このエントリーをはてなブックマークに追加

「King of 学芸会」そして「永遠に中学生」

私立恵比寿中学は、2009年にももいろクローバーZが所属するスターダストプロモーションの所属タレントで結成。

コンセプトは架空の学校「私立恵比寿中学」の1年B組。ですから、脱退や加入ではなく転校や転入という言葉が用いられます。
実生活で中学を卒業したメンバーは「中学4年生」と数字が上がっていきます。だから「永遠に中学生」なんですね。(18歳で最年長の真山りかさんは中学7年生です。)

ソロでもシングルを出している真山りかさん
ソロでもシングルを出している真山りかさん

キレのないダンスと不安定な歌唱力から「King of 学芸会」と自称しています。(ももクロは「King of LIVE」です。)

学芸会と聞くと「どうせチープでダラダラとやってるんでしょ」と思ったアナタ!こんな壮大な学芸会がどこにあるでしょうか?毎日行きたいわ!

ナイスおふざけ!仕掛けどれだけあんねん!真剣にバカやっている姿は大好物ですので、もうたまりません。

仕掛けがいっぱい!エビ中の学芸会
仕掛けがいっぱい!エビ中の学芸会

日本人最速でさいたまスーパーアリーナ単独公演

上の動画を見ていただくと分かるように、2013年12月8日にあのさいたまスーパーアリーナで単独公演を行っているんです。
これはメジャーデビューから1年7カ月で日本人最速の記録です。2014年11月3日には横浜アリーナでも学芸会を行っています。

誰がさいたまスーパーアリーナや横浜アリーナで学芸会を開けます?エビ中しか無理でしょ!

横浜アリーナでの学芸会
横浜アリーナでの学芸会

信じられないほどの短期間で、日本を代表する大箱を制覇していくエビ中。もし、国立競技場が健在だったら、確実にやっていたでしょう。
ひょっとしたら2020年に新国立競技場が完成して、1発目のライブアーティストがエビ中!?なんてこともない話ではありません。(その時、真山さんは中学12年生?)

エビ中×池ちゃん第2弾『U.B.U.』

ちなみに、『頑張ってる途中』はアフロの池ちゃんによる提供楽曲だったわけですが、実は番組で第2弾の楽曲も制作されました。それが『U.B.U.』。

こちらは大人でも子供でもない思春期の揺れ動く感情を表現した歌詞、それを優しく包み込むメロディー。もちろんチョー良作です!(個人的には【ぎりぎりうぶ?】のところが、レキシの『キラキラ武士』のメロディーを使っててワロタ!)

私もあなたも今「頑張ってる途中」

アイドルが歌う応援ソングはたくさんありますが、こんなにストレートに心に入って来る楽曲はなかなか無いのではと思います。

「頑張ってる途中」というフレーズが、また良いんですよね。
池ちゃんも言ってますが、誰しも「頑張れ!」と言われると「今やってるよ!」と反発したくなる天邪鬼な部分があります。でも、「頑張ってる途中だよね」と言われると「そうそう!」と素直に聞ける。凄く自分のことを分かってくれているなぁという気持ちになります。

今日も頑張っている私たちの背中を、そっと押してくれる、とても品の良い応援ソングではないでしょうか。

image by YouTube , YouTube , YouTube , YouTube