このエントリーをはてなブックマークに追加
YouTuberにインスタグラマーなどのネットスター。その原石を発掘すべく、大手YouTuber事務所UUUMが、誰もが簡単に応募・応援できる新たなオーディションプラットフォーム「のちスタ」を立ち上げました。ここではのちスタのルールや応募者たちの「投稿」について紹介します。

「のちスタ」のプレエントリーがスタート!

大手YouTuber事務所UUUMが、次なるネットスターを発掘すべく立ち上げた「のちスタ」。自薦・他薦、応援も全てが気軽にできるをコンセプトにしたこのオーディションプラットフォームが今、盛り上がっています。

2017年度ののちスタは、すでにプレエントリーが2017年9月20日からスタートしています。オーディション名にある「reel」とは、UUUMの中にあるメイクやファッション、音楽などを中心に動画を投稿している女性インフルエンサーネットワークのこと。

佐々木あさひさんくまみきさん関根りささんなどもreel所属クリエイターです。

のちスタはプレエントリー開始からたった1週間で応募者が2,000人を突破。2017年10月2日現在では2755人と、どんどん増えてきています。

UUUMやreel所属のクリエイターが一緒になって盛り上げていることもあり、のちスタは急速に拡散されていっているようです。またヒカキンさんがツイートしている通り、のちスタの魅力のひとつは「応募・応援のしやすさ」にあります。

以下で簡単にのちスタの選考ステップを見ながら、応募や応援の方法についても紹介しておきましょう。

まずはプレエントリー。

出典:https://nochista.com/about/overview

まずは現在のステップである「プレエントリー」。このステップでは各応募者が、のちスタが提示する「日替わりプチミッション」などを利用しながらTwitterやLINEに写真などを投稿します。この投稿にプレエントリー期間中合計100の応援数がついたら次のステップに進む資格が与えられます。

このSNSを利用できれば誰でも応募し、勝ち上がる権利が得られるという点がのちスタの大きな特徴です。

次のステップは「ミッション」。

出典:https://nochista.com/about/overview

プレエントリーで勝ち残れば、いよいよ本番がスタート。8週間にわたって提示される「通常ミッション」と「スポンサーミッション」に挑戦します。スポンサーにはヘアケアブランド「PANTENE」、ハンドメイドマーケット「minne」、スキンケアブランド「SK-Ⅱ」などが名を連ねます。

ミッションで勝ち残れば「プレファイナル」への出場権が!

出典:https://nochista.com/about/overview

ミッションで勝ち残ればファイナルイベントへの出場権が与えられます。ファイナルで受賞者に選ばれれば、UUUMとの専属契約や1年間の活動支援金、YouTuberとしての活動をサポートする環境の提供や、女性メディア向けの動画制作ノウハウの指導などの豪華特典が受けられます。

いわばネットスターとしてのスタートダッシュがきれるというわけです。

開始1週間で2,000人が応募!「のちスタ」がアツい!

のちスタへの応募はとっても簡単。TwitterやLINEのアカウントでログインするだけです。だからこそ開始直後から多くの応募者が集まったといえます。以下では応募者たちの実際の投稿を紹介しながら、のちスタの様子を覗いてみましょう。

こちらは2017年10月2日現在でランキング1位、応援数合計約9.2万を集めている「蝉」さんの投稿です。2位の彩さん(@Nagomusume_aya)は6.7万なので、ダントツの1位となっています。

お気に入りの応募者のランキングを自分の応援で上げていけるのも、のちスタの醍醐味の一つといえそうですね。

こちらは日替わりプチミッションのひとつ「#去年のハロウィン」の投稿。運営側からテーマが提示されるので、応募者側も「何を投稿したらいいかわからない」と悩まずに済みますね。

こうしたいかにもインスタっぽい投稿をしている応募者もいます。こうしてみてみるとのちスタにおける「応援」は、SNSでの「いいね!」とほとんどイコールのものだということがわかりますね。とにかく応募する側も応援する側も気軽に参加できる。それがのちスタなのです。

応募する?応援する?「のちスタ」を盛り上げよう!

未来のネットスターを目指して応募するもよし、あるいは未来のネットスターを自分で探して応援するもよし。どちらにしてもTwitterやインスタの延長で応募・応援できるのちスタは、誰もが楽しめるオーディションイベントです。

少しでも気になる人は、ぜひともチェックしてのちスタを盛り上げていきましょう!

トップ画像出典https://nochista.com/
このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木 直人
フリーのウェブライター。ファッションやサブカル、ビジネス、自己啓発など守備範囲は広い。非リアでぼっちだが、そんな自分をこの上なく愛している。