このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットを通して繰り広げられるスポーツ「eスポーツ」。賞金も出る大規模な大会も開かれていて、世界中が熱狂するエンタテインメントのひとつです。

今回は、前回に続き、話題のeスポーツチーム「AVALON(アヴァロン)」の人気プレイヤー、ぼるさんにインタビュー!ゲーミングハウスでの生活や、今後の目標についても伺いました。

荒野行動について(おさらい)

→荒野行動とは、プレイヤー100人が無人島で戦いを繰り広げるバトルロイヤルゲーム。無人島に落ちている武器を拾い集めながら、最後の1プレイヤー(チーム)になるまで戦闘します。

開発・運営しているのは、中国企業「NetEase」。基本的には無料でプレイできますが、課金が発生する有料アイテムも。個人で開催しているものも含めると、毎日のように賞金が出る大会が開催されています。

ぼるさんのプロフィール


高校3年の17歳。趣味・特技は12年間していたバスケットボール。eスポーツプレイヤーの Eraさん(@Era_iris1)、ミニさん(@7s_mini_)といっしょに、ゲーミングハウスにて共同生活。FFL season2 10月度では、個人最多キル賞を獲得。

※FFL=シーズン物では界隈最大となる賞金50万円の大規模な大会
 界隈注目度No.1、YouTube平均15万再生の大会「KWL」に続き、注目を集めている大会

ーー初めまして、今日はよろしくお願いします!早速ですが、荒野行動を始めたきっかけは何だったんですか?

ぼるさん:もともと、PCゲームのCOD(コール オブ デューティシリーズ)などのゲームをしていて、その流れでスマホやタブレットでもやってみたのがきっかけです。見事にハマり、今では毎日やっています。笑

ーー1日何時間くらいプレイされるんですか?

ぼるさん:20時から、深夜の2時くらいまでは、荒野行動の大会に参加しているので、最低でも4時間はやってますね。家事しているときや、ゲーミングハウスの仲間と話しているときもありますが、それ以外の時間も自主練しているので、うーん……。かなりの時間を費やしているんじゃないかな。笑

ーーやっぱりそのくらいやらないと、うまくなれないんですか?

ぼるさん:スポーツや勉強と一緒で、頑張った分うまくなるっていうのはゲームも一緒かなと思います。でも、楽しいからやってるし、頑張ったら強くなれるし、全然苦じゃないです。頑張ってやるっていうよりは、楽しんでやるっていう感じかな。

ーーそんなに熱心になれるものが、17歳からあるって素敵ですね。ぼるさんが考える荒野行動の魅力ってなんですか?

ぼるさん:えっと……服とか髪型とか、アバターのカスタムがたくさんできるところですかね。女の子がかわいいです。

ーーえ、シューティングとかでなく?それとも、おしゃれが好きだからですか?

ぼるさん:えっと…シューティングとかも前提に大事なんですが、やっぱりかわいい女の子ってテンション上がるじゃないですか。笑

ーーは、はい。笑

ぼるさん:だから、使っているキャラも基本女の子のキャラクターです。……なんかすみません。笑

ーー10月に荒野行動の二大大会で優勝し、個人賞・チーム賞でも優勝する事ができたみなさんって、実質最強チームですよね。総なめ優勝は、史上初の快挙と伺いました。チームAVALON、もはや敵ナシなんじゃないですか?

ぼるさん:いや、まだまだです。これに甘んじずに頑張りたいです。でも、みんなに「すごい」って言ってもらえるとやる気でますね。単純なんで。笑

KWL
界隈注目度No.1の大会
YouTube平均視聴数は15万再生

ーー褒められて伸びるタイプなんですね。

ぼるさん:はい、僕はそうですね。笑 SNSでフォロワーとかいいね!の数が多いと嬉しいです。みんなに見てもらえてるのがわかると、モチベーションもかなり上がります。

ーーゲーミングハウスでの生活をはじめて、変わったことはありますか?

ぼるさん:8kg太ったことですかね…。太ってしまったので、スポンサーに付いて頂いたジムに通って痩せようと思います。笑 

ぼるさん:あとは、最高の仲間に出会えたことです。強いのも大事なんですが、チームで成長し続けるためにはやっぱりみんな仲良く、楽しくできるのがなにより大事だと思っていて。まだ数ヶ月ですが、一緒に暮らしてみてみんなのことが本当に好きになったので、これからもこのAVALONというチームで頑張りたいと思っています。

ーー今後の目標を教えてください!

ぼるさん:まずは、今後の公式大会でも、AVALONのチームで優勝したいです。あとは、僕たちが活躍することで、eスポーツがもっと一般的なものに……いいイメージになったらいいな。ゲーマーって、夜遅く起きるとか、不健康なイメージがあるじゃないですか。

ーー正直、ありますね。

ぼるさん:ぼくら意外と、活動するときは午前から行動していて。ちゃんと努力もしてるし。ぼくらみたいなチームが活躍することによって、少しずつ負のイメージを払拭できたらなと…。……運動も、しないとですね…。笑

ぼるさん:あとは、アメリカとか韓国とか、eスポーツが盛んな国でもプレイしてみたいです。実際に行って、いろいろ勉強したい。そのためにも、外国語も勉強したいな…。みんなに意外って言われるんですが、実は英検2級を持っていて。

ーーすごい。色々考えてらっしゃるんですね。見た目が華やかで、ネット上での発言も強気なぼるさん。今回お話を伺ってみて、いい意味で印象が変わりました。

ぼるさん:チームメンバーに、よく二重人格って言われます。笑

ーー最後に一言、お願いします!

ぼるさん:まだまだ未熟な僕たちを応援してくれるファンの人には、本当にいつも感謝しています。Twitterでは強気な発言が多くなりがちですが、内心は「いつもありがとうございます」という気持ちでいっぱいです……。とにかく頑張るので、これからも応援よろしくお願いします!