このエントリーをはてなブックマークに追加
お手軽に購入・調理が出来るとして知られている「ボンカレー」は、1968年に世界初の市販用レトルトカレーとして生まれてからというもの、子供から大人まで広く愛されてきました。そんな「ボンカレー」に取れたてのシーフード食品を使ってカレーを作ったら、どのくらい豪華なカレーに仕上がるのでしょうか?

レトルトカレーはどこまで美味しく生まれ変わるのか?

【1皿2万円】ボンカレーを最強のシーフードカレーにしてみた

誰でも簡単にカレーが作れるとして知られている「ボンカレー」は、フルーツベースなレトルトカレーが主流ということもあり、小さい子供はもちろん、辛いのが苦手な方でも食べれるカレーとして長年愛されています。

そんなボンカレーですが、果たして本場のシーフード食材を使ってアレンジした場合どこまで美味しく仕上がるものなのでしょうか?

1皿2万円のシーフードカレーを作ってみた

シーフードカレーの作り方をご紹介

出典:https://www.youtube.com/watch?v=4NYKH2ffz3M

参考にするのは、魚料理を多く取り扱っている気まぐれクックさんのコチラの動画。

使う食材はコチラ

出典:https://www.youtube.com/watch?v=4NYKH2ffz3M

まずは食材の紹介です。使うのは、伊勢海老・カキ・ヒイカ・ケガニ4品。

頭と尻尾を切る

出典:https://www.youtube.com/watch?v=4NYKH2ffz3M

最初に伊勢海老から捌いていきます。包丁を入れるのは、頭と尻尾の間

プリッとした胴体を取る

出典:https://www.youtube.com/watch?v=4NYKH2ffz3M

実際に捌いてみると、このようにプリッとした海老が姿を現します。

味噌を盛る

出典:https://www.youtube.com/watch?v=4NYKH2ffz3M

次に頭を縦に真っ二つに割っていきます。すると中から味噌が見えてくるので、これらをお皿に盛りつけましょう。これで一度頭の部分は保留です。

尻尾に切り込みを入れる

出典:https://www.youtube.com/watch?v=4NYKH2ffz3M

続いて先ほど切り分けた尻尾の海老を剥いていきます。殻はもちろん食べれないので、切り込みをいれ分けていきます。切っている音からしてかなり硬そうです…。

ぷるぷるしていて刺身でもいけそう

出典:https://www.youtube.com/watch?v=4NYKH2ffz3M

ちなみに殻から身を出してみた伊勢海老はコチラ。ぷるぷるしていて、このままお刺身として食べても美味しそうですね♪

カキも捌く

出典:https://www.youtube.com/watch?v=4NYKH2ffz3M

次にカキも捌いていきます。カキは殻が盛り上がっている方を下にして殻の合間に包丁を切り込んでいくようです。

片栗粉をまぶし水洗い

出典:https://www.youtube.com/watch?v=4NYKH2ffz3M

全部切れたら一度ざるに移し、片栗粉でカキの汚れを落として水で洗い流していきましょう。ちなみに片栗粉を使うのは、何でもよごれの原因となるぬめりが落としやすくなるからだとか!カキ料理を作る際は覚えておいて損はなさそうです♪

ヒイカは慎重に調理する

出典:https://www.youtube.com/watch?v=4NYKH2ffz3M

次はヒイカを捌いていきます。ヒイカは異物が入っていることも多いので、丁寧に切り分けていくようです。

ツボ抜きも忘れずに

出典:https://www.youtube.com/watch?v=4NYKH2ffz3M

ツボ抜きをして足の部分と切り分け、骨を抜いてから、胴体を包丁の裏側で押しつぶしてヒイカの内臓を取り除きます。

水洗いで保存

出典:https://www.youtube.com/watch?v=4NYKH2ffz3M

そしてこちらも水洗いをして保存しておきましょう。

ふんどしを取る

出典:https://www.youtube.com/watch?v=4NYKH2ffz3M

最後にケガニの下準備をしていきます。最初は素手でカニのふんどしといわれる部分を剥いていきます。

味噌を小鉢に取る

出典:https://www.youtube.com/watch?v=4NYKH2ffz3M

中にはぎっしりとかに味噌が入っていますね。こちらは伊勢海老の時同様に、小鉢に移しておきましょう。

身をほじくる

出典:https://www.youtube.com/watch?v=4NYKH2ffz3M

同じく胴の部分は包丁で割り、身をお皿に分けていきます。

カニははさみで切れ込みを入れる

出典:https://www.youtube.com/watch?v=4NYKH2ffz3M

足は膨れ上がっている部分を外側に、はさみで切れ込みを入れつつ剥いていきます。ここまでで海鮮の下準備は完了です。次は本格的にカレーの調理に入っていきます。

チャツネを作っていく

出典:https://www.youtube.com/watch?v=4NYKH2ffz3M

ここではチャツネという調味料を作っていきます。ちなみにこのチャツネ、筆者もあんまり馴染みのないものだったので調べたのですが、どうやらペースト状の調味料とのことで、野菜のコクを生み出すものだとか。

おろし状にする

出典:https://www.youtube.com/watch?v=4NYKH2ffz3M

使うのはリンゴ玉ねぎをおろし状に擦ったもので、それらをフライパンに乗せて加熱していきましょう。

きつね色にする

出典:https://www.youtube.com/watch?v=4NYKH2ffz3M

きつね色になったら、一度取り出し放置しておきます。

ブラウンマッシュルームもカットする

出典:https://www.youtube.com/watch?v=4NYKH2ffz3M

その間にブラウンマッシュルームもカットしておきましょう。

加熱する

出典:https://www.youtube.com/watch?v=4NYKH2ffz3M

次にフライパンにバターを敷き、マッシュルーム、ブラックペッパー、イカ、カキ、伊勢海老、水を入れ加熱していきます。

カレーを炒める

出典:https://www.youtube.com/watch?v=4NYKH2ffz3M

ある程度加熱が出来たら、チャツネ、ボンカレー、ガラムマサラと入れ、炒めれば完成。

シーフードカレーの完成

出典:https://www.youtube.com/watch?v=4NYKH2ffz3M

盛り付けるとこの通り!レストラン顔負けのシーフードカレーになりました。

シーフードだけでなく普通のカレーでも作れる!?

朝ごはん作ってみた『究極のボンカレー』

今回の動画では、シーフードを食材にボンカレーを魔改造した料理がご紹介されていますが、気まぐれクックさんの動画では他にも普通のカレーをベースに作られたものが過去に投稿されています。

そのためシーフードカレーを作るのは少し面倒だけど、レトルトカレーをアレンジした普通のカレーも食べてみたい!という方は、こちらも合わせて動画をチェックしてみてください。