このエントリーをはてなブックマークに追加
指だけで音を出す指笛。子供の頃、憧れた人も多いのではないでしょうか?指笛ができたら、なんとなくかっこいいですよね!今回はそんな指笛のやり方について、わかりやすく解説している動画があったのでご紹介します。ぜひ本記事を参考にチャレンジしてみてください。

指笛とは?

指笛は、その名の通り指を使って笛のように音を出すパフォーマンスです。西武映画などで指笛を使って馬を呼ぶシーンを見たことがある人もいるのではないでしょうか?

筆者も、昔父親が指笛で犬を呼んでいたのをよく覚えています。かっこいいと思ってやってみたものの、なかなか難しいんですよね…。

YouTuberの田中キクノブさんが解説!

指笛 わかりやすく教えます。( 鳴らし方、吹き方、コツ )

今回は、そんな誰もが憧れるであろう指笛をYouTuberの田中キクノブさんがわかりやすく解説していたので、ご紹介させていただきます。

筆者も動画を参考に練習したところすぐにできるようになったので、ぜひみなさんもチャレンジしてみてください!

初心者におすすめの指笛パターン

輪っかの指笛

出典:https://www.youtube.com/watch?v=n8CFjM_yauA

まずは、指笛のパターンから見ていきます。指笛というと、こういった輪っかの指笛をイメージされる方も多いと思いますが、田中さんいわく、このパターンは難しいとのことです。

二本指で指笛

出典:https://www.youtube.com/watch?v=n8CFjM_yauA

そこで田中さんは、指笛初心者の方にこのような二本指を使ったやりかたをおすすめしています。

二本指で音が出る仕組みを理解できれば、輪っかの指笛等も簡単にできるようになるとのことなので、まずは二本指で確実に音を出せるようにしてみましょう!

指笛のポイント①ベロの形

ベロの形

出典:https://www.youtube.com/watch?v=n8CFjM_yauA

続いて、指笛で上手に音を出すためのポイントを解説していきます。

1つ目のポイントは、舌ベロの形です。

基本的にはベロは曲げても真っ直ぐの状態でもどちらでもいいようですが、メロディーを奏でた際に低音がよく出るのは真っ直ぐ伸ばした状態の時だそうです。

指笛のポイント②口に入れる指の範囲

口に入れる指

出典:https://www.youtube.com/watch?v=n8CFjM_yauA

2つ目のポイントは、口に指を入れる範囲です。

口に入れる指は浅すぎてもダメ、深すぎてもダメです。第一関節のしわの部分くらいまでがちょうどいいようです。

イメージ

出典:https://www.youtube.com/watch?v=n8CFjM_yauA

こんな感じのイメージですね。ただし、人によって音の出やすい位置も変わってくるので、自分なりに試行錯誤してみてください。

指笛のポイント③指の角度

指の角度

出典:https://www.youtube.com/watch?v=n8CFjM_yauA

3つ目のポイントは、指の角度です。

指は開きすぎてもいけませんし、閉じすぎてもいけません。

指笛の角度参考

出典:https://www.youtube.com/watch?v=n8CFjM_yauA

田中さんのベストな角度はこちらです。45度くらいでしょうか。

上下の角度も大切

出典:https://www.youtube.com/watch?v=n8CFjM_yauA

また、上下の角度も大切です。指が上に行きすぎてもダメですし、うつむくように下の角度になってもダメです。

筆者的には、水平に近い角度が一番音が出やすいと感じました。

指笛のポイント④ベロに圧力をかけない

ベロに圧力をかけない

出典:https://www.youtube.com/watch?v=n8CFjM_yauA

4つ目のポイントは、ベロの上に指を乗せた際に圧力をかけないという点です。

ベロの上に指をのっけるような感覚が良いでしょう。

指笛のポイント⑤息をふきだすときの強さ

細く吹く

出典:https://www.youtube.com/watch?v=n8CFjM_yauA

ここからはさらに重要なポイントです。

5つ目のポイントは、適切な息の強さです。

ほっぺたが膨らむほど強すぎてもダメですし、逆に息が弱すぎても音は出ません。

一本の鉛筆くらいの筒をイメージして、その筒の中に息を吹き入れる感覚が良いとのことです。

指笛のポイント⑥息を出す部分

息を出す部分

出典:https://www.youtube.com/watch?v=n8CFjM_yauA

6つ目のポイントは、息を出す部分です。

息を出す際は、指と指の間にできた下の隙間から空気を出しましょう。左右のほっぺたに空気がいくと音は出ません。先程の鉛筆の筒を意識すると良いですね。

最重要ポイント:息をふきだすときの音

ヒューと発音する

出典:https://www.youtube.com/watch?v=n8CFjM_yauA

そして指笛の最重要ポイントとなるのが、「ヒュー」という感じで音を出すことです。

普通に息を吹くと「フー」と発音してしまいますが、指笛では「ヒュー」と発音して息を出すことが最も重要です。

以上、指笛を鳴らせるコツでした!

一度感覚がつかめれば、簡単に音を出すことができるようになるので、ぜひ練習してみてくださいね。