このエントリーをはてなブックマークに追加
最近、漫画やアニメの実写映画化が増えていますが「思っていたのと違う!」という経験がありませんか?人気バンド・キュウソネコカミの新曲は、ちょっとガッカリな気持ちを代弁してくれています。「あるある!」と言いたくなる、楽曲の魅力をご紹介します!

ブームに切り込む、キュウソネコカミの新曲が話題

キュウソネコカミ「NO MORE 劣化実写化」

キャッチーなメロディと独特の世界観が人気を集めるバンド、キュウソネコカミ。2017年8月23日リリースの新曲「NO MORE 劣化実写化」は、その独特の世界観がこれでもかと発揮され、発売前から話題を集めています!

話題の秘密は、漫画やアニメの実写映画化ブームに対する、漫画・アニメ好きのリアルな心情をつづっているから。曲中の歌詞が、実写映画化を素直に喜べないファンの気持ちを代弁してくれているんです!

SNSでは、この楽曲が「共感しすぎてつらい」「あるある!」と話題を集めています。

「NO MORE 劣化実写化」MVの内容をチェック

実写映画化におけるあるあるが満載な「NO MORE 劣化実写化」のMVの内容を、さっそくチェックしていきましょう。

※フィクションです。

出典:https://youtu.be/SJwOnThUt9I

「NO MORE 劣化実写化」のMVは、キュウソネコカミのメンバーが人気漫画「滅びのレッカ」の実写キャストに大抜擢された、という設定で展開されます。

視聴者のリアルな声!

出典:https://youtu.be/SJwOnThUt9I

人気作品の実写映画化に、ファンは大喜び!……かと思いきや、SNSのリアクションはネガティブなものばかり。その理由も、MVを見ていくと伝わってきます。

このチープさ、たまらない。

出典:https://youtu.be/SJwOnThUt9I

例えば、低予算なのかな?と勘ぐりたくなるややチープな雰囲気。コント感溢れるCGのクオリティにがっかりしたこと、あるある~!

オリジナリティすごいな!

出典:https://youtu.be/SJwOnThUt9I

そして、原作とかけ離れた設定&キャスティング!1歳児役を29歳男性にお願いするという無茶ブリに、売り出し中のタレントなのか!?と勘ぐるファンの心情がリアルに叫ばれています。

驚きのオリジナル要素。

出典:https://youtu.be/SJwOnThUt9I

さらに、原作ファンにとって驚きを隠せないのが実写映画のオリジナル要素。「嘘でしょ!?」という設定も大人の事情として処理されてしまうのは、地味につらい!

さらなるオリジナル要素の猛威。

出典:https://youtu.be/SJwOnThUt9I

原作ファンにとって受け入れられない設定も、朝やお昼のエンタメニュース番組で魅力的な要素として扱われている映像が、とてもリアルです。

一緒に叫びたい「ダメ!ダメ!」

出典:https://youtu.be/SJwOnThUt9I

曲の後半では、突然の転調。そして劣化実写化をせき止めたい気持ちがコールされます。黒タイツで「ダメ!」とコールするシーンは、一緒に叫びたくなります!

感動のラスト(?)

出典:https://youtu.be/SJwOnThUt9I

最後は、このMVがフィクションであったことを示すテロップが流れて終了。特定の作品を批判せず、あくまでフィクションとして漫画・アニメ好きの代弁をしてくれるのが、「NO MORE 劣化実写化」の優しさですね…!

キュウソネコカミのMVは、毎回面白すぎる!

「NO MORE 劣化実写化」を発表したキュウソネコカミは、2009年に兵庫で結成された5人組バンドです。公式ツイッターのフォロワー数は、23万人以上(2017年8月現在)!

キュウソネコカミ「MEGA SHAKE IT !」

ファーストシングルは、2015年7月発売の「MEGA SHAKE IT!/ハッピーポンコツ」。「MEGA SHAKE IT!」は、栄養ドリンク剤のCMソングに抜擢されました。

ゆるキャラ的かわいさ。

出典:https://youtu.be/yCex2gTH_cQ

MVでは、ボーカルのヤマサキさんが栄養ドリンク剤の着ぐるみを着用。キュウソネコカミが、ファーストシングルからすでに面白さに振り切った楽曲を手がけていたことが伝わってきます。

安定のコスプレ感…!

出典:https://youtu.be/yCex2gTH_cQ

後半では、メンバーがコスプレ風味な衣装を着て踊るシーンも! 「NO MORE 劣化実写化」でキュウソネコカミを知った人もぜひ、面白すぎるMVの数々を全部チェックすることをおすすめします!

レキシ「KMTR645 feat. ネコカミノカマタリ」

さらにキュウソネコカミは、他のバンドとの交友も盛ん。歴史にまつわるワードを散りばめた耳に残る楽曲を手がけるバンド「レキシ」とのコラボでは、「KMTR645 feat. ネコカミノカマタリ」を発表しました!

安定のツッコミどころの多さ。

出典:https://youtu.be/I2eYzfyDdHs

この楽曲には、キュウソネコカミではなく、ネコカミノカマタリというバンド名で参加しています。さらに「ヤマサキ春の藩まつり」「カズマックス江戸を疾走る」など、メンバーの名前に個性が強すぎる装飾がされているので注目してください。

楽しそうだな~!!

出典:https://youtu.be/I2eYzfyDdHs

MVでは、由緒正しい格好に身を包んだメンバーがけまりをしています。と思ったら、プリクラを撮ったりカラオケをしたり、その格好のまま現代風の遊び方をしはじめます。自由か!

「NO MORE 劣化映画化」をはじめ、キュウソネコカミの楽曲は、MVが面白いだけでなく曲自体の中毒性が高いのが魅力です。ライブでも盛り上がる曲ばかりなので、気になった人はライブにも足を運んでみてくださいね!

実写映画化の良し悪しは、あなたの目で確かめて!

一度聴いたら忘れられない「NO MORE 劣化映画化」は、最近の実写映画化を風刺する内容が歌っています。しかし、決して実写映画化を否定していないのがポイント!

曲の中では、実写映画化にありがちなことを並べた上で本当に良い作品かどうかは自分の目で見て確かめるべきというスタンスを貫いています。

これまで実写映画を食わず嫌いしていた人も、実際に見てみたら案外ハマるかもしれませんよね。あなたも「NO MORE 劣化映画化」をきっかけに、気になっていたけれどまだ観ていない映画をチェックしてみてはいかがでしょうか?