このエントリーをはてなブックマークに追加
日本で古くから親しまれてきた料理、和食。そんな和食を代表する食材といえば、魚ですよね。しかし、いざ魚をさばこうとしても、難しそうだからと腰が引いてしまう方は少なくありません。そこで今回は、料理初心者でもわかりやすい魚のさばき方解説動画をご紹介してきたいと思います!

魚ってどうやってさばけばいいの?

わたしたち日本人と切っても切り離せない食文化、和食。そんな和食の中でも、魚介を使った料理が古くから親しまれてきました。

しかし、いざ魚介料理を作ろうとしても、魚のさばき方ってなんだか難しそうでわからないですよね。

みなさんの中にも、魚をさばくことが苦手な方がいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、魚をさばき方をとてもわかりやすく解説してくれているYouTubeチャンネル「さばけるチャンネル」の動画にフォーカスしてご紹介していきたいと思います!

料理初心者でもOK!魚のさばき方解説動画3選

それでは早速ですが、さばけるチャンネルによる魚のさばき方解説動画を3つご紹介していきます!料理初心者でもわかりやすくまとめられているので、ぜひチェックしてみてください!

鰤(ぶり)のさばき方 – How to filet Amberjack -|日本さばけるプロジェクト

はじめにご紹介するのは、ぶりのさばき方動画です!

ぶりといえば、12〜1月が旬で、焼いても煮ても、もちろんお刺身でもとってもおいしい魚ですよね。

ぶり

出典:https://www.youtube.com/watch?v=PlZfjqvrWO8

動画では、ぬめりやうろこの取り方、頭の落とし方、内臓の処理の仕方などを字幕とともに実演してくれています。

まるで教科書のように丁寧に解説してくれているため、初めてさばく方も安心して参考にできることでしょう!

鮭(さけ)のさばき方 – How to filet Salmon -|日本さばけるプロジェクト

続いてご紹介するのは、さけの解説動画です。

さけといえば、一年を通してよく食べられており、まさに和食を代表する魚といっても過言ではありませんよね。

魚

出典:https://www.youtube.com/watch?v=TQ40NfhnbTY

動画では、先ほどご紹介したぶり同様にうろこや頭、内臓などを取り、3枚におろす方法が紹介されています。

その際にさばきやすい魚の向きや包丁の使い方も併せて紹介されており、とても実用的です!

鮪(まぐろ)のさばき方:柵取り – How to filet Tuna ver. Saku-dori -|日本さばけるプロジェクト

最後にご紹介するのは、まぐろのさく取りの解説動画です。

まぐろはさけ同様に一年を通して食べられており、特にお刺身がたまらなくおいしいですよね!

まぐろ

出典:https://www.youtube.com/watch?v=UCIisHnRRMM

動画では、ひとかたまりを赤身や脂身の部位によって切り分けていきます。

先ほどご紹介したぶりやさけと違って、うろこや内臓を取らなくてもよいので、気軽にチャレンジしやすいですね!

さばけるチャンネルをみて、魚介料理を振る舞おう!

最後に、上記動画を投稿しているYouTubeチャンネル「さばけるチャンネル」についてご紹介していきます!

服部幸應 実行委員長のさばけるメッセージ – Yukio Hattori’s Message -|日本さばけるプロジェクト

さばけるチャンネルとは、「さばけるパパ」や「さばける男子」を増やすムーブメントを起こすために、70魚種のさばき方の動画を配信している一大プロジェクトです!

さばけるチャンネル

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Jp1gHbel36A

同プロジェクトの実行委員長である服部幸應先生は、近年和食が減るとともに、魚をさばけない人が増えていることを指摘しています。

魚は、DHAなど身体にとってよい成分がたくさん入っていますし、古くから親しまれてきた食材です。

そんな魚を自分でさばけるようになったらカッコいいですよね。

ぜひみなさんもさばけるチャンネルをみて、魚をさばいてみてください!そして、家族や友だち、恋人に魚介料理を振舞ってみてはいかがでしょうか。きっと、食事がもっとも楽しくなるはずですよ!