このエントリーをはてなブックマークに追加
「ニコ超2017」の「踊ってみたフェス」にJALの社員さんたちが参加したことが、ネットで話題になっています。特に「岡本さん」という方にいたってはアイドル並の人気だとか。ここではJALが踊ってみたに参加している理由、岡本さんの正体について、みなさんのダンスとともに紹介します。

JALの社員がニコ超で踊ってみた!?

2017年の4月29日と30日に「ニコニコ超会議2017」(ニコ超2017)が開催されました。この中のイベント「踊ってみたフェス Live Part」に参加した日本航空(JAL)の「岡本さん」と「客室乗務員」。その踊ってみた動画が上手すぎると、今ネットが騒然としています。

ここではJALがなぜ踊ってみたフェスに参加したり、踊ってみた動画に参加しているのか、そして「岡本さん」とは何者なのかを紹介します。

【JAL】客室乗務員と岡本さんが「バタフライ・グラフィティ」踊ってみた

こちらがニコ超2017に先駆けて公開された、岡本さんと客室乗務員の方々の踊ってみた動画です。曲目はニコ超2017の踊ってみたフェスのために書き下ろされた「バタフライ・グラフィティ」。作詞作曲は人気ボカロP八王子Pさんです。

国際線担当客室乗務員 中村さん。

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm31006105

冒頭で完璧すぎるお辞儀をしてくれるのが、こちらの国際線担当客室乗務員の中村さん。最初は「本当にJALの社員さんが出てくるのか?」と疑っていた筆者も、これを見て「あ、JAL本気だ……」と悟りました。

JALのチアダンスチーム「JAL JETS」のメンバー

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm31006105

動画のメインダンサーは前述の「岡本さん」とこちらのJALのチアダンスチーム「JAL JETS」のメンバーたち。普段は客室乗務員として働いている彼女たちが、キレキレのダンスを披露してくれています。なおJALは今回でニコ超2015から3度目の参加です。

ついに登場!岡本さん。

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm31006105

そしてこちらがコメント勢を荒ぶらせるWeb販売部の岡本さんです。ダンスのキレだけでなく、ルックスまでありえないぐらいハイレベル!この男、いったい何者なのか……。

岡本さんのダンスが上手すぎて見過ごされがちですが、その後ろで踊っている空港企画部の村山さんとIT運営企画部の児玉さんのダンスもなかなかのものです。あれ、JALってなんの会社だっけ?強豪ダンスサークルかな?(困惑)

ラストは全員で一列になってフィニッシュ!

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm31006105

ラストは全員で一列になって印象的なフィニッシュを迎えます。みなさんが本当に満点の笑顔で踊るので、見ているこっちまで笑顔になる素敵な動画ですね。この踊ってみたの企画は、JALが2015年に若年層のJALファンの獲得を目指して持ち上がったものだそうです。

それに応えるかのように「JALに乗りたくなった」「めちゃくちゃ好感が持てる」といった感想がたくさん寄せられています。仕事の合間をぬって練習するのできっとものすごく大変だとは思うのですが、それを感じさせない完成度と笑顔が、「JALの本気」を感じさせますよね。

アイドル?ダンサー?「JALの岡本さん」とは?

このJALの踊ってみた人気を引っ張っているのが先ほどキラ星のように登場した岡本さんです。本名は岡本昂之さんといい、現在はWeb販売部の主任を務めるバリバリのビジネスマン。ありえないレベルのダンススキルと、アイドルばりのルックスでニコニコユーザーの度肝を抜いています。

JAL岡本さんがPV風に「バタフライ・グラフィティ」踊ってみた

その人気を受けて作られたのが、出張先のロサンゼルスの名所を巡りながら岡本さんがソロで踊るこちらの動画。タイトルに「PV風」とあるように、まるでアイドルのPVのようなオフショットまで収録されています。これが不自然じゃないって、ほんとにこの人何者だよ(笑)

岡本さんスーツ姿かっこよすぎ問題。

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm31056272

スーツや私服、JALのトラックジャケットなど色々な服装で、ダンスを披露する岡本さん。特にスーツで踊る姿はめちゃくちゃかっこいいです。顔がかっこいいだけでなく、手足も長いから、こんなにもスーツが似合うんでしょうね。ちなみに岡本さんが巡る名所は全部で8ヶ所。

ハモサビーチ、ルート395号線、レイク・ハリウッド・パーク、ベニスビーチ、デスヴァレー国立公園、ウェストウッドビレッジ、ロサンゼルス・カウンティ美術館、サンタモニカビーチです。

問題の(?)オフショット映像。かっこよすぎる。

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm31056272

こちらが問題の(?)オフショット映像の一幕。これで普通のビジネスマンだなんて、まったくわけがわかりません。筆者は男ですが、この笑顔を見て思わず「うふ、かっこいい……」とつぶやいてしまいました。本当に、まったくわけがわからない。

スーパー岡本タイム!

