このエントリーをはてなブックマークに追加
Jonathan Youngさんは、ディズニー楽曲やアニソンを英語でアレンジカバーし、人気を博している海外YouTuberです。彼の動画は、アレンジ力と映像のクオリティーが高いため、見応えがあると定評があります!今回は、そんなJonathan Youngさんをご紹介していきたいと思います!

海外YouTuberがディズニー曲をカバーアレンジし話題に!

海外YouTuberの「Jonathan Young」さんという方がディズニー楽曲をカバーアレンジし、話題になっています!

Let it Go (Frozen) // Jonathan Young ROCK/METAL COVER

こちらは、Jonathan Youngさんによってメタルに生まれ変わったLet it Go

Let it Goといえば、映画「アナと雪の女王」の主題歌に起用された、「Let it Go〜♪」のフレーズが印象的なミュージカル楽曲ですよね。

そんな同曲がどのようにメタルに生まれ変わるのでしょうか?

ディズニー

出典:https://www.youtube.com/watch?v=qvK5ovJigA0

動画を見てみると、雪を彷彿させるキレイなピアノサウンドはそのままに、歪んだギターサウンドや激しいドラムサウンドが加わることで、Let it Goが正真正銘のメタルに生まれ変わっています!

メタル特有の荘厳さがありながらも、本家のキャッチーさが前面に出ているので、とても聴きやすいアレンジに仕上がっていますね!

I Just Can’t Wait to be King (Disney) – Jonathan Young POP PUNK/ROCK COVER

続いてご紹介するのは、映画「ライオンキング」の楽曲「I Just Can’t Wait to be King(王様になるのが待ちきれない)」のポップパンクロックにアレンジカバーした動画です!

「I Just Can’t Wait to be King」といえば、主人公である「シンバ」が動物たちの王国の王様に早くなりたい気持ちを歌っている楽曲ですよね。

ディズニー

出典:https://www.youtube.com/watch?v=d9VzRwJ5zeg

Jonathan Youngさんは、そんな「I Just Can’t Wait to be King」をポップなパンクロック調にアレンジカバーし、楽曲の明るさや楽しさを前面に押し出しています!

動画中に登場するJonathan Youngさんやその仲間たちもとても楽しそうなので、明るい気持ちになったのは筆者だけじゃないはず!

Jonathan Youngさんって、どんなYouTuber?

続いては、Jonathan Youngさんのプロフィールをご紹介していきたいと思います!

Jonathan Youngさんは、先ほどご紹介したディズニーや、アニメソングを中心にカバーしている海外YouTuber。

❤️

Jonathan Youngさん(@jonathanymusic)がシェアした投稿 –

彼は、2013年よりYouTubeチャンネルでの活動を始動し、アレンジ力や演奏力、映像技術のクオリティーが高いことから、人気に!

2017年11月現在、チャンネル登録者数約72万人以上動画総視聴回数約1億4,900万回以上を突破しています!

海外だけでなく、日本国内においてもJonathan Youngさんのファンは多数いらっしゃいます!

One Punch Man FULL ENGLISH OPENING (The Hero – Jam Project) Cover by Jonathan Young

こちらは、アニメ「ワンパンマン」のオープニングソング「THE HERO!! ~怒れる拳に火をつけろ~」の英語カバー動画です!

ワンパンマン

出典:https://www.youtube.com/watch?v=XMCYNH1EJTg

彼によって重圧感と歪みが加えられ、メタル感が増した「THE HERO!! ~怒れる拳に火をつけろ~」は、めちゃくちゃカッコイイです!

筆者はロックやメタルが好きなので、何回も繰り返し聴きました!みなさんもぜひとも聴いてください!

Jonathan Youngさんの今後の活躍に注目!

日本に馴染み深いディズニーやアニメソングを中心にカバーしている海外YouTuber、Jonathan Youngさん。

この記事を読んでJonathan Youngさんに興味を持った方は、彼のツイッターや動画をチェックしてみてください!きっと、彼の動画に魅了されるはずです!