このエントリーをはてなブックマークに追加
「ギターであの曲を弾いてみたい!」と思っていても、いざはじめるとコードが分からず練習が行き詰まることがあるのでは?そんなときは、耳コピからはじめてみませんか?耳コピのやり方を丁寧に解説した、ギター初心者必見の動画をご紹介していきます!

ギターが上手くなりたいときにはどうする?

音楽を聴いて「この曲、ギターで弾いてみたい!」と思ったことがありませんか?しかし、ギターの腕前は、すぐに身につくものではありません。

特に、弾きたい曲があっても「コードが分からない!」という状態では、ギターを弾くモチベーションも下がってしまいますよね。

そんなとき、ギタリストリッキーさんのユーチューブ動画を参考にしてみて!「リッキーギターチャンネル」は2017年5月に開設されたチャンネルで、2018年3月現在1.8万人以上の登録者に愛されています。

動画内では、難しいイメージの耳コピのやり方や、ギター練習のためのコツを紹介してくれています。ギターの練習をしているなら、見なきゃ損なチャンネルなんです!

耳コピを覚えてレベルアップしよう!

楽譜いらず!曲を聴くだけでコード進行が分かるようになる

楽譜を持っていない楽曲でも、聴いたばかりの曲でも、すぐ弾けるようになるために必要な能力。それは「耳コピ」力です!

耳コピはできるようになるべき!

出典:https://youtu.be/bfVcfLU8BYY

耳コピができれば、楽譜を買うお金もいらず、音感も身につき、プロっぽいニュアンスもマネできる……まさに一石三鳥なんです。

アプリを使うと◎。

出典:https://youtu.be/bfVcfLU8BYY

耳コピ初心者さんは、音を正確に拾うためにアプリを利用するのもおすすめなのだとか。特に使いやすいとリッキーさんが太鼓判を押すのがmimicopyというアプリ。

気になる部分を聞き込むとき、スピードやピッチを自由に変えられるため、より正確な耳コピが可能になります。

すべての基本になるベース音。

出典:https://youtu.be/bfVcfLU8BYY

どんな曲でも、耳コピするに当たってまずチェックしたいのはベース音。一音ずつ鳴らしながら、耳コピしたいフレーズの一番低い音にマッチする音を探していきます。

「これかな?」と感じられる音が見つかったら、あとはその音がコードでは何に当たるのかをチェック。「ダイアトニック」と呼ばれる法則から、コードを推測できます。

どんどん慣れていく!

出典:https://youtu.be/bfVcfLU8BYY

さらに、メジャー、マイナーの調が分かれば完璧。「この音はEmだ!こっちはDmだ!」など、コードを特定することができるんです!

相対音感を鍛えよう!

出典:https://youtu.be/bfVcfLU8BYY

ここで大切なのがプロシンガージェニーさんの動画でも鍛えるべきと言われていた「相対音感」。耳コピを続ければ、相対音感が身につきどんどん耳コピが楽になるので、積極的に試しましょう。

音とコードの関係性に悩んだら?

ところで、単音を弾いただけで「この音はE」「これはD」とコードを理解することも、決して簡単なことではありませんよね。

ギターの指板上にある音名の確実な覚え方

前の動画だけでは「耳コピなんて無理!」と感じてしまうかもしれません。そこで指板上の音の覚え方動画もチェックしてみて。

これを覚えれば完璧。

出典:https://youtu.be/CTqhybT7nKc

こちらの動画は、2018年3月現在、9.6万回近く再生されています。耳コピ動画と合わせて学べば、相乗効果◎

コードを展開してみよう。

出典:https://youtu.be/CTqhybT7nKc

指板上の音は、かなりたくさんあります。しかし、共通の法則さえ覚えれば、すべてを一つひとつ覚える必要はありません!

12フレットまででOK。

出典:https://youtu.be/CTqhybT7nKc

その法則とは、ギターは決まった部分を押えればドレミファソラシドに当たる音が鳴るということ。そして、12フレットまでを覚えれば、あとは繰り返しになるということ!

頭の中のイメージをギターで弾けるようになる!

出典:https://youtu.be/CTqhybT7nKc

この法則をしっかり身体に叩き込むと、指板の動きと音がリンクして、鳴らしたい音をすぐに鳴らせるようになります。

鳴らしたい音が鳴らせたり、弾きたい曲が弾けたりすると、ギターを弾くことがますます楽しくなりますよね!

関係性が分かれば簡単!

出典:https://youtu.be/CTqhybT7nKc

さらに「開放弦と○弦○フレットの音は同じ」というパターンもたくさんあります。これをちゃんと覚えれば、すべての音を「ここはE、ここはA……」と暗記する必要もありません。

これまで、ギターの音を理解するにはたくさんのことを覚えなければいけないと感じていた人もいるのではないでしょうか。しかし実際は、音同士の関連性と法則さえ覚えれば、リッキーさんが言うように短時間でも自分の出したい音を出せるようになるんです!

動画を見ながら、目指せギタリスト!

リッキーさんの動画は、コメント欄に「分かりやすい」「この動画でやっと分かった!」など賞賛の声がたくさん寄せられています。ギターが上手くなりたい人にとって、救世主的な存在と言えそうですね!

リッキーさんは、サブチャンネルでギターのプレイ動画も投稿しています。ギターがうまくなりたいなら、どちらのチャンネルもチェックしながら練習に励んでくださいね!