ボカロ曲が人気?歌い手って何?ニコ動の一大ジャンル「歌ってみた」とは

2015年10月16日ミイ

楽曲をどう歌うかは歌い手次第!

ボーカロイドが歌う原曲をどう解釈して、どんな歌い方で歌うかは歌い手によってさまざま。同じ曲が歌い手によってどのように違ってくるのか、歌ってみた動画を比べて見てみましょう。

こちらはボカロP「みきとP」が制作した、初音ミクAppendを使ったボカロ曲「刹那プラス」。2012年に投稿されて以来44万回以上再生され、VOCALOID殿堂入りを果たしている人気曲です。

歌唱に使われている2010年に発売された初音ミクAppendは、初音ミクに新たな歌声ライブラリを追加したもの。より感情豊かな歌い方をさせることが可能になりました。 こちらの曲も、ミクのウィスパーボイスがより人間味を出していますね。

この「刹那プラス」を女性歌い手の「鹿乃」さんが歌ってみた動画がこちら。


原曲キーでの歌唱です。原曲のミクに比べて可愛さと力強さが同居した感じの歌い方をしてらっしゃいます。

同じく、別の女性歌い手「なゆごろう」さんが歌った刹那プラスはこちら。

原曲からキーを1段階下げて歌っています。鹿乃さんと声質が似ていますが、アンニュイ風味が増してますね。原曲のミクの歌い方に近いのはこちらの方かも。

このなゆごろうさんの歌ってみた動画は、ミクの原曲と同じタイミングで投稿されました。
事前に、みきとPさんからなゆごろうさんへ歌ってみたの打診があったってことですね。原曲と歌い手による歌ってみた動画を同時に投稿するというやり方は珍しくないです。

ここで「最初からボーカル担当がいるならボカロ版を作る意味はあるの?」と思った人もいるでしょう………が、先述したように、すでにボカロ曲はニコニコ動画内でボカロ曲という一大文化になっているので、より多くの人に聴いてもらうためにあくまで原曲はボカロで制作して投稿する人が多いのでは?というのがライター個人の見解です。
(ちなみにボカロを使わないオリジナル曲はニコニコインディーズというくくりになります)

原曲は初音ミク(女性キャラ)ですが、もちろん男性が歌ってもOK!男性歌い手「天月 -あまつき-」さんが歌った「刹那プラス」はこれ。


原曲からキーを4段階上げて歌っています。高めの青年ボイスがイケメン感ありますね。男性声優さんにいそうな歌声です。
「天月 -あまつき-」さんの詳細についてはこちらの記事をどうぞ。
この3人の他にも「刹那プラス」は約250人以上に歌われているようです。

………と、このようにボカロ曲一つとっても、様々な歌い手が様々な音程で歌っているのがわかったでしょうか。
普通の歌手が歌った曲の場合だと、どうしても本家の歌い方を真似してしまったり、影響されたりする部分が出てきてしまうことがあるかと思います。ですがボカロ曲の場合は、本家を歌っているのがボーカロイドという機械であることが良い意味で働いて、自分だったらこう歌う!と歌い手たちが自己の歌唱表現を競う場になっているように感じます。

ミイ
Writerミイ
鳥っぽいキャラが好き。鳥料理も好き。ステキ。鳥貴族。