このエントリーをはてなブックマークに追加
Queen(クイーン)の名曲「ボヘミアン・ラプソディ」のYouTube再生回数が、なんと10億回を突破しました。1990年より前のビデオとしては、初めての偉業です。今回は、そんな「ボヘミアン・ラプソディ」の快挙についてくわしくご紹介していきます!

永遠の名曲「ボヘミアン・ラプソディ」

1975年、イギリスのロックバンド・Queenがリリースした「ボヘミアン・ラプソディ」。

今まで聞いたことがないような独創的なメロディは、多くの観衆を沸かせました。今でも「Queenの名曲」と語り継がれる大ヒット曲です。

MVが10億回再生を突破したのも、Queenの色あせない魅力がこの曲に詰まっているからでしょう。

「映画のタイトル」としても話題に

「ボヘミアン・ラプソディ」は、2018年に上映された「Queenの伝記映画のタイトル」としても話題に。

映画は世界的な大ヒットを記録し、Queenを知らなかった若い世代からも支持されました。

YouTubeのヘビーユーザーである若者がQueenに興味を持ったことも、「ボヘミアン・ラプソディ」の再生回数が増えた理由のひとつなのではないでしょうか。

SNSでの反応は?

「ボヘミアン・ラプソディ」の再生回数が10億回を突破したことは、SNSでも大きな話題になりました。

Twitterでは、「10億回突破おめでとう!」「いろんな人にクイーンの音楽を聴いてもらえて、本当にうれしい」「Queenすごすぎる…!」などのコメントが寄せられています。

Queenの伝説は続く

出典:https://www.youtube.com/watch?v=-_LCGFdGE3s

ボーカルのフレディ・マーキュリーを亡くしたあとも、精力的な活動を行なっているQueen。

現在もワールドツアーを行うなど、世界中の人々に素晴らしい音楽を届けています。

そんなQueenの名曲「ボヘミアン・ラプソディ」は、これからも多くの人々に感動を与えていくこと間違いなしです。「まだ聴いたことがない……」という人は、今すぐYouTubeにGO!