このエントリーをはてなブックマークに追加

すぴ豊です。
空前の盛り上がりを見せている、映画「ワンダーウーマン」。11月に公開の映画「ジャスティス・リーグ」にも登場ということで、これからさらに人気は高まることでしょう!今回は、女性初のスーパーヒーローとして生まれ、たちまち人気者となった「ワンダーウーマン」についてお話します。

DCの人気者!「ワンダーウーマン」って?

映画『ワンダーウーマン』本予告【HD】2017年8月25日(金)公開

ワンダーウーマンは1941年にデビューして以来、女性初のスーパーヒーロー・コミックスとしてたちまち人気者となり、DCではスーパーマン、バットマンに並ぶ重要なキャラとなりました。

ワンダーウーマン

出典:https://www.youtube.com/watch?v=tV2uqgkHFj4

ワンダーウーマンはもともと男子禁制の、女性だけが住むセミッシラ島(パラダイス島)のプリンセスでダイアナという名です。

ワンダーウーマン

出典:https://www.youtube.com/watch?v=tV2uqgkHFj4

ここの女性たちはアマゾン族と呼ばれ神話の時代から存在する最強の戦士たち。ある時、ダイアナは世界が第二次世界大戦の危機にあることを知り、人々を守るためアメリカへとやってきます。そしてワンダーウーマンと呼ばれるヒーローとなったんです。

ワンダーウーマンは様々な作品で登場!

75 Years, 75 Wonder Women

今回の映画では第一次世界大戦が舞台ですが、コミックでは第二次世界大戦から活躍しています。これはその歴史をつづったトリビュート・ビデオです。

空飛ぶ鉄腕美女ワンダーウーマン (3枚組) [DVD]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2017-08-02)
売り上げランキング: 2,960

そんなわけで、彼女は人気ヒーローなわけですが、ワンダーウーマンの名を一躍有名にしたのは70年代のTVドラマ・シリーズ今度DVDが発売されます!

BD【予告編】『ワンダーウーマン 75周年記念エディション』7.5リリース

またアニメ化も何度かされています。

Injustice 2 – Wonder Woman Events

ゲームにも登場!

映画『ジャスティス・リーグ』キャラクター動画【HD】2017年11月23日(祝・木)公開

そしてもちろん、DCキャラが集合する映画「ジャスティス・リーグ」にも登場予定です。

ワンダーウーマン誕生の秘密とは…?

ワンダーウーマン

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6rFOyRbjF6k

実はこのワンダーウーマンというキャラ、誕生の経緯もドラマチックでした。

原作者のウィリアム・モールトン・マーストンは、コミック畑の人ではなく有名な心理学者だったそうです。ある日彼は、出版社からコミックの質を上げるにはどうしたらいいかという相談を受けます。

マーストン

出典:https://www.youtube.com/watch?v=sJV5nmZSldo

マーストンはヒーローアクション物としてのワクワク感は大事にしながらも、女性読者にも愛されるキャラクターが必要と考えました。そして超人的な強さと女性ならではの愛を持ったワンダーウーマンを考案します。(なおマーストンはお話を作る人で、絵を描いたのはH・G・ピーターというアーチスト)

マーストンは人間心理と血圧の関係を説いていたそうで、これが「うそ発見器」の発明につながったそうです。ワンダーウーマンの“真実の縄(ラッソ)”が、相手に真実を告白させる力を持っているのはマーストンならではの発想。

マーストン

出典:https://www.youtube.com/watch?v=sJV5nmZSldo

そしてこのマーストンという人は奥さんのエリザベスとオリーブという女性と一緒に暮らしていたそうで、ワンダーウーマンの創作にインスピレーションを与えたのはこのエリザベス、オリーブという2人の女性だったと言われています。

しかもオリーブはマーストンの愛人だったそうで、妻と愛人と3人暮らし??うーん、なかなかすごい方ですね。というわけで、この「ワンダーウーマン」の作者、マーストンにスポットを与えた伝記映画が作られます。

‘Professor Marston & the Wonder Women’ Trailer

タイトルは、「Professor Marston & the Wonder Women (マーストン教授とワンダーウーマン)」。女性をリスペクトして作ったヒーローなのに、性的なシンボルとしてとられバッシングされる?

この予告を観る限り、やはり革新的な考えを持つ人が、革新的な発明をした時の苦労みたいなものが描かれるようです。もう一つのワンダーウーマンの物語として注目したいですね。

トップ画像出典https://www.youtube.com/watch?v=6rFOyRbjF6k
このエントリーをはてなブックマークに追加
杉山すぴ豊
アメキャラ系ライターの肩書で、アメコミ映画についての啓蒙活動を雑誌・新聞・テレビ・ラジオ・WEB・イベントにて行う。幼少のころ歌舞伎座の舞台に立ち 映画「劇場版サラリーマンNEO(笑)」にも出演。「ガメラ3 邪神<イリス>覚醒」のタイトル考案者です。エマ・ストーン嬢に「あなた日本のスパイダーマンね」と言われ「バイオハザード:アポカリプス」のジル役のシエンナ・ギロリー様に「あなたがゾンビだったら私は助けてあげる」と言われたことが自慢(笑)