このエントリーをはてなブックマークに追加
大人気PCゲーム「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」。武器や防具などの全てを現地で調達し、100人の中で生き残ることを目指すゲームですが、このゲームにインスパイアされて出来た、まさにスマホ版PUBGともいうべきアプリが「荒野行動(KNIVES OUT)」です。ここでは実況者の動画を通じて、このアプリのやり方や人気の理由を解説します。

スマホ版PUBG「荒野行動」が登場!

「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」(以下、PUBG)兄者弟者Masuoさんキズナアイちゃんなど様々なYouTuberが実況動画を投稿しているゲームです。ルールは簡単。100人で戦って、最後の1人になることです。

PUBGでは1位になることを「ドン勝」と呼び、実況者たちやプレイヤーは「ドン勝したい」「ドン勝食べたい」というように使っています。アップデートが頻繁に行われることや武器の豊富さ、グラフィックの美しさから、今非常に人気のあるゲームとなっています。

しかしPUBGはどちらが先に相手に銃弾を撃ち込むか、というコンマ何秒の世界で勝敗が決まるゲームです。そのため楽しめるかどうかはPCスペックに大きく依存してしまいます。

ゲーム実況者の動画を見て「自分もやってみよう」と思っても、「そのためにはPCを買い直す必要がある」という人も少なくありませんでした。

そんな状況に、彗星の如く現れたのが「スマホ版PUBG」ともいわれるスマホゲーム「荒野行動」です。ゲームルールも、操作方法も、ゲーム中の建物や地形などもPUBGをインスパイアしており、これまでPUBGができなかった人たちから人気を集めています。

また荒野行動の運営チームの神対応も人気の秘密です。バグの修正や新アクションの追加、イベントの開催に何かとプレゼントしてくれるアイテムなど、無課金でもどっぷり楽しめるサービスをこれでもかというほど用意してくれているんです。

筆者も初めて2週間くらい経ちますが、とにかく時間を忘れて遊ぶことができます。もちろん戦うこともできますが、逃げ隠れしまくっても生き残れるので、ゲームが下手でも楽しめるというのも、「荒野行動」の大きな魅力でしょう。

スマホ版PUBG「荒野行動」のやり方を実況動画で紹介!

神の如きPUBG再現率と運営の対応により、大きな話題を読んでいる「荒野行動」。ここからは実際のプレイ実況動画を見ながら、ゲーム画面ややり方などを解説していきます。

スマホでPUBG!?その驚きのクォリティとは!「荒野行動 KNIVES OUT」を四人でフリーダムプレイ前半【MSSP/M.S.S Project】

こちらはゲーム実況者集団「M.S.S Projectが投稿した4人プレイの「荒野行動」実況動画です。以下M.S.S Projectの動画の前後編を見ながら、このゲームのやり方や世界について見ていきましょう。

「荒野行動」のマッチング画面。

出典:https://youtu.be/8A3QDR5L5S4

こちらはマッチング画面。PUBGと全く同じで、メインステージから離れた島にプレイヤーたちが集められています。右上にはマップがあり、画面の左側には方向キーが、右側にはジャンプやうつ伏せ、しゃがみなどのアクションボタンが表示されています。

ヘリからパラシュートで降下!

出典:https://youtu.be/8A3QDR5L5S4

マッチングが完了するとヘリで輸送され、おもいおもいの場所でパラシュートを使って降下していきます。この辺りもほとんど完全にPUBG。ちなみにパラシュートを開いたあとに方向キーを前に倒すと降下速度を速めることができます。

武器を手に入れた画面。

出典:https://youtu.be/8A3QDR5L5S4

こちらは武器を手に入れたときの画面。PUBGではメイン武器2つとサブ武器1つの合計3つの武器が持てますが、荒野行動では画面下部にあるように2つまでしか持てません。それぞれの武器マークをタップすれば切り替えが可能です。

武器を持つと画面の左右に射撃ボタンが現れ、武器によっては右側中ほどにスコープマークが表示されます。これを使うと視野は狭まるものの、より精度の高い射撃ができるようになります。