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm31056272

1分50秒からはかなり激しい振り付けをばっちり踊りこなす岡本さんが見られます。これを見ると「いくらなんでも上手すぎないか?」と怪しんでしまう人もいるでしょう。それもそのはず、岡本さんは学生時代にロックダンスの名手として全国優勝するほどの実力の持ち主だったんです。

JALのWeb販売部主任となった今も、休日に昔のダンス仲間に会ったり、後輩たちに指導しに母校に出向いているのだとか。どうりで単なるダンスが上手い人ではなく、ダンサーレベルなわけです。

どう考えてもアイドルな岡本さんに、メロメロになる女性たちも山のようにいるようです。「アイドルがスーツを着て踊った」のではなく、「イケメン会社員が普段の仕事着で踊った」という現実には、とんでもない破壊力がありますね。

【JAL】社員が「Calc.」を踊ってみた【岡本ソロ】

ちなみに岡本さんは去年のニコ超の際にもソロ動画を作っています。曲目はOneRoomことジミーサムPさんの楽曲「Calc.」。2016年4月20日に公開され、2017年5月12日現在で35万回再生を超える人気動画です。

何度見ても飽きない、岡本さんの踊ってみた。

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/1461139426

2017年の動画のように作り込まれているわけではありませんが、逆にそれが岡本さんのダンスを堪能できる動画にしています。本当に何度見ても飽きません!

過去のJALの動画もチェック!

岡本さんも確かにかっこいいですが、JALのチアダンスチーム「JAL JETS」の方々がメインとなっている動画も、やっぱりハッピーになれます。以下では2016年、2015年の彼女たちの動画を見ていきましょう。

【JAL】客室乗務員が「Calc.」を踊ってみた

こちらは2016年の踊ってみた動画。途中からは岡本さんも加わり、コメント勢を騒然とさせています(笑)しかもこの日岡本さんと「JAL JETS」の方々は初対面で、お互い手探りのなかで踊ったのだとか。それでこの完成度はすごい!

特にセンターを務める国際線担当客室乗務員の小畑さんのダンスは、毎年注目を集めています。とにかく体幹がしっかりしていて、手足を動かしても全くばたつきません。もちろん笑顔も素敵。これはJALを好きにならざるをえません。

ちなみにこちらからは「【JAL】客室乗務員が「Calc.」を踊ってみた」のメイキングムービーが見られます。苦労しながら撮影された様子やリラックスした客室乗務員の方々の表情が見られるお宝映像です。

JALの現役客室乗務員が「39」を踊ってみた

こちらはJAL初参加となったニコ超2015に先駆けて公開された動画です。曲目はボカロPのsasakure.UKさんとDECO*27さんのコラボ曲「39」。2015年4月10日に投稿され、現在約48万回再生とハーフミリオンを目前に控えています。

この時から高感度に溢れたコメントばかりが寄せられています。それはきっと踊っている人たちが本気でやっていることが伝わってくるからでしょうね。これが「笑顔の力」なのかもしれません。本当に元気がもらえます。

型破りなことにも挑戦できる航空会社、JAL

岡本さんをはじめ、笑顔も元気もいっぱいのJALの社員さんたち。みなさんから伝わってくるのは、長い歴史の中で様々な困難を乗り越えてきたからこその型破りな社風です。これからも毎年素敵な笑顔とダンスを見せてくれることを願っています。

2017年の動画にちょこっとだけ出ていた浅香さんが気になる。

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm31006105

ちなみに筆者は2017年の動画に出演していた国際提携部の浅香さんも気になっています。ほんの数秒の出演ですが、岡本さんばりのダンスを披露しているので、来年は浅香さんにもさらにスポットライトを当てていってほしいですね。とにもかくにも、今後のJALに乞うご期待、です!

トップ画像出典https://youtu.be/8Yn84S5r0oo
このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木 直人
フリーのウェブライター。ファッションやサブカル、ビジネス、自己啓発など守備範囲は広い。非リアでぼっちだが、そんな自分をこの上なく愛している。