【スパイダーマン】歴代スパイダーマンの「糸」の違い

2019年12月29日SUNNY

歴代スパイダーマンで糸の出し方が違うということはご存じでしょうか?

出典:https://youtu.be/lRQMqkF2R7s

スパイダーマンはみなさんご存じの通り、主人公ピーター・パーカーが特殊なクモに噛まれたことによって、様々は特殊能力を身につけます。その能力はスパイダーセンス、抜群の運動神経、壁をよじ登れるなどが挙げられますが、糸の出し方には3人の歴代スパイダーマンでそれぞれ違いがあるのです!

出典:https://youtu.be/lRQMqkF2R7s

今回は歴代スパイダーマンの糸の違いと、さらに原作ではどうなっているのか?を説明します。

体から糸が出る:サム・ライミ版スパイダーマン(初代)

出典:https://youtu.be/lRQMqkF2R7s

サム・ライミ(映画監督名)版スパイダーマンは他の歴代スパイダーマンと違い、自分の体から糸が出せるということが特徴的です。

出典:https://youtu.be/lRQMqkF2R7s

ここで念頭に置いて欲しいのが、原作ではピーター自身がウェブ・シューターという装置を作り、そこから糸を出しているということです。

なぜ自分の体から糸を出す設定にしたのでしょうか

出典:https://youtu.be/lRQMqkF2R7s

実は高校生がウェブ・シューターを作ったり、あの小さい装置から大量に糸が出るという原作の設定に対して、ファンの間で批判があったようです

出典:https://youtu.be/lRQMqkF2R7s

そこでサム・ライミ版のシナリオを担当していたジェームズ・キャメロンはこの批判を受けて、体から糸を出すという設定にしたそうです。

自作のウェブ・シューター:アメイジング・スパイダーマン(2代目)

出典:https://youtu.be/lRQMqkF2R7s

次は、アンドリュー・ガーフィールが主演を務めたアメイジング・スパイダーマンです。(※通称アメスパ)

出典:https://youtu.be/lRQMqkF2R7s

アメスパのスパイダーマンは、ウェブ・シューターを自分で作りそこから糸を出しています。このウェブ・シューターはオズ・コープ社が開発した液状のクモの糸のカードリッジを、独自で作ったウェブ・シューターに組み込み、糸を出す仕組みになっています。

また、クモの糸がなくなりそうなときは、ウェブ・シューターが光る仕組みにもなっています。
ちなみに一つのカードリッジの中には914mのクモの糸が収納されているそうです。

トニー・スタークから貰ったスーツ:MCU版スパイダーマン (3代目)

出典:https://youtu.be/lRQMqkF2R7s

最後はMCUシリーズのトム・ホランドが主演のスパイダーマンです。

出典:https://youtu.be/lRQMqkF2R7s

このスパイダーマンは、最初は自作のスーツとウェブ・シューターでご近所助けをしていました。

出典:https://youtu.be/lRQMqkF2R7s

映画「アベンジャーズ シビル・ウォー」のときに、アイアンマンことトニー・スタークにスカウトされ、のちにアベンジャーズの一員となります。

出典:https://youtu.be/lRQMqkF2R7s

シビル・ウォーのときに、トニーからハイテクスーツをもらいますが、そのスーツにはウェブ・シューターの機能も備わっており、ウェブ・マイン(設置型の糸)やレーザー・ウェブ(電気が流れる糸)などの機能もあります。

サム・ライミ版やアメスパのときと違い、様々な種類の糸が出せるところが特徴的です

どのスパイダーマンが魅力的?

いかがだったでしょうか?スパイダーマンの糸について紹介していきました。どのスパイダーマンもいい点はありますが、やっぱりサム・ライミ版スパイダーマン体から糸が出せるという能力が魅力的だと思います。

ほかにも糸だけでなくスーツやストーリーにも歴代スパイダーマンで違いがあるので、注目していきたいですね!

SUNNY
WriterSUNNY
美容からお笑いまで幅広く動画観ているのが好きです! 友達と盛り上がれること間違いなしの旬の動画をご紹介していきます!