このエントリーをはてなブックマークに追加

すぴ豊です。僕が記事を書かせていただいているこの『dora』が”スマホ世代の動画文化を毎日紹介するWEBメディア”であるならば、まさに”動画文化”をプロモーションに巧みに使っている映画についてご紹介したいと思います。

いまNetflixで絶賛配信されている「クローバーフィールド・パラドックス」についてです。

「クローバーフィールド」シリーズとは?

この作品は、J.J.エイブラムスがプロデュースするSFホラー映画”クローバーフィールド”シリーズの最新作。彼はプロデューサーですが、このシリーズは自ら監督していません。

Cloverfield – Trailer

1作目の「クローバーフィールド/HAKAISHA(2008)」は、NYを謎の巨大怪獣が襲うパニックを疑似ドキュメンタリー風に描いたスペクタクル。

10 Cloverfield Lane | Trailer #2 | Paramount Pictures International

2作目の「10 クローバーフィールド・レーン(2016)」は、宇宙から来た謎の侵略生物の襲撃をかわすためにシェルターに籠った男女の密室サスペンス。

THE CLOVERFIELD PARADOX | Trailer [HD] | Netflix

今回の「クローバーフィールド・パラドックス」は、宇宙ステーションでの世にも奇妙な事件を描いています。

いずれも”クローバーフィールド”という単語が出てくるのが特徴で、

  1. 「クローバーフィールド/HAKAISHA」では、この怪獣事件が(なぜか)クローバーフィールド事件と名付けられている、という設定
  2. 「10 クローバーフィールド・レーン」では、クローバーフィールドという通りの近くで起こった事件、という設定
  3. 「クローバーフィールド・パラドックス」は事件が起こる宇宙ステーションの名がクローバーフィールド・ステーション、という設定

です。

シリーズと言いながら、「クローバーフィールド/HAKAISHA」と「10 クローバーフィールド・レーン」はまるでお話がつながっていなくて、”クローバーフィールド”というのは”J.J.エイブラムス印のSFホラーのレーベル”ぐらいの意味合いと思っていたのですが「クローバーフィールド・パラドックス」を見ると、なるほど三作はこういう風に”ゆるくつながっていた“のかな、とも言えます。

というわけでこれから観る方のために内容はこれ以上書きませんが、J.J.エイブラムスが手掛けた映画「スター・トレック」が、TVシリーズとはパラレル・ワールドの関係にあってお互い干渉することもある、という設定になってましたよね。すごく大ざっぱに言うとああいう感じかな。

動画×バズ・マーケティングの先駆けといえば「クローバーフィールド」!

さて内容はともかく、そしてここからが本題なのですが(笑)「クローバーフィールド/HAKAISHA」は動画×バズ・マーケティングの先駆けみたいな作品です。

Cloverfield Monster Attacks Tagruato Oil Rig

こちらは、この映画に登場すると言われていた謎の日本企業タグルアト社で起こった事件を伝えるニュース映像…。

New Slusho Commercial: Happy Expressions!

また、その企業が発売しているという設定の飲料Slushoの(ちょっと不気味な)CMが、唐突にネットにアップされるのです。

これを仕掛けている側=つまりエイブラムスたちは、決してこれらが「クローバーフィールド/HAKAISHA」と明言していないのですが巧みに本編とのリンクをほのめかし、これを見つけたファンが盛り上がってSNS等にそのネタを投稿する、という図式が作り上げられることに。

こういう謎解き×ファンの妄想をバイラル動画で組み立てたキャンペーンでした。

また「10 クローバーフィールド・レーン」は、それまで別のタイトルがついていた映画が公開直前になって”実はクローバーフィールドの血縁にある映画”と発表され、しかもタイトルにクローバーフィールドとうたわれる、というサプライズで成功しました。

「クローバーフィールド・パラドックス」のサプライズ満載なプロモーションとは?

そして最新作「クローバーフィールド・パラドックス」なのですが、本作のサプライズは、まず劇場公開と言われていたのにNetflix配信になったことです。

ただ確かにビックリですが、これだけだと”クローバーフィールドがすごい”というより”Netflixがすごいメディアになった”と改めて感じるぐらいのものでした。

しかし本当のサプライズは、2月4日のスーパーボウル。アメフトの試合でアメリカ人の多くが視聴すると言われており、ここだけで流れるCMも話題になることが多いのですが、このスーパーボウルの試合中にいきなりCMが流れ、今晩配信!と。

これはファンのみならず、多くのメディアの度肝を抜く作品でした。

THE CLOVERFIELD PARADOX Trailer #1 Super Bowl 2018 NEW (2018) Sci-Fi Movie HD

1作目が”じわじわ広がる動画マーケティング”、そして最新作は”配信メディアをうまく使った電撃作戦”でした。

なお4作目も既に製作されていて(なんと第二次世界大戦が舞台)、こちらは劇場公開とのこと。またどんなプロモーションで驚かせてくれるんだろう?楽しみです。

トップ画像出典https://www.youtube.com/watch?v=jrxBaaINseI
このエントリーをはてなブックマークに追加
杉山すぴ豊
アメキャラ系ライターの肩書で、アメコミ映画についての啓蒙活動を雑誌・新聞・テレビ・ラジオ・WEB・イベントにて行う。幼少のころ歌舞伎座の舞台に立ち 映画「劇場版サラリーマンNEO(笑)」にも出演。「ガメラ3 邪神<イリス>覚醒」のタイトル考案者です。エマ・ストーン嬢に「あなた日本のスパイダーマンね」と言われ「バイオハザード:アポカリプス」のジル役のシエンナ・ギロリー様に「あなたがゾンビだったら私は助けてあげる」と言われたことが自慢(笑)