このエントリーをはてなブックマークに追加
もうすぐハロウィン♪という事で、今年の仮装メイクは凝りたい!という方や秋の文化祭でお化け屋敷をやる!という方にもおススメの回です!!自宅にある物で初心者さんでもできちゃう『超リアル!4種類の特殊傷メイクのやり方』をご紹介!リアル過ぎなので、グロが苦手な方は注意ですよ…。

今年のハロウィンはガチゾンビの特殊メイクでいかがですか…?

もうすぐハロウィン!楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?

そんなハロウィンの醍醐味、仮装やハロウィン仕様のメイクがなんとも楽しみですが、今年は皆さんどんな仮装をするか決まりましたか?

まだ決まっていないという方は、リアルゾンビはいかがでしょう…?

特殊メイクをしてクオリティーの高いガチゾンビに仮装して、今年のハロウィンを楽しみたい!という方や…

ハロウィンの仮装だけに限らず、秋の文化祭でお化け屋敷をするという方ににおススメですよ!

今回は、自分できるリアル過ぎてゾッとする程の『特殊傷メイク』を中心にご紹介!今年のハロウィンはガチゾンビに扮して、皆を震え上がらせましょう(笑)

すうれろさんに学ぶ!リアル過ぎる4種類の特殊傷メイクのやり方

特殊メイクを自分でするとはいっても、「どうやってやるの?難しいそう…」「材料揃えるのも大変そうだな…」など色々疑問や不安もありますよね?

【グロ注意】ゼラチン、ポリグリップ等でリアル特殊メイク法/傷メイク,ハロウィンメイク

でも安心!用意する物は、自宅にあるものや近くのスーパーにもあるような、比較的用意しやすい物が中心になっており、初心者さんでも出来るリアルな『特殊傷メイクのやり方』をすうれろさんが紹介してくれています♪

完成

出典:https://www.youtube.com/watch?v=BWla27ysT9A

また今回は、両ほほ、おでこ、手の甲それぞれ違った手法で施された、『4種類の特殊傷メイクのやり方』をご紹介!

【ゼラチンで作る特殊傷メイク】

1つ目はゼラチンで作る特殊傷メイクです。

まず、ゼラチン(粉タイプ)5gを50ccのぬるま湯で溶かします。ここに予め、リキッドファンデーションを入れて着色しておくと肌なじみがいいそうです。もっとグロテスクにしたい場合は、血のりを入れたりするのもGOOD!

ゼラチン2

出典:https://www.youtube.com/watch?v=BWla27ysT9A

作ったゼラチンを、傷を作りたい所に塗っていきます。まだらに塗ると、ただれた肌質をよりリアルに表現できるので適当でOK♪

ゼラチン3

出典:https://www.youtube.com/watch?v=BWla27ysT9A

ゼラチンが完全に固まったら、ハサミで傷口を作ります。くれぐれもハサミで肌を気づ付けないよう気を付けて下さいね。

ゼラチン4

出典:https://www.youtube.com/watch?v=BWla27ysT9A

あとは、自由に色を入れて仕上げていきます。最後に血のりをON!ゼラチンで作る場合はテカりがあるので、その辺りも気にしながら血のりを乗せていくのがポイントです。

【ボンドとティッシュで作る特殊傷メイク】

2つ目は、ボンドとティッシュで作る特殊傷メイクです!

ボンド1

出典:https://www.youtube.com/watch?v=BWla27ysT9A

傷を作りたい所にベースとして薄くボンドを塗ります。次にティッシュを用意し2枚になっているのを1枚にし、4方の角や直線を取るようにちぎります。

次に先ほど塗ったボンドが乾いてきたら、更にボンドを塗り重ねて、ティッシュを塗ったボンドに染み込ませるように貼り付けていきます。この工程を好みの感じになるまで繰り返してくださいね♪

ボンド3

出典:https://www.youtube.com/watch?v=BWla27ysT9A

しっかり乾いたら、手で傷口になる部分を開いて色を付けて血のりをON!よりリアルに見せるポイントとして、ベースに塗っておいたボンドの周りを少しめくっておくと、皮膚が剥がれかけているかのような感じが出せます!

その他、おおしま兄妹の兄が紹介していた「ボンド傷メイク術」も是非ご参考に!

【ポリグリップで作る特殊傷メイク】

3つ目はなんと!入れ歯用安定剤のポリグリップを使った特殊傷メイクです。

ポリグリップ

出典:https://www.youtube.com/watch?v=BWla27ysT9A

ポリグリップを使うと、柔らかさがあるので水膨れしたようなグチュグチュ感のある傷口が作れちゃいます!

ポリグリップ2

出典:https://www.youtube.com/watch?v=BWla27ysT9A

傷を作りたい所に、ポリグリップ出します。

ポリグリップ3

出典:https://www.youtube.com/watch?v=BWla27ysT9A

水を含んだティッシュなどで馴染ませていきます。あまり水分が多いとボロボロしてくるそうなので注意ですね。

ポリグリップ4

出典:https://www.youtube.com/watch?v=BWla27ysT9A

ポリグリップを馴染ませたら余分な水分を取り、上からボンドを重ねてコーティングし耐久性を高めます。

ポリグリップ5

出典:https://www.youtube.com/watch?v=BWla27ysT9A

ボンドがしっかり乾いたら、ハサミで傷口を作り色を入れて仕上げていきます。

【ペイントで作る特殊傷メイク】

4つ目は描いて作る特殊傷メイクです!

ペイント

出典:https://www.youtube.com/watch?v=BWla27ysT9A

赤のライナーを使ってお好みの形の傷を描き、その周りを黒のライナーで囲みます。この時出来るだけ細いラインで囲むとリアル感が増すそうですよ♪

ペイント2

出典:https://www.youtube.com/watch?v=BWla27ysT9A

さらにその周りを白のライナーで囲っていきます。

ペイント3

出典:https://www.youtube.com/watch?v=BWla27ysT9A

次に、赤のライナーよりも濃い赤を使って深みをプラスします。その上に、ケロスキン・プロ(舞台用の特殊メイク用品)を、眉間にシワを寄せながら塗ります。他の傷メイクとはまた違った質感の傷口になります!

ケロスキンがあると、火傷後のような肌が突っ張ったような質感を作る事もできますよ!

完成2

出典:https://www.youtube.com/watch?v=BWla27ysT9A

それぞれの傷が完成したら血のりの登場!!垂れ流したり、荒めのスポンジで散りばめたりとよりリアルになるように乗せれば完成です。意外に簡単にこれだけリアルに出来ちゃうんですね…。凄い!

後は髪をボサボサにセットして、衣装を着て、カラコンを付けたりすれば…それはそれは恐ろしい出来栄えになる事でしょう…。

特殊傷メイクを施たガチゾンビに仮装して街中を闊歩しよう!

いかがでしたか?

今回はハロウィンの仮装や、文化祭でのお化け屋敷のお化け役などにも使える『4種類の特殊傷メイクのやり方』をご紹介しました。

【グロ注意】ガチでゾンビ特殊メイクしてみた

今回紹介した特殊ゾンビメイクよりももっと凝りたい!という方は、すうれろさんのこちの動画を是非ご参考に…。実にリアルで恐ろしい仕上がりになっていますよ。

是非今年のハロウィンは、今回紹介した特殊傷メイクを顔から足まで施して、ガチゾンビになりきって街中を闊歩しちゃいましょう!!

また、USJへ行く方はハロウィンホラーナイトに登場するゾンビ達と同化してしまうかもしれないので気を付けて下さいね(笑)

それでは!今年も素敵なハロウィンになりますように…♡