はじめしゃちょーはイケメンなのに体を張るネタが人気のYouTuber!

2015年10月16日RJラボ

人気のきっかけになったコーラ動画はこれだ!

はじめしゃちょーが売れるきっかけになった動画は、「メントスで槍を作ってコーラにブッさす」(2013年3月13日投稿)
ずーっと自身の動画再生回数でも1位をキープしていた。現在の再生回数は1100万回を軽く超えている。

ペットボトルに入ったコーラ(炭酸飲料)の中にメントス(チューイングキャンディ)を入れると、泡が一気に数m吹き上がる(はじめしゃちょーの言い回しだと「爆発する」)現象が知られている。YouTubeでも実験動画が古くからアップされている題材だ。

通常はメントスを数粒投入するだけだが、これだと接触するのは、表面だけ。では、メントスを槍状にしてコーラにブッさせば家が爆発するほどの勢いになるんじゃないか?というのがはじめしゃちょーの仮説だ。それを部屋の中で撮影している。

結果が気になる方は、実際の動画で確認してくれ。

はじめしゃちょーの数々の挑戦

さて、動画の世界ではウケたネタはリピートするのが定番。はじめしゃちょーも件のコーラ動画をリピートしている。
それが「コーラ風呂に体中メントスで入ってみた」(14年7月8日投稿)。

これは大量のコーラを用意して浴槽をいっぱいにし、大量のメントスを体中にテープではりつけて入るとどうなるかという実験。内容はびっくりするほどぐだぐだだが、そこがファン心理をくすぐるのだろう。イタズラ心というのか。

最近のネタだと、「大量のスマホ用スタンドを合体→全長6m最強スタンド」とか「たまごっち100個育ててみた」など、子供が考えそうな挑戦や体をはった実験が人気を支えている。

どんなにバカバカしいことでも、それを本気で「やってみた」動画にしてしまうところが彼の動画が愛される理由なのかもしれない。

まとめ

YouTubeが登場したことで、若者でも手軽に大金が稼げるようになった。そのかわり、はじめしゃちょーのようにコンテンツより人(=イケメン)が前面に出てしまうとプライバシーを詮索されることになるから、それと引き換えではあるけれど。

でも収入関係なく、はじめしゃちょー本人が楽しそうにおバカな挑戦を本気でやっているのを見ていると、見ているこちらも思わず和んでしまうのは否定できない。
自分自身をもコンテンツにしていくYouTuber、これはこれで新時代の職業の一つとしてごく一般的な生き方となっていくのかもしれない。

image by YouTube

RJラボ
WriterRJラボ
株式会社RJ所属のライティング・ユニット。ハウトゥ本を中心に幅広く執筆。メンバーは雑誌や単行本へも寄稿、編集者からの評価も高い。得意分野は音楽・映画・マンガ・恋愛・ビジネスなど。⇒公式ブログはこちら