このエントリーをはてなブックマークに追加
音楽を聴く人にとって欠かせない、イヤホン。イヤホンの値段はピンキリですが、音質が良かったりデザインがかっこよかったりするものは高価なので買いづらいですよね。じゃあ安いイヤホンを改造してグレードアップすればいいじゃん!ということで、今回は100均のイヤホンを魔改造してしまった動画をご紹介したいと思います。

魔改造とは…?

魔改造とは、通常の少し手を加えた「改造」とは異なり、本来の原型を留めないくらいに改造してしまうことを言います。

デザインや仕様をすべて自分好みに仕上げられるため、通常販売されているものとは違うオリジナルのものを作れるのが大きなメリットと言えます。

セリアのイヤホンを魔改造!

100均イヤホンを魔改造してみた。

そして、今回100円ショップでおなじみのセリアのイヤホンを魔改造することに成功したのがTake Siroさんです。

100均のイヤホンを魔改造した結果、どんなイヤホンが誕生したのか。早速見ていきたいと思います。

セリアのイヤホン

出典:https://www.youtube.com/watch?v=12w4nGA04q0

今回、魔改造するイヤホンはセリアで販売されている「XYY-16」という商品です。

こちらのイヤホンは、「100均イヤホンの中でも飛びぬけて音が良い」と有名なイヤホンなのですが、実際に聞くと音が少し曇って聞こえるようです。

また、なぜ2つのイヤホンを用意しているのかと言うと…

デュアルドライバー化

出典:https://www.youtube.com/watch?v=12w4nGA04q0

なんと2つのイヤホンを合体させて、デュアルドライバー化するためのようです。

イヤホンの音質は、ドライバーユニットが大きく左右すると言われており、ドライバが1つのシングルドライバーよりも2つのデュアルドライバーの方が音域が広がり、曇りが少ない高音質イヤホンになるのです。

それでは、魔改造スタートです!

型取り

出典:https://www.youtube.com/watch?v=12w4nGA04q0

まずは、耳の型取りからです。っていうか、そこから始めるのか!!と思わず突っ込んでしまいました…。

完全にオーダーメイド品ですね(笑)

型をシリコンで固める

出典:https://www.youtube.com/watch?v=12w4nGA04q0

次に成形した型を紙コップの中に入れ、シリコンを流し込んでいきます。

シリコンの型が完成

出典:https://www.youtube.com/watch?v=12w4nGA04q0

シリコンの型が完成しました!

イヤホンを分解

出典:https://www.youtube.com/watch?v=12w4nGA04q0

続いて、イヤホンを分解して内部のドライバーを取り出します。

ワッシャーを付ける

出典:https://www.youtube.com/watch?v=12w4nGA04q0

取り外したドライバーにはワッシャーを付けたり、音導管というチューブを付けたり…

イヤホンドライバーを取り出せた

出典:https://www.youtube.com/watch?v=12w4nGA04q0

もはや素人には何をやっているのかさっぱりですが、どうやら完成したようです(笑)

金具を加工

出典:https://www.youtube.com/watch?v=12w4nGA04q0

その後、金具を加工して…

フェイスプレート

出典:https://www.youtube.com/watch?v=12w4nGA04q0

イヤホン表面部のフェイスプレートを作りました。そして、先ほどのシリコンの型にドライバーを詰め込んで…

大枠が完成

出典:https://www.youtube.com/watch?v=12w4nGA04q0

大枠が完成しました!最後にやすりがけをして、細部を整えれば…

完成

出典:https://www.youtube.com/watch?v=12w4nGA04q0

ついに完成です!いかがでしょうか。

まさか原型が100均なんて誰も思わない、高級イヤホンのような雰囲気に仕上がっていますね。

解像度も高い

出典:https://www.youtube.com/watch?v=12w4nGA04q0

音質も上々のようです。結果的に「改造」と言うよりか「ほとんど一から作った感じ」に近いですね(笑)

動画に対するコメントも、「ごめん。凡人には無理」「才能の有効使い」「この圧倒的な製造力が欲しい、自作PCを作りたいが勇気が出ない()」といった感じで、賞賛の嵐でした!

Twitterでも、作り方の参考になったという意見が見られました。高価なイヤホンは買えないけど、人とは少し違うものが欲しいなという方は、ぜひ今回の動画を参考にイヤホンづくりをしてみてはいかがでしょうか?

関連リンク
Take Siro