このエントリーをはてなブックマークに追加
みなさんも持ってるであろうiPhone。最近のiPhoneはカメラの画質が良く、デジカメ並にきれいな写真が撮れますよね。今回はそんなiPhoneのカメラをなんと顕微鏡にしてしまう面白実験動画を紹介したいと思います。

歴代最高スペックのカメラ性能を持つiPhoneX

iPhone X — A Guided Tour — Apple

2017年11月3日にiPhone Xが発売されました!予約して発売当日に買った!なんて人もいるのではないでしょうか。

iPhone Xの大きな特徴の1つは、高画質なカメラ性能。1,200万画素に光学式手ぶれ補正付という、デジタルカメラにも匹敵するような仕様になっています。

iPhoneXを顕微鏡にしよう!

iphoneXも顕微鏡にする裏技!/ 米村でんじろう[公式]/science experiments【実験】

今回、そんなiPhoneXのカメラを顕微鏡にしてしまう実験を行ってくれるのは、米村でんじろうサイエンスプロダクションのジャイアン村上先生と市岡元気先生です!

iPhoneの外側

出典:https://www.youtube.com/watch?v=My06OMTyMkQ

ちなみに、スマホの外側カメラに付ける顕微鏡レンズを作っていく実験なので、iPhoneXだけでなくどのiPhoneでも使用できますし、Androidカメラでも同じように使うことができます

ガスバーナーとガラス

出典:https://www.youtube.com/watch?v=My06OMTyMkQ

実験で使用するものは、ガスバーナーとガラスです。両方ともホームセンターで手に入りますが、取扱には十分注意して下さい。それでは、さっそく実験を行っていきましょう。

ガラスの真ん中を溶かす

出典:https://www.youtube.com/watch?v=My06OMTyMkQ

まずは、ガラスの中心を熱して溶かします。

グミみたいに伸びる

出典:https://www.youtube.com/watch?v=My06OMTyMkQ

すると、こんな感じでグミみたいにビヨーンと伸びます。

適当な長さに切る

出典:https://www.youtube.com/watch?v=My06OMTyMkQ

長く伸びたガラスは扱いにくいので、適度な長さに切ります。

再度ガスバーナーで炙る

出典:https://www.youtube.com/watch?v=My06OMTyMkQ

そして、切断したガラスの端を再度ガスバーナーで炙ります。ポイントは下から炎を当てて、クルクルと回転させながら炙るという点です。

ガラス玉になる

出典:https://www.youtube.com/watch?v=My06OMTyMkQ

2〜3秒炙ると、先端が玉のようになります。

金属板やプラスチックの板

出典:https://www.youtube.com/watch?v=My06OMTyMkQ

そして最後に、真ん中に穴を開けた金属板やプラスチックにガラス玉をセットすれば、レンズの完成です!

下から光を当てる

出典:https://www.youtube.com/watch?v=My06OMTyMkQ

観察する時は、素材の下からLEDや白熱灯の光を当てましょう。

カメラを穴にあわせる

出典:https://www.youtube.com/watch?v=My06OMTyMkQ

そして、カメラをプレートの穴に合わせると…

顕微鏡の完成

出典:https://www.youtube.com/watch?v=My06OMTyMkQ

iPhoneのカメラが顕微鏡のようになりました!通常のiPhoneは倍率が10倍ほどですが、ガラス玉を通すことで300倍くらいになるようです。

以上、iPhoneを顕微鏡化する実験でした。レンズは割と簡単に作れて、自由研究などにも最適ですよね。

ただし、ガラスや火を使い危険性も伴うので、見識のある大人立ち会いのもと行うなど、安全性には十分注意して実験を行って下さい

りんごでiPhoneを充電できる!?

りんごでiPhone7は本当に充電できる

iPhoneと言えば…充電が切れそう、でも充電器がない…という場面に出くわすことってよくありませんか??代わりに何か他のもので充電できたらな〜とも思ったりします。そんな時は、りんごで充電してみてはいかがでしょうか??

りんごで充電なんてできるわけないじゃん!」と思いがちですが、こちらの動画で市岡先生がりんごを使ってiPhone7を充電することに成功しているので、気になる方はこちらもぜひチェックしてみて下さい!