このエントリーをはてなブックマークに追加

自身の整形体験をSNSやブログで紹介している双子モデルちえちか。

整形しているからこそわかる「整形している人あるある」をいくつかご紹介してくれています。自分では気づいていなくても、周りの人が見ればわかることも。これから整形を考えている人は必見です!

整形あるある:目

整形した人の中でも、目の整形をしたい人は圧倒的に多いのではないでしょうか。目の整形あるあるにはどのようなものがあるのでしょうか。

・グラマラスのやりすぎは逆さまつげに!
グラマラスとはタレ目に見させるための整形です。目尻を切ってたれさせるため、どうしてもやりすぎてしまうと「あっかんべー」としたような目元になってしまいます。

さらに、やりすぎると逆さまつげになってしまいます。施術前にも説明されることですが、せっかく可愛くなったのに逆さがまつげに悩むんでは元も子もないですよね。

・二重全切開は伏せ目がハムに
ちえちかの2人も、今では目をつぶっても自然な二重だそうです。しかし、昔は二重幅を欲張ってしまって全切開の切り傷の上に肉が乗ってハムのようになっていたそうです。

開けた時に二重があっても、閉じた時に不自然ではアイプチと変わらないですよね。外国人のような二重にしてしまうと、どうしても切り傷の上に肉が乗りがちになります。やりすぎには注意しましょう。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=vFC4cNlWrM8

・やりすぎなほどの涙袋
人にもよりますが、涙袋にヒアルロン酸を注入しすぎた目も整形した人にはあるあるなようです。どうしても涙袋をぷっくりさせたくてたくさんヒアルロン酸を入れがちですが、やりすぎるとナメクジのようになってしまいます。ちょっと触っただけで破裂してしまうように周りからは見えています。

整形あるある:口

整形をしている人からも、そうでない人からも見ればすぐにわかるのがセラミック。セラミックをする人の心理としては「とにかく白くしたい!」と思っている方が多いため、不自然なほどに白い歯にしてしまっている人が多いんだとか。

ちえちかもセラミックにした当初は白すぎて、今ではトーンを若干暗くしたものに差し替えているそうです。

整形あるある:顔全体

最近人気な人中短縮は顔を短くするための手術です。鼻の下を切る人中短縮はもろ顔に傷を残すことになりますし、傷跡が残りやすいです。

傷の残り具合は人それぞれですが、特に医者をしっかりと選んで手術に挑む必要があります。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=vFC4cNlWrM8

整形あるある:鼻

鼻中隔延長をしていると、プロテーゼを鼻筋に入れています。そのため、横に動かすことはできても縦に動かすことができません。「ぶた鼻」ができなかったり、笑っても鼻の位置は動かないのが特徴です。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=vFC4cNlWrM8

何事もやりすぎは注意!

整形もやりすぎなければ自然にできたり、傷も最小限に抑えられます。しかし、どうしても欲張ってやりすぎてしまうと不自然さが出てしまいます

整形をする時は十分にリスクを踏まえて行いましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
たらこ パスタちゃん
美容からお笑いまで幅広く動画観ているのが好きです! 友達と盛り上がれること間違いなしの旬の動画をご紹介していきます!