これはもう奇跡!!!最強アメコミ・ヒーロー ゴジラ! ハリウッド版「キングコング対ゴジラ」始動!?

2015年09月18日杉山すぴ豊

50年の月日を経て、再びキングコングとゴジラの二強が対決!?

で、やっと本題になりますが「キングコング対ゴジラ」のハリウッド・リメイク版が作られるかもという話が飛び込んできました!!!!(情報ソースはこちら

発端は、冒頭でご紹介した昨年のハリウッド映画「ゴジラ」。

この映画は全世界で大ヒットし、続編も予定されています。
こちらの続編には、円谷怪獣おなじみのラドン(英語ではロダンと呼ばれています)、モスラ、ギドラ(キング・ギドラ!)も出るらしいとか!?2018年の6月8日公開と伝えられています。

このハリウッド版ゴジラは、バットマン映画で有名なワーナー・ブラザースとリジェンダリー・ピクチャーズが製作。
リジェンダリー・ピクチャーズは、あの「パシフィック・リム」や「ジュラシック・ワールド」の製作にも参加しています。

そしてリジェンダリー・ピクチャーズは、キングコングをテーマにした新しい映画「コング:スカル・アイランド」という作品を現在作っており(どうやら1971年のデトロイトで、キングコングが暴れまわる・・・という映画らしいのですが)2017年3月10日の公開を予定しています。(僕は、2014年のSDCCで、この発表を聞いて興奮で鳥肌がたちました!)

ただ、この「コング:スカル・アイランド」は、リジェンダリー・ピクチャーズが「ジュラシック・ワールド」やピーター・ジャクソン版「キングコング」(05年公開)を製作したユニバーサル・ピクチャーズと一緒に作ると言われていたのですが、なんと、ここにきてワーナーと作ることになったらしい。

つまりワーナー・ブラザースとリジェンダリー・ピクチャーズはゴジラとキングコングの映画化権を持つことになった、というわけで、当然「キングコング対ゴジラ」が作られるだろう、ということが予想できますよね!!!
WOW!

新設定のキングコング登場か!?続報に期待!!

このハリウッド版「キングコング対ゴジラ」が作られるうえで気になるのは、両者の身長差
実はゴジラは100m級のモンスターであり、キング・コングはせいぜい10mぐらいなのです。東宝の「キングコング対ゴジラ」は、キングコングをゴジラ並みの巨大怪獣と設定してしまうことでこの問題をクリアしていました。

東宝版はキングコングをゴジラ並に巨大な設定にして、身長差を解決。
東宝版はキングコングをゴジラ並に巨大な設定にして、身長差を解決。

つまりハリウッド版「キングコング対ゴジラ」では、コングをどう”巨大化”させるかが重要になってくると思うのですが・・・。
ハリウッド版のゴジラは、かって地球に生息していた超生物という設定です。同じように超生物の一派で猿人型のクリーチャーがいた・・・それがコングだった、ということになるでしょうか?

もしかすると、ピーター・ジャクソン版の「キングコング」のコングと、「コング:スカル・アイランド」のコング、そしてNEW「キングコング対ゴジラ」のコングは、謎の島に生息するゴリラ型怪獣という設定以外、別物になるのかもしれません。
これは、ぜひぜひ映画公開時にどうなったのか確かめたいですね。

なお東宝版の「キングコング対ゴジラ」は、パシフィック製薬とセントラル製薬の宣伝合戦の結果、キングコングとゴジラが日本で戦う、というお話でもあり、日本初のギョーカイ物だったという説もあったりします(笑)NEW「キングコング対ゴジラ」ではどういったストーリーになるのか気になりますね!

というわけで、最後に「キングコング対ゴジラ」日本版の予告編をご紹介します。お楽しみください!

ちなみに・・・

これを機に、ガメラもハリウッドで超大作映画化してくれないかな。
僕は平成ガメラ映画の製作にも携わっていたのですよ。
「ガメラ3:邪神<イリス>覚醒」のサブタイトルは、僕の原案です(笑)

image by YouTube

杉山すぴ豊
Writer杉山すぴ豊
アメキャラ系ライターの肩書で、アメコミ映画についての啓蒙活動を雑誌・新聞・テレビ・ラジオ・WEB・イベントにて行う。幼少のころ歌舞伎座の舞台に立ち 映画「劇場版サラリーマンNEO(笑)」にも出演。「ガメラ3 邪神<イリス>覚醒」のタイトル考案者です。エマ・ストーン嬢に「あなた日本のスパイダーマンね」と言われ「バイオハザード:アポカリプス」のジル役のシエンナ・ギロリー様に「あなたがゾンビだったら私は助けてあげる」と言われたことが自慢(笑)