このエントリーをはてなブックマークに追加
ボカロPハチさんが、本名の「米津玄師」として活動をはじめ一躍有名アーティストになりました。同じように、ボカロPを飛び出しアーティストとして活躍する人が増えています!そこで今回は、新時代アーティストとしても注目したい、3名のボカロPをご紹介します!

ボカロPがアーティストデビューする時代に!?

米津玄師 MV「Lemon」

今、ボカロPとして活躍し、メジャー音楽シーンへ羽ばたいていくアーティストが増えています!代表的な存在として、有名ボカロP・ハチこと米津玄師さんがいます。人気ドラマ「アンナチュラル」の主題歌を担当していることでも今話題ですね!

これだけたくさんいるボカロPの中で才能を認められているということは、それだけ音楽の才能があるということ。そのため、メジャーシーンでも活躍できるんですね。

そこで今回は、これからの音楽シーンを牽引するであろう人物としても知っておきたい、今注目のボカロP兼アーティストについてまとめてみました!

1、バルーンさん→須田景凪(すだけいな)さん

まず1人目は、ボカロPバルーンさん。シンガーソングライターとしての活動名は、須田景凪(すだけいな)さんです。

シャルル/バルーン(self cover)

2013年4月、「造形街」でボカロPデビューしたバルーンさん。代表曲『シャルル』は、バルーンさんにとってはじめてのミリオン達成曲としても話題になりました。

イラストもきれい!

出典:https://youtu.be/VUIEJu4ZSUo

ボカロ曲をセルフカバーしたこちらの動画は、2018年2月現在、569万回以上再生されています!

Suda Keina「Cambell」MV

セルフカバー曲からも分かるように、バルーンさんの声はとても繊細。自身の曲調にもマッチし、バルーンさんの世界観をさらに深めてくれます。

世界観に引き込まれる。

出典:https://youtu.be/DKUmfMmsqG0

須田景凪さん名義の楽曲『Cambell』は2018年3月現在、62万回以上再生されています。バルーンさん名義でなくとも、変わらない音楽センスを発揮していますね!

これから、普段ボカロを聴かない人にも、須田景凪さんの魅力が広がっていくのではないでしょうか。

2、n-buna(ナブナ)さん→ヨルシカ

続いて、ボカロPのn-buna(ナブナ)さん。2012年3月2日に『アリストラスト』を投稿してボカロPデビューしました。

【初音ミク】 始発とカフカ 【オリジナル曲】

『透明エレジー』『ウミユリ海底譚』『メリュー』などの楽曲でミリオン、ダブルミリオンを達成。新曲の作成にも熱心で、2018年2月4日にも新曲『始発とカフカ』を発表しています。

爽やか~!

出典:https://youtu.be/j-cQ97A0OPM

n-bunaさんの楽曲に共通するのは、とにかく爽やかな雰囲気。透き通った空気が伝わってくるような、心地よい曲を次々生み出します。

ヨルシカ – 靴の花火

そんなn-bunaさんは2017年4月から、ヨルシカというバンドを結成。ボーカルには、suis(スイ)さんを迎えています。

MVの美しさも必見。

出典:https://youtu.be/BCt9lS_Uv_Y

n-bunaさんの爽やかな楽曲と、suisさんの透き通った歌声は相性◎!さらに、MVのクオリティも高く、映画のように観ている人を虜にします。

ツイキャスなどの生放送配信も行うn-bunaさんは、バンドとしての活動も続けながら、あくまでボカロPとしても活躍し続けていることが、ファンにとってうれしいポイントです。

3、wowakaさん→ヒトリエ

最後に、wowakaさん。2009年5月の初投稿以来、『ローリンガール』『裏表ラバーズ』『ワールズエンド・ダンスホール』など、数々の有名ボカロ曲を手掛けているボカロ界に外せない人物のひとり!

wowaka 『ローリンガール』feat. 初音ミク / wowaka

代表作のひとつである『ロンリーガール』は、2018年3月現在540万回以上再生されている「VOCALOID伝説入り」楽曲です!

ボカロの大定番曲!

出典:https://youtu.be/vnw8zURAxkU

そして2014年、wowakaさんによる「ひとりアトリエ」名義のプロジェクトが前身となり、バンドヒトリエを結成。メンバーは、ギターのシノダさん、ベースのイガラシさん、ドラムのゆーまおさん。

ヒトリエ 『絶対的』

もともとwowakaさんのボカロ曲は、「VOCAROCK」と呼ばれるバンドサウンドが特徴。ヒトリエというバンド形態になると、その魅力がさらに引き立ちます。

バンドサウンドが◎!

出典:https://youtu.be/nAFHg1_6rDM

その中でも激しいバンドサウンドと、ボーカル&ギターを努めるwowakaさんの歌声は、ボカロ楽曲とは一味違った魅力を感じさせますね。

もちろん、ボカロ楽曲が好きな人、ボカロPとしてのwowakaさんが好きな人にとっても聴き応え十分です!

新時代のアーティストを知っておこう!

今やボカロPは、インターネット上の「ボカロ界」という限定的なシーンだけの存在ではありません。日本の音楽シーンに、大きな影響を与える存在になりそうですよね。

これから話題になりそうなアーティストを知りたいとき、新しいアーティストの魅力にいち早く気づきたいとき。ぜひ、ボカロPの活躍に注目してみてくださいね!