このエントリーをはてなブックマークに追加
世の中には値段が高ければ高いほど価値があると考える方や、値段が高ければ良いわけではないと考える方、それぞれ色んな考えを持った方がいると思います。では、仮に世界一値段の高いものと世界一性能の良いものそれぞれが揃っていた場合、本当に使いやすいのはどちらのものになるのでしょうか?

徹底検証!世界一高いフライパンVS世界一性能の良いフライパン

世界一高いフライパンVS世界一性能の良いフライパン

今回は、仮面系YouTuberでお馴染み、ラファエルさんが、世界一値段が高いとされるフライパン世界一性能の良いとされるフライパンそれぞれを使って使いやすさを比較検証していきます。

果たして二つのフライパンには、どういった違いがあるのでしょうか?

本当に使いやすいのはどっち?それぞれのメリットとデメリットとは…?

世界一シリーズ

出典:https://www.youtube.com/watch?v=tKc9tnRj-rk

参考にするのは、コチラの動画。

値段は3~4万円ほど

出典:https://www.youtube.com/watch?v=tKc9tnRj-rk

まずは性能の良いフライパンのご紹介からです。使うのは「BIOTAN(バイオタン)」というもの。お値段はなんと3~4万円ほど。

調理器具としてはかなり値段が張るものの、何十、何百万円でないところを見ると、買おうと思えば誰でも買える値段になっています。

焦げ付かないフライパン

出典:https://www.youtube.com/watch?v=tKc9tnRj-rk

その割にフライパン自体が焦げ付かない作りになっているという、これ以上ないくらいの親切設計です。

7万円くらい

出典:https://www.youtube.com/watch?v=tKc9tnRj-rk

一方で世界一値段が高いとされているは、フランス料理シェフが使うようなものとなっています。

こちらは使用済みなものの現時点で7万円ほど。ものによっては20万円の物もあるとか。流石世界一の値段の高さを誇るというだけあって、それなりにお値段がかかっています。

性能を比較していく

出典:https://www.youtube.com/watch?v=tKc9tnRj-rk

では性能の方はどのように違うのでしょうか?実際に目玉焼きを作りながら、それぞれのフライパンの特徴を見ていきましょう。

丁寧に焼ける

出典:https://www.youtube.com/watch?v=tKc9tnRj-rk

卵を投下してみると分かるのですが、性能の良いフライパンの方は焼きが遅いものの、丁寧に焼きあがっていきますね。

早く焼ける

出典:https://www.youtube.com/watch?v=tKc9tnRj-rk

一方で、値段の高いフライパンの方は、フライパン自体が銅のため、熱が伝わりやすくなっており、早くも白身が焼けてきました…!反面、焼きが早すぎる故に料理に不慣れだと少し使い方に苦労しそうです。

仕上がりはこの通り

出典:https://www.youtube.com/watch?v=tKc9tnRj-rk

仕上がりの方も見てみるとこの通り。

今回は同じ時間で焼いたので、値段の高いフライパンの目玉焼きは少し形が崩れていますが、単純に作る速さだけなら早いので、忙しい朝の時間に朝食をさっさと作ってしまう家庭では役立ちそうですね。

用途に合ったものを選ぶようにしよう!

ただ使う道具は好みに分かれる

出典:https://www.youtube.com/watch?v=tKc9tnRj-rk

このように性能の良いフライパンも値段の高いフライパンでも、使い勝手の良いものは人を選ぶものばかりだということが分かりました。

そのため実際にフライパンを買う方は、性能や値段に囚われすぎず、自らの用途に合ったものを選ぶよう心がけましょう!