このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月10日、人気歌い手Eveさんが初音ミクの新曲「ドラマツルギー」をリリースしました!投稿からわずか1ヶ月で再生回数46万回を突破し、その人気は歌ってみた界隈にも広がっています!今回は、そんな「ドラマツルギー」をご紹介していきたいと思います!

Eveさんが新作「ドラマツルギー」をリリース!

2017年10月10日、人気歌い手Eveさんが新作「ドラマツルギー」をリリースしました!

ドラマツルギー / 初音ミク

こちらが、新作の動画です。

ロックなバックサウンド、初音ミクのキレイな歌声、Eveさん節がひかる歌詞、この3つが存分に反映された独特なMVが見る人を魅了しています!

人気はうなぎのぼりに上がり、過去にボカロ部門ランキング1位に輝き、投稿からわずか1ヶ月ほどで総再生回数46万回を突破!

ドラマツルギー

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm32076378

そんな「ドラマツルギー」のロックなバックサウンドと初音ミクのキレイな歌声が奏でる音色は、1度聴いたら何度でも繰り返し聴きたくなる中毒性があります。

というのは、キャッチーなメロディーがアップテンポなサウンドにリズミカルに乗っているので、何度聴いても飽きないんですよね!

ドラマツルギー

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm32076378

次に、Eveさん節がひかる歌詞は、彼が以前リリースした「ナンセンス文学」と共通点が示唆されています。

例えば、「ドラマツルギー」に登場するフレーズ「さあ皆必死に役を演じて傍観者なんていないのさ」と、「ナンセンス文学」の「僕じゃない僕にもラッタッタ」を比べてみましょう。

どちらも、人物のことを示し、本当の姿ではないことを歌っていますよね。

ドラマツルギー

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm32076378

そして、MVには「ナンセンス文学」にも登場した謎の黒服男が再登場しています!

また、「ナンセンス文学」同様に、謎の黒服男の他にも個性的過ぎるキャラクターが登場しており、楽曲の世界観を彩っています

ツイッター上では、「ドラマツルギー」を大絶賛する方があとを絶ちません!

ドラマツルギーの人気は歌ってみた界隈にも進出!?

ドラマツルギーの絶大な人気は、歌ってみた界隈にも広がりを見せています!

ドラマツルギー – Eve MV

こちらは、Eveさん自身によるセルフ歌ってみた動画です。

初音ミクが歌うドラマツルギーもとても魅力的でしたが、Eveさんのセルフカバーはまた違った魅力があります!

ドラマツルギー

出典:https://www.youtube.com/watch?v=jJzw1h5CR-I

特に、筆者的に「ステキ!」と思ったところは、Aメロに登場するEveさんの低音ボイスです!

男性の低音ボイスは初音ミクにはない魅力の1つではないでしょうか。

ドラマツルギー 歌ってみた【りぶ】

続いてご紹介するのは、人気歌い手のりぶさんによる歌ってみた動画!

りぶさんは2015年以降動画を投稿しておらず、復帰第一作になったことでも話題になりました!

ドラマツルギー

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm32103696

りぶさんの優しい歌声がサビになると、ハイトーンボイスに一変し、深い歌詞が心にビシバシ突き刺さってくるような感覚に陥ります。

そのあまりにも魅力の高さに、彼が約2年ほどのブランクがあったとは思えません!

▶︎ドラマツルギー 歌ってみた /めありー

最後にご紹介するのは、艶やかな歌声が特徴の女性歌い手「めありー」さんによる歌ってみた動画!

ドラマツルギー

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm32240408

めありーさんは、艶やかな歌声と透き通った裏声を上手に使い分けており、原曲とはまた違った雰囲気のカバー動画に仕上げています。

ドラマツルギーは、女性歌い手との相性もバツグンですね!

ドラマツルギーにどっぷりハマろう!

ロックなバックサウンド、初音ミクのキレイな歌声、Eveさん節がひかる歌詞、そしてそれらを反映させたMVが魅力的な楽曲、ドラマツルギー

そんなドラマツルギーは、2017年12月8日よりカラオケで歌えるようになります!

原曲はもちろん、さまざまな歌い手さんの歌ってみた動画を聴いて、カラオケで思いっきり歌ってみてはいかがでしょうか?今後もドラマツルギーに注目です!