントが来ていると言うこと。お笑い界で知らない人のいないM-1グランプリもムーブメントの起きていた2001年ごろは賞金がなんと1000万円にもなっていたそうです!

対してe-スポーツの賞金額は…32億円!!!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=xaTf54MOfXM

しかし、この32億円は海外での話であり、残念なことに日本ではありません。海外では10数年前からe-スポーツはすでに話題となっていました。今では、オンライン上で気軽にe-スポーツに賭けられるようなアプリがあったりと、大きな盛り上がりを見せています。

日本e-スポーツ連合の発足

2018年日本e-スポーツ連合(JeSU)が発足されました。今までも小さな団体はあったものの、これらが全て1つに集約されたものです。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=xaTf54MOfXM

ではなぜ、1つにまとめられた日本e-スポーツ連合が発足されたのでしょうか。

1つ目の理由は複数の連合があるとオリンピックへの競技申請ができないからだそうです。と言うことは、e-スポーツの競技の中からオリンピック進出がしたいと言うことの裏返しです。

しかし、e-スポーツと言う呼び方自体、中高年の層には受け入れにくいのではないかと言う声も上がっています。スポーツとは、汗と涙と血の結晶だ!と思っている層や、ゲームは子どもの遊びだ、頭が悪い!と思っている層も中にはいることでしょう。

しかし、e-スポーツの良いところは、他のスポーツとは違って年齢や性別関係なく戦える競技なのです。例えば、方だを動かすスポーツであるとアンダー18と成人の部があったり、男女混合の競技がなかったりなど、身体的な差を大きく感じる競技でした。

対してe-スポーツであれば、コントローラーさえ操作できれば誰でも対等に戦えるため、差別のない社会の創造に一歩近づいた競技なのです。さらに、対戦相手と戦いのスペックをまったくの同じものに設定が可能であるため、純粋にテクニックのみを競えると言った意味でも平等なスポーツであると言えるでしょう。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=xaTf54MOfXM

身近なところで言うとマリオカート多数同時接続対応が待ち遠しい方も多いのではないでしょうか。5Gの時代に突入し、多数同時接続対応の環境が整うと言うことは、ゲームに最適な環境が整うことを意味します。

世界的大企業も動いている!

世界的な大企業も、今後確実に伸びると言われているゲームに参戦しています。

Google:STADIA(1,100円/月)

Apple:Apple ARCADE(600円/月)

Microsoft:GAME pass

どのサービスも月額制であるサブスクリプションサービスとし、毎月収益を得られるよう工夫されています。

GoogleのSTADIAについては2019年11月より海外ではサービスが開始されています。日本での開始はまだですが、近い将来来ることが予想されてます。

任天堂:Nintendo Switch Online

ソニー:PlayStation Now(1,180円/月)

日本のゲーム会社ももちろん、この流れには乗っています。任天堂は世界的にも歴史あるゲーム会社ですので、過去に出してきたレトロなゲームまでやり放題なプラットホームを生み出しました。

ソニーはGoogleのSTADIAに負けないためにも、価格を半額ほど落とし、今の価格に落ち着いたほど。

今e-スポーツがとにかくアツい!

今、とにかく注目されているe-スポーツ。

しかし、世界ではe-スポーツがこんなにも盛り上がっているのは常識。日本はこの盛り上がりをキャッチをするのが遅くなってしまい、e-スポーツ元年は2018年となってしまいました。

では、なぜ日本はe-スポーツに関してここまで遅れを取ってしまったのでしょうか

たらこ パスタちゃん
Writerたらこ パスタちゃん
美容からお笑いまで幅広く動画観ているのが好きです! 友達と盛り上がれること間違いなしの旬の動画をご紹介していきます!