話題の職業、YouTuberとは?どうやって「好きなこと」だけで生きているの?

2015年10月16日野球クイズ

どんなYouTuberがいるの?

YouTuberたちが作る映像の内容は、なんらかの芸を行うものや、料理、楽器演奏、商品紹介など様々です。以下、著名なYouTuberを簡単にご紹介します。
興味を引かれたものをご覧になってみてはいかがでしょうか。

HIKAKIN

日本人ではトップの視聴者数を誇るYouTuber。もともとヒューマンビートボックス(楽器などの口真似)で人気を博しましたが、最近では商品レビューで人気。ほか、ゲーム実況など様々な映像を配信。

木下ゆうか

大食いが特技の女性。4kgほども食事が可能だといいます。
動画はうどん店『釜揚げ家族』にて、“うどん6玉+おむすび全種類+揚げ物全種類+いなり”を食べているもの。このほかおいしそうに食べている大食い映像が好評。
詳細は、ドーラ内の関連記事をどうぞ。

伊藤元亮

動物やアニメのキャラクターのお弁当、いわゆる「キャラ弁」の映像を作成しています。キャラ弁という「技術」と、娘さんのためにお弁当を作っていた「生活」を作品にしたものといえるでしょう。

YouTuberの収入ってどれくらいあるの?

ではいったいどのくらいの収入があるのでしょう。その年収は人によっては数千万円とも言われています。

収入はYouTube動画の再生数におおよそ比例するのですが、動画や広告によって再生数の2%から4%など幅があるようです。人気のある人はYouTubeの広告収入以外にも握手会などのイベント収入や、企業との契約金でも利益を得ています。

youtuber握手会の様子。写真はHIKAKINさん(右)。
Youtuber握手会の様子。写真はHIKAKINさん(右)。

テレビならまだしも、YouTubeなんかで広告して企業にメリットがあるのか、と思われるかもしれません。

YouTubeでは「動画を最後まで見たか」「どんな人が見ているか」「この動画を見る人は他に、どんなものに興味があるのか」などのデータが蓄積されます。その為、テレビよりも、マーケティングを精密にできるのです。広告を出す企業にとっても効率よくアピールすることができるため、YouTuberの台頭は広告の新しいやり方の台頭でもあるわけです。

YouTuberになるには

「YouTuber」になるのは難しいことではありません。YouTubeに映像をあげるときに「収益受け取り」の設定を有効にし、YouTubeパートナー規定に同意するだけです。

中には“UUUM”などの事務所に入っている人もいますが、ほとんどの人が、個人でフリーの活動をしています。
しかし、どんな世界でも、人気になるのはそう簡単ではありません。「Top YouTuber」ランキングを参照して、どういう人がたくさん見られているかを研究して、参考にしてみるのも良いでしょう。

目指せ一攫千金!とはそう簡単にいかないかもしれません。
けれど、一般人がアイデア一つで気軽に人を楽しませ、その対価を貰ったりできることは素晴らしいことです。
興味を持たれましたら、YouTuberの方々の動画を見てみたり、はたまた自分自身がYouTuberとなって色々な映像を作ってみてはいかがでしょうか。

関連リンク
YouTube

image by YouTube , YouTube

野球クイズ
Writer野球クイズ
お笑いと音楽と漫画と昔話と映画と妖怪が好き。 目と耳が悪い。遠くの人や小声の人が苦手。