このエントリーをはてなブックマークに追加
今や国内外を問わず各所でブームを巻き起こしているハンドスピナー。指に挟んで回すだけのシンプルな作りとなっているおもちゃですが、そんなハンドスピナーをお菓子で再現してみた動画が話題を呼んでいます。一体どのように作られていくのか?今回はその一部始終について見ていきましょう!

そもそもハンドスピナーとは…?

ハンドスピナーは今や国内外問わず、小さいお子様~社会人まで幅広い年齢層で遊ばれているおもちゃです。

遊び方は非常にシンプルで、2本の指で中央部を挟み、外周部を軽くはじくと遊べます。最近ではテレビやラジオの番組でも取り上げられるようになったので、読者のみなさんの中で遊んだことがある方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。

再現度高すぎ!?食べられるハンドスピナーを作ってみた

そんなハンドスピナーを料理系YouTuberかっちゃんさんが自宅にあるお菓子で簡単に再現してみた動画が話題を呼んでいます。今回はその作り方について紹介していきます。

クッキングシート

出典:https://www.youtube.com/watch?v=i1SFfbOmE7k

まず最初にクッキングシートにハンドスピナーの型を縁取り・切り抜きします。

使う材料

出典:https://www.youtube.com/watch?v=i1SFfbOmE7k

次に、今回の食べられるハンドスピナーを作っていく上で必要になるお菓子を用意します。使う材料はガブリチュウ市販のグミ、また中心部などを支えるベアリング、コーディング用のチョコボルトの五つです。

薄くのばす

出典:https://www.youtube.com/watch?v=i1SFfbOmE7k

用意したガブリチュウを最初にお皿に盛りつけ、電子レンジでしならせていきます。温めたガブリチュウがナヨナヨになったら、くっつけてひとまとめにしていき、粉砂糖をまぶしたまな板の上でガブリチュウを薄くのばしていきます。

スライスする

出典:https://www.youtube.com/watch?v=i1SFfbOmE7k

ガブリチュウを均一にのばせたら、冒頭で用意したクッキングシートに模って、ガブリチュウをスライスしていきましょう。

穴を開けていく

出典:https://www.youtube.com/watch?v=i1SFfbOmE7k

ガブリチュウをハンドスピナーの形に縁取り出来たら、ベアリングの大きさに合わせて生地に穴を開けていきます。

グミを入れていく

出典:https://www.youtube.com/watch?v=i1SFfbOmE7k

後は穴にグミを組み込んでいきます。ちなみにこの時、中央部には何も入れないようにしましょう。

冷蔵庫で冷やす

出典:https://www.youtube.com/watch?v=i1SFfbOmE7k

ここまで出来たら冷蔵庫で一度冷やし、固めていきます。

チョコレートでコーティング

出典:https://www.youtube.com/watch?v=i1SFfbOmE7k

冷蔵庫で冷やせたら、ベアリングを穴の真ん中に固定し、外側から溶かしたチョコでコーティングし、再度冷蔵庫で冷やしていきます。

ボルトを通して出来上がり

出典:https://www.youtube.com/watch?v=i1SFfbOmE7k

20分後、チョコが固まったのを見計らって冷蔵庫から取り出し、先ほど真ん中に固定したベアリングにボルトを通して完成です。

ベアリング付近は注意

出典:https://www.youtube.com/watch?v=i1SFfbOmE7k

食べられるだけでなくきちんと回せるハンドスピナーが出来ました。ちなみに作ったハンドスピナーのベアリングの周りは金属と接している部分になるため、食べるとお腹を壊す可能性もあるので、実食は絶対に避けるようにしましょう。

自宅で簡単に出来るので皆も一緒に作ってみよう!

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介した食べられるハンドスピナーですが、ネット上では今回紹介した内容とは違った材料を使って、食べられるハンドスピナーを作り実際に食された方もいるようです!

自宅にある材料で簡単に出来る食べられるハンドスピナー。せっかくの機会なので皆さんもご自宅で一度作ってみてはいかがでしょうか?