なんで人気なの?今さら聞けない「ゲーム実況」の今と豆知識

2015年10月16日前田辰弥

実況のハードルが下がり、爆発的に人気に

楽しい遊び方であるとはいえ、一昔前まではゲーム実況はハードルの高い遊び方で、なかなかできる人がいませんでした。ゲームを配信する”場所”が少なかったのです。

自分でサーバーを立てたり、PeerCastなどの専用ソフトを使うしかありませんでした。また、個人のホームページなどで視聴者を集めるのも限界がありました。

近年ではYoutubeやニコニコ動画などの登場で簡単に動画をアップロードできるようになり、配信についてもUstreamやTwitch、ニコニコ生放送などのサービスがスタート。

ゲーム実況者が利用する場所としてはもちろん、視聴者側もブラウザで開くだけで見ることができるため、ゲーム実況を楽しみやすくなりました。また、面白い動画をランキングから探したり、検索で見たいゲームを探すこともできるようになりました。

加えて、パソコンのスペックの向上も大きな追い風になりました。昔はゲーム配信をするためにそこそこの値段のパソコンが必要でしたが、今なら一般レベルのノートパソコンなどでもスペックが向上し、十分配信に耐えうるスペックになっています。

配信する”場所”と”機器”の両面が進歩し、ゲーム実況者と視聴者双方の利便性が向上したことで、爆発的に人気が出たと言えます。

ゲーム実況者本人の面白さ

再生数の多いゲーム実況は、その実況をしている本人が面白いことが多いですね!

ゲーム実況が手軽に楽しめるようになった分、かなりの数のゲーム実況動画やライブ配信を見かけるようになりました。トークやプレイの仕方、ゲームの上手さ、企画など……何かしら突出した面白さがなければ、なかなか人に見てもらえない状況になってきています。

人気実況者の「幕末志士」など、実況者本人のトークやゲームプレイが魅力的な動画は再生数が伸びやすいようです。

ニコニコ超会議では「ゲーム実況者人狼」なるものが開催されたようですが、本人が面白いからそんな「ゲーム関係なくね?」というようなコーナーも成り立つのかもしれません。普段顔の見えない実況者の素顔が見えるレア感も、会場の盛り上がりに一役買いそうです。

で、ゲーム実況のやり方は?

詳しい配信の方法や機材についてはここでは述べませんが、必要なものだけ書いておくと……

  • 配信・録画できるスペックを持ったPC
  •  家庭用ゲーム機の場合、映像を取り込むためのキャプチャー装置
  • ゲーム映像を配信・録画するためのソフト(Xsplit、Open Broadcaster Software、アマレコなどがおすすめ)
  • 声を録音するためのマイク

近頃は、PC無しで録画が可能なキャプチャー機器も販売されているようです。

注意すべきなのはそのソフトの実況がメーカーから許諾されているかどうか。

許諾されていないソフトの実況動画もアップされていることは多いですが、ノベルゲームなどシナリオが重要なゲームでは、過去にゲーム実況をめぐった損害賠償請求なども行われているため注意が必要です。

たくさんの人が楽しんでいる「ゲーム実況」という遊び方。しかし、無条件で許可されている遊び方ではないので、実況者も視聴者も、その点を踏まえて節度を守って楽しみたいところですね!

image by ニコニコ動画

前田辰弥
Writer前田辰弥
2年前にサラリーマンを辞め、バイトで求人広告のコピーライターを始めた。関西在住でゲーム・アニメ・ロック・野球が好き。ライターになってから6kg太ったので、ダイエットして8kgやせました。