ニコ生のパズドラ攻略番組が100回目達成!マックスむらいって何者?

2015年10月16日RJラボ

マックスむらいのプロフィールと彼の動画の特徴

商売として、人気コンテンツの攻略を解説している面もあるんだろうけど、それ以上に「好きだから、やっている」印象をあたえるところがマックスむらいがウケる理由だ。 無課金のまま何日も遊び、初対戦の強敵に挑むなんてのは、完全にゲームユーザー目線だ。同時に有益な情報になっている。

「マックスむらい」こと村井智建は1981年生まれで、石川県出身。結婚やプライベートのことを知りたい人は、本人が情報を出しているので、気になるところをチェックしてみるといい。「マックスむらい日記」なるものも公開している。

2014年12月には、早くも自伝本が出た。『マックスむらい、村井智建を語る。』がそれで、著書としては初になる。8日後には、シングル「限界突破」で、MASTERSIX FOUNDATIONからCDデビューをはたしている。チャートでは週間40位に入った。

ただのゲーム好きのオッサンかと思ったら

多方面に活動の場を広げるマックスむらいの正体は、実は成功した実業家・村井智建氏。AppBank株式会社の取締役だ。2015年3月まで同社の代表取締役CEOを務めていた。

そこに至るまでの経緯も紹介しよう。 高校卒業後、防衛大学校を中退したマックスむらいは、2000年7月にガイアックス入社。営業職から上場後には執行役員まで昇りつめている。2006年2月にGT-Agencyを設立。2009年に、中学時代からの親友がはじめたアプリ紹介サイトAppBank.netにかかわり、事業として成立させるために尽力している。

このAppBankが「パズドラ」や「モンスト」の攻略情報を主体にしており、そこでのライター活動が現在のマックスむらいへとつづいているわけだ。

2013年1月からニコ生の番組『AppBank がんばれ!マックスむらいのパズドラ攻略!』が開始され、マックスむらいはメインパーソナリティーやゲームプレイを担当。第99回までの累計来場者数は3140万を超えている。

これからもがんばれ!マックスむらい

ゲームの業界だったら、学歴がなくてもなんとかなるというのはわかるけれど、プランナーやプログラマーじゃないところが異色。実業家としても、中学時代の親友がやりはじめたことに協力し、成功に導く……というのがいいよな。

自伝出版にCDデビューと、もはやYouTuberとして盤石の人気を誇るマックスむらいだが、今度は映画化に挑戦するらしい。

映画には、YouTuber活動で知り合ったというあの有名ミュージシャン・GACKTも友情出演するということで話題になっている。

若者が多い人気YouTuberの中でも、親しみやすいゲーム好きのおっさんキャラで老若男女に愛されるマックスむらい。彼には、これからも引き続き多方面に頑張って欲しいものだ。

image by youtube

RJラボ
WriterRJラボ
株式会社RJ所属のライティング・ユニット。ハウトゥ本を中心に幅広く執筆。メンバーは雑誌や単行本へも寄稿、編集者からの評価も高い。得意分野は音楽・映画・マンガ・恋愛・ビジネスなど。⇒公式ブログはこちら