七面鳥の帽子など、ちょっとしたおふざけもGOOD。

出典:https://youtu.be/8A3QDR5L5S4

こちらはジョークアイテムの七面鳥の帽子を被っている様子。こういうちょっとしたおふざけがあるのも、荒野行動の魅力ですね。

中国のゲームならではのデザイン。

出典:https://youtu.be/8A3QDR5L5S4

荒野行動の開発元は中国の企業なので、こうしたいかにも中国っぽいデザインの車があったりもします。こうした中華風の味付けは、本家PUBGにはない特徴です。もちろん車での移動もできて、ジープやバギー、バイクなんかもあります。

救援物資システムもPUBGと同じ。

出典:https://youtu.be/8A3QDR5L5S4

PUBGにもある、ランダムで空から投下される救援物資システムもあります。ゲットできれば強いアイテムが手に入りますが、それを狙ってくる強者たちや、物資に群がるプレイヤーを狙撃しようと狙っている人もいるので、取りに行くかは迷いどころです。

M.S.S Projectのみなさんは幸運にも強力なアイテムをゲット。動画は後半に続きます。

PUBGでも手に入れた事ないのに!ギリースーツ×8スコの凄さとは!?「荒野行動 KNIVES OUT」を四人でフリーダムプレイ後半【MSSP/M.S.S Project】

後半では敵プレイヤーとの戦闘や、スナイパーライフルでの狙撃なども見られます。M.S.S Projectのプレイのてん末を追いながら、さらに「荒野行動」のやり方と世界を紹介していきましょう。

戦闘エリアの概念もPUBGと同じ。

出典:https://youtu.be/3jKcp2mZMJk

こちらはPUBGでも「荒野行動」でも重要な、行動可能エリアを示したマップです。赤い円の外では何もしていなくてもダメージが入って行くため、計画的に白い円の中に入る必要があります。円が狭まるほど敵との遭遇率も高くなるので、どんどん緊張感は高まります。

8倍スコープでのスナイピング。

出典:https://youtu.be/3jKcp2mZMJk

こちらは8倍スコープを使った狙撃のシーン。8倍の他には、4倍と2倍があります。見事頭を撃ち抜いたときの気持ち良さは、思わず「ヒャッハー!」と叫んでしまうほどです。

緊迫の「あと7人」。

出典:https://youtu.be/3jKcp2mZMJk

ゲームは進んで残り人数はあと7人。白い円も縮まり、草むらのどこに敵がいるのか、あるいはいないのかと心臓がバクバクになる場面です。下手に走り出せば狙撃されますが、見つかるのが怖いからといってじっとしていると、狭くなる円にダメージをもらってゲームオーバー。

頭をフル回転させて判断しなければなりません。

おしくもゲームオーバー!

出典:https://youtu.be/3jKcp2mZMJk

しかし残り3人のところで惜しくもゲームオーバー。画面中央の緑色の扇は自分を撃っている敵の方向を示しています。またマップを見てもらえばわかるように、銃声の方向もマップが教えてくれます。他にもエンジン音や足音もマップ表示されるので、それにしたがって戦うこともできます。

リザルト画面。

出典:https://youtu.be/3jKcp2mZMJk

こちらがリザルト画面。「少々の隔たり、もう一局!」のような少し翻訳のズレたことわざか、標語みたいなものが表示されるのも、中国企業のアプリならでは。こういうテイストってなんとも言えず味があって大好物です。

一生懸命プレイして結果が出たり、結果が出なくてもドキドキしながら隠れたり、1回のプレイで色々なドラマがあるのが「荒野行動」です。慣れるまで操作は難しいかもしれませんが、ぜひとも一度は遊んで欲しいアプリです。

君もドン勝目指してLET’Sバトルロワイヤル!

実は筆者も「PUBGできないけど、『荒野行動』なら……」と思ってこのゲームを始めたクチです。この手のゲームが上手いわけではなく、むしろぼーっとしていて狙撃されてばかりの下手くそです(笑)それでも意外とドン勝できることもあるので、「荒野行動」はゲーム初心者にもおすすめできます。

5人組、4人組、2人組とチームでも遊べますが、1人でも十分楽しめます。みなさんもドン勝目指してバトルロワイヤルしましょう!