【HOW-TO】映えるイルミネーションの撮り方をサトーカメラさんがご紹介!

2019年12月28日SUNNY

冬と言えばイルミネーションを連想させませんか?しかし、イルミネーションの撮影は結構難しく、くっきりはっきりすべてが写ってしまったり、ボケボケでなんだかよくわからない事になってしまったり、上手に撮影できない悩みを抱えている方も多いでしょう。

今回は、サトーカメラで働くカメラのプロがイルミネーションの映える撮影方法を教えてくれます!

これで、今年の冬は映えているイルミネーションの写真をたくさんインスタグラムにアップしちゃいましょう!

背景をぼかす!

まず大事なのは、背景をぼかすこと。

手前のイルミネーションにピントを合わせるもよし、中央のイルミネーションにピントを合わせるもよし。とにかく、一点どこかにピントを合わせて他をボカすだけで、光の中に1つ輝くイルミネーションが幻想的な世界を作り出してくれます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=gns_JIBDLMk

ボケをうまく使うことで、実際よりも多くの光があるように演出できるため、イルミネーションの規模感が小さく、迫力のある写真が撮れずに悩んでいる方にもおすすめ。

水面を見つけたらチャンス!

水辺に映るイルミネーションも映えること間違いなし!

夜の水辺には余計なものは映らず、イルミネーションの光だけが反射するため、おすすめポイントです。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=gns_JIBDLMk

1つのイルミネーションなのに、水辺で撮るだけで光が倍あるように見えるだけでなく、水のゆっくりとした流れも撮影できれば神秘的な写真になること間違いなしです♡

多重露出を利用する!

2つの写真を組み合わせて1つの写真を作り出す多重露出。少し高度にはなりますが、これができれば映えすぎて困っちゃうほど!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=gns_JIBDLMk

くっきりとした光ボケやた光のコントラストがなんとも美しい1枚に仕上がります!一色で統一感もある写真になるため、ごちゃっとした写真が苦手な方におすすめです。

単焦点レンズがおすすめ♡

イルミネーションの撮影におすすめのレンズは…単焦点レンズ

単焦点レンズは、絞り値が通常のレンズよりも小さいのが特徴。背景のボケは絞り値が小さければ小さいほど出しやすくなるので、初心者の方でも簡単に丸いボケが作れちゃうんです!

さらに、通常のズームレンズに比べてレンズが少ないんです。イルミネーションは強い光がレンズの中に入ってくるため、レンズが多いとフレアゴーストができやすくなり写真がボケてしまいます。

使い方によっては綺麗なフレアゴーストですが、イルミネーションのような光を撮る際には邪魔になってしまうこともしばしば…。

今年はイルミネーションで映えよう

イルミネーションの撮り方1つとっても、撮影方法は様々。それぞれのイルミネーションに合わせて撮影方法を変えてみるのも良いかもしれませんね。

今年のイルミネーションはこれで怖くないのでないでしょうか?たくさんのスポットに足を運び、たくさん映えてみてください♡

SUNNY
WriterSUNNY
美容からお笑いまで幅広く動画観ているのが好きです! 友達と盛り上がれること間違いなしの旬の動画をご紹介していきます!