このエントリーをはてなブックマークに追加
年々変わっていくプリクラは今、美白や足長などどんな人も盛れる機能が満載。そんな中、機械の進化を実感できる動画が話題に!5年前のプリクラと今のプリクラを改めて比べてみた結果、驚きの連続!?今では当たり前の技術がいかにすごいものなのか、改めて実感しましょう。

最近のプリ機はすごすぎる!検証動画が話題に

友達と遊びに行ったときやみんなででかけたとき、プリクラを撮る人は多いですよね。最新のプリクラ機は機能がどんどん進化しているので、久しぶりに撮ると驚いてしまうこともあるかも。

お肌を白くきれいに見せてくれたり、足を長くしてくれたり、目を大きくしてくれたり、唇や頬にはリップ&チークのような色味を足してくれたり…。最近のプリクラ機には、盛れる機能がとにかくたくさん!ところで、いつから今のような機能が搭載されているのでしょうか?

今のプリクラと5年前のプリクラってどう違うの?

【衝撃】5年前と現在のプリクラを比較したら衝撃すぎた、、

そんな疑問をぴーかっぱあっぷるの動画が解決してくれています!最新機種と5年前の機種で同じ構図のプリクラを撮って、違いを明らかにしようというもの!

まずは最新機種で撮影。

出典:https://youtu.be/5y0nAz4xY7k

まずは、2017年の最新機種「KATY3」で撮影します。3人も撮り慣れている様子で、撮影は順調に進んでいきます!

変顔も、くっきりクリアな映り。

出典:https://youtu.be/5y0nAz4xY7k

最新機種では、踊り狂う3人の変顔もきれいな画質でくっきり!しかし、3人の全力の変顔があまりにも全力すぎて、本来の企画を一瞬忘れそうになりますね。

仕上がりはこんな感じ。

出典:https://youtu.be/5y0nAz4xY7k

最新機種で撮影した3枚のプリクラの仕上がりはこんな感じ!それでは続いて、5年前である2012年当時の最新機種で撮影していきましょう。

5年前の機種がこちら!

出典:https://youtu.be/5y0nAz4xY7k

今回使う機種は「MiLK Beauty2」。ふんわりとした映りが特徴の機種なんだとか!

戸惑いの連続。

出典:https://youtu.be/5y0nAz4xY7k

撮影段階から、画面に映る仕上がりを見て「ヤバ!!」と叫ぶ3人。今とはまったく違う仕上がりに、撮影中から戸惑いが隠せません。具体的にどんな違いがあるかと言うと…。

画質の違いがハッキリ。

出典:https://youtu.be/5y0nAz4xY7k

まず、大きく違うのは画質!2017年の機種に比べて、5年前の機種は映りがぼんやりしていることからも技術の進化がすごすぎると実感できます。さらに、5年前のプリクラは反転しているのも特徴。

反転にも注目!

出典:https://youtu.be/5y0nAz4xY7k

一方で、5年前の機種にも魅力がありました。それはペンの種類が豊富なこと!気分に合わせて、きらきらかわいいペンを使って落書きをしたいときには「昔の機種は良かったな~!」と思っちゃうかもしれませんね!

今のプリクラはどうしてこうなった?

JKが一人でプリ撮ってみた。(あっぷる編)

それでは、5年のあいだにプリクラはなぜこんなに進化したのでしょうか?独断で考えてみようと思います!

あっぷるちゃんは、3人でのプリ撮影だけじゃなくピンプリ動画も投稿しています!投稿者コメント欄には「プリは詐欺ってなんぼ」の力強いお言葉が。

やっぱり「プリクラ=実物以上(!?)にかわいくなれる!詐欺れる!」というのが魅力ですよね。この5年間で、プリクラはデカ目や足長など、詐欺れる機能をもっと充実させることで、期待に応えてきたんですね。

シンプルでも盛れるのが今のプリ機!

出典:https://youtu.be/LddTruHip3U

さらに、最新機種は昔に比べて背景などもシンプルになっています。より普通の写真っぽいシンプルなプリクラの方が、ナチュラルなかわいさを演出できますよね。5年間でデコるより盛るという考え方に変わってきたのかも!

シンプル&スタンダードが一番!

出典:https://youtu.be/LddTruHip3U

5年前の機種に比べて、今の機種の方がペンの種類が少ないのも、シンプルなデザインを好む人が多いことも関係しているのかもしれませんね。

日本では当たり前の機能、海外では…?

韓国のプリクラがまじやばかった。

韓国留学生momonaさんのチャンネルでは、韓国のプリ機が紹介されています。こちらの動画からも、日本では当たり前の機能も海外のプリクラ機と比べるとすごいものなんだと実感できます!

韓国でも、日本と同じような雰囲気のプリ機がある様子。しかも、プリ機コーナーでは衣装や小物の貸し出しが充実しているのだとか♪

大慌ての落書きタイム。

出典:https://youtu.be/avrijlAdDq0

ところが、背景の種類や落書き用のペンの精度などはちょっと思うところもあった様子…!?特に、思うように書けないというバグにはちょっとお困りのmomonaちゃん。

見よ、この特大サイズ!

出典:https://youtu.be/avrijlAdDq0

そして何より、サイズがでかい!プリクラを5分かけて印刷した後に受付の人がラミネート&カットしてくれるというシステムにも驚きです。

日本では当たり前の数秒で完成→手ごろなサイズで出てくるというのも、技術の進化があってこそなんですね!

プリクラの【5年後】はどうなってる!?

進化し続けているプリクラは、国や時代のトレンドが一目で分かる存在です。今のプリ機で当たり前の機能やシステムも、国や時代をまたげばありえないレベルの最新技術なのかもしれませんね!

そんなプリ機の進化そのものも、大切な思い出になるはず。「目が大きくなりすぎて笑える!」「顔が別人すぎる!」「背景やスタンプが面白い!」というプリクラも、5年後には新鮮に感じられるかもしれません。

5年後に、今と同じ構図やポーズでプリクラを撮れば、さらなる技術の進化が実感できるかも?あなたも、最新技術を実感しながらプリクラを撮りにいきませんか?