このエントリーをはてなブックマークに追加

モデルの活動をしながらYouTubeでも活動しているちえちかの双子姉妹。以前からSNSやブログで、整形のダウンタイムの紹介をしたり、美容の紹介をしていました。

一卵性の双子の2人には、今ある悩みが…。それは「面長」。ちえちゃんは整形のダウンタイム中で面長が、ちかちゃんは生まれつきの面長が悩みで、なんとか丸顔に見せたい2人。

そんな2人が面長をできるだけカバーするためにしているメイクテクニックをご紹介してくれます。

ベースメイク編

面長をカバーするためには、ベースメイクから気をつけるべきポイントがいくつかあります。

・ツヤ肌よりもマット肌
最近の流行りはツヤ肌ですが、ツヤ肌にしてしまうと光を反射するため顔に視線が行きがちに。なるべく目が行かないようにマット肌にすることを心がけているようです。

・生え際にシェーディング
生え際と顎先のシェーディングは必須!面長は全体的に長く見えてしまうことが原因です。そのため、頬には一切シェーディングをせずに縦のラインのみを削るようにシェーディングを入れていきます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=a10XVibcgXs

・チークは横を意識して
チークは1番高い位置ではなく、鼻と耳のライン状に横を意識して色を載せていきましょう。横幅を出すことを意識して、外側を濃くなるようにグラデーションすることをオススメします。

眉毛メイク編

眉毛もアーチ状にしてしまうと縦に幅が出てしまうため、なるべく全体的にパーツの位置を下ろすイメージで平行に描いていきます。さらに、気持ち長めに描いて横へ印象を広げていくことも心がけてみましょう。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=a10XVibcgXs

アイメイク編

目は顔の主役だからこそ、面長解消にもかなり重要なポイントです。面長を解消するときはどうしても輪郭ばかりなんとかしようとしますが、目を変えるだけでもだいぶ印象は変わります。

・アイシャドウを縦に広げすぎない
濃いメイクがすきだとどうしても濃い色を多く上瞼に塗りたくなります。しかし、縦に色を入れれば入れるだけ縦幅が出て、面長に加速がかかってしまいます。そのため、上瞼は狭目に色をのせ、特に濃い色は目のキワだけにとどめましょう。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=a10XVibcgXs

・アイライナーは下げる
アイライナーを跳ねさせてしまうと、上への印象が強くなってしまいます。そもそも顔の上の方にあるパーツである目はなるべく下に見せたいので、アイライナーも下にたれ目気味に下げるように描いていきます。

・下まぶたのアイシャドウは濃いめに
下まぶたに濃い色を乗せるだけで、目の位置が下にあるように見えます。まつげに関しても、上まつげに注力しがちですが、下まつげを伸ばしてあげると目が下に下がった印象を作れます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=a10XVibcgXs

リップメイク編

リップは人中をなるべく短く見せるために唇の山は消すようなイメージでオーバーリップをします。オーバーリップをするときは下唇をオーバーにしがちですが、下に長さが出てしまうため、面長をカバーする際は上のみオーバーリップすることを意識しましょう。

これで、面長カバーの完成!

面長は顔が長く見えてしまうことが原因で、より面長に見えてしまいます。そのため、なるべくパーツを顔の真ん中に寄せて横に伸ばすことを意識しましょう。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=a10XVibcgXs

このエントリーをはてなブックマークに追加
たらこ パスタちゃん
美容からお笑いまで幅広く動画観ているのが好きです! 友達と盛り上がれること間違いなしの旬の動画をご紹介していきます!