こんな先生いた!保育園・幼稚園の先生あるあるが面白すぎる!

2017年12月17日黒川 シュン
誰もが一度はお世話になってきたであろう、保育士や幼稚園の先生。そんな彼ら彼女らが働いていると絶対に遭遇する事件や場面あるあるが面白いとネット上で話題を呼んでいます。そこで今回は、その模様をいくつかご紹介していきます。

思わず共感してしまう!幼稚園の先生あるあるが面白いと話題

【完全再現】元保育士が幼稚園の先生あるあるやってみた

日々、子供の相手をする幼稚園の先生だからこそ分かる悩みや、自分が幼稚園生の時に先生にやってたなぁということを厳選してご紹介していきます。

そういえば昔こんなことやったっけなぁ…と懐かしみながら、読んでみてください。

ちなみに今回、幼稚園あるあるをまとめてくれたのは、夫婦YouTuberしばなんチャンネルです。では早速見ていきましょう!

保育士あるある1.砂を美味しそうに食べるのに慣れている先生

砂を美味しそうに食べる

出典:https://www.youtube.com/watch?v=jykk4-VH2v4

園児といえば、お外遊びは定番中の遊びの一つですよね。

中でも砂遊びで作る泥団子は、おままごとの内容としてもたびたび経験した出来事ではないでしょうか?

泥団子を差し出しては「先生食べて!」となかなかの無茶ぶりを飛ばす園児の要望もしっかり汲み取り、美味しそうに食べる演技をする先生。あまりにも美味しそうに食べる様子から、もしかして泥団子は実際食べてみると美味しいのでは?と錯覚に陥ってしまうこともありましたよね。

保育士あるある2.話が基本大げさになりがち

話が基本大げさ

出典:https://www.youtube.com/watch?v=jykk4-VH2v4

子供の時って野菜をどうしても忌避しがちですよね。そのため好き嫌いをして、ご飯を残したがる人も出てきてしまいます。

それを防ぐため、保育士さんは野菜を擬人化して食べ物の大切さを教えたり、食べないと栄養がいつまで経っても取れないよとちょっと話を壮大に盛ってしまいがち。

それでも子供の時ってどうしても信じてしまうんですよね…。

保育士あるある3.ピアノで喋りがち

ピアノで喋りがち

出典:https://www.youtube.com/watch?v=jykk4-VH2v4

外遊びと同じく頻度高いピアノでのお歌の練習

先生はずっとピアノに向かいがちなためか、思わずピアノを弾きながら伴奏に合わせて喋ってしまうことも…!さらにピアノの音も大きいためか、喋る声もそれなりの声量で話さなければならないという…。今思えばこれ結構大変ですよね。

他にも保育士が思わず共感してしまうことが盛りだくさん。続きが気になる方はぜひ動画もご覧ください。

元保育士のあやなんさんが語る!保育士からYouTuberへなるまでの話

保育士時代からyoutube始めるまでのお話

今回保育士あるあるの話題をご紹介したわけですが、出演したあやなんさんは過去に保育士を実際にやっていた経験もあるとか…!

そんなあやなんさんの保育士時代の話が聞ける動画も現在ではYouTube上に投稿されているようなので、気になった方は合わせてこちらもチェックしてみましょう。

黒川 シュン
Writer黒川 シュン
エンタメ分野を中心にライターとして活動中。サブカル・エンタメ分野は趣味レベルで嗜んでいます。好きなゲームはワイルドアームズシリーズ。最近は専らWebデザインにハマっています。