【Marvel】アイアンマンの スーツはあまり快適ではない?!

2019年12月13日SUNNY

トニー・スタークのアイアンマン・スーツ、実はあまり快適ではなかったかっこよくて最強!Marvelシリーズでも大活躍アイアンマンですが、あのパワードスーツ、日常生活ではいろいろ不便なことだらけだった?!

今日は映画の中で分かったアイアンマン・スーツの不便な点をいくつか見ていきましょう!

アイアンマンは意外と速く走れない?

そもそもアイアンマンは空を飛べるので、パワードスーツを着たまま走る場面があまりありません。

出典:https://youtu.be/JT3WHcWH07g

2016年の映画「キャプテンアメリカ:シビルウォー」で少し走っている場面があります。しかし、その時も2、3歩走っただけでそのあとすぐに飛んでいるため実際にはほとんど走っていません。おそらくスーツの構造上、足の関節が早く動かせなかったり大きく足を広げられなかったりするのかもしれません。

また走れないであろうもう一つの理由がスーツの重さです。

正確にはわからないですが、おそらくトニー・スタークがスーツを着た状態(トニー+スーツの重さ)で200キロはあると思います。こんなに重いのであれば、バランスを崩さないために走らないのかも知れませんね。

アイアンマン・スーツはトイレが面倒くさい

2008年のアイアンマンの頃のスーツは、脱ぎ着するときに巨大な機械が必要でした。そのためスーツを脱ぎ着するときはいちいち自宅に戻らなければなりませんでした。

出典:https://youtu.be/JT3WHcWH07g

さらに脱ぐのには時間がかかる!かなり面倒くさそうですね。これを見る限りトイレに行くのには一苦労だったと思います。

しかし「アイアンマン3」以降のスーツは改良され、簡単にスーツを脱ぐことができるようになっています。

アイアンマンは細かい作業が苦手

アイアンマン・スーツの手の部分を見てみると、その構造上、手を最後まで閉じきれないのがわかります。

出典:https://youtu.be/JT3WHcWH07g

常に分厚い手袋をつけているような感じでしょう。そのため、パソコンのタイピングスマホの操作もできません。他にもカバンのチャックを閉めたり財布からお金を出すといった細かい作業はほとんどができなくなってしまうでしょう。

ワンテンポ遅れて見えている?

アイアンマンには光る眼が2つあります。

出典:https://youtu.be/JT3WHcWH07g

これまでの映画の様々な場面を見て分かる通り、目の部分にはもともと穴が空いていてそこから外を見るという風になります。

出典:https://youtu.be/JT3WHcWH07g

こちらはアイアンマンの視界の映像ですが、見る限り、二つの小さな穴から覗いている様子はないですね。

出典:https://youtu.be/JT3WHcWH07g

おそらくこのヘルメットはヘッドマウントディスプレイ式になっていると考えられます。例えばスーツの目の部分には、小さなカメラがいくつかあって、その小型カメラ写した映像を中から見ているということが考えられます。

つまりスーツの中からはカメラ越しで外を見ているということになるので、若干の時差が起きてしまうはずです。若干の時差ではありますが、アイアンマン・スーツの装着者はいつもワンテンポ遅れてしまうことになります。

よく考えるとこれはなかなか致命的ですよね。アイアンマン・スーツは実は戦いにあまり向いてないのかもしれません。

アイアンマン・スーツはあまり快適ではない

他にも、「食べづらそう」「呼吸がしにくい?」「髪の毛が挟まりそう」などの意見もあるようです。いつもクールなアイアンマンですが、実は不便なこともあるようですね。

出典:https://youtu.be/JT3WHcWH07g

みなさんはどう思いますか?

SUNNY
WriterSUNNY
美容からお笑いまで幅広く動画観ているのが好きです! 友達と盛り上がれること間違いなしの旬の動画をご紹介していきます!