このエントリーをはてなブックマークに追加

すぴ豊です。
トム・クルーズ最新作「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」の予告編が公開されました。

トム・クルーズVSミイラ女!!名作ホラーをリメイク

『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』予告編

予告編はアクション・アドベンチャー・テイストです(それは間違ってません)が、この作品は元々ホラー映画です。ザ・マミー=MUMMYとはミイラの意味で、この作品は1932年の「ミイラ再生」というホラー映画(当時は、怪奇映画と言ってました)のリメイク

ミイラ再生 [Blu-ray]
ミイラ再生 [Blu-ray]

posted with amazlet at 17.04.24
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2016-08-24)
売り上げランキング: 76,276

「ミイラ再生」はエジプトのミイラの呪い、ミイラ男をテーマにした世界初の作品。99年に「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」というタイトルでアクション・アドベンチャーとしてリメイクされています(シリーズ3作が作られました)。

ミイラ男というと包帯男のイメージですが、あのスタイルが確立するのはこの32年版の続編やイギリスでミイラ男映画が作られたときなのです。

ソフィア・ブテラ ザ・マミー/呪われた砂漠の王女

出典:https://www.youtube.com/watch?v=vOpbR1wm2_g

今回今回のトム・クルーズ版では、副題のように魔女っぽい女怪人が悪の女王になっています。演じるのはソフィア・ブテラ。「キングスマン」の義足の殺し屋や、「スター・トレック ビヨンド」の女エイリアンを演じていた美人女優です。

ユニバーサル・モンスターズとは?

Universal Monsters Official Blu-ray Collection trailer

ユニバーサルは「魔人ドラキュラ」(31)を皮切りに「フランケンシュタイン」(31)「透明人間」(33)「フランケンシュタインの花嫁」(35)「倫敦の人狼」(35)「狼男」(41)「大アマゾンの半魚人」(54)とモンスター映画を作っていきます。これらはユニバーサル・モンスターズと呼ばれ、ハリウッドの誇るキャラクター・コンテンツとなりました。

ちょうど東宝がゴジラを始めとする怪獣映画で人気を博したような感じです。ちなみに「フランケンシュタイン」は元々小説なので、どこが映画化してもいいわけですが、僕らが”フランケンシュタインの怪物”と聴いて思い浮かべる”あの四角い顔”はユニバーサル映画のオリジナル造形(メイキャップ)。

フランケンシュタイン [DVD]
PSG (2007-08-22)
売り上げランキング: 3,214

なので、一番有名なフランケンシュタインの怪物は”ユニバーサルのキャラクター”ということになります。

ラッセル・クロウもザ・マミーに出演!ユニバーサル・モンスターズの世界観がつながる?

さてユニバーサルは自社の昔のモンスター映画財産を今後続々とリメイクし、それらを1つの世界観の中でつなげようと考えています!『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』の予告篇の中でも、もう一人ビッグスターが登場します。ラッセル・クロウです。

ラッセル・クロウ ザ・マミー/呪われた砂漠の王女

出典:https://www.youtube.com/watch?v=vOpbR1wm2_g

彼はジキル博士という役で、どうやらこの世の中を邪悪なものから守る組織“Prodigium プロディジウム”のリーダーという設定だそうです。この組織を核に物語がつながるのでしょう。(ハリウッド・ゴジラ、「キングコング:髑髏島の巨神」のモナーク機関のようなものです)

ちなみにジキル博士というのも本当は怪奇キャラ。小説「ジキル博士とハイド氏」の主人公。薬を飲むと邪悪な人格が出て、悪の怪人ハイド氏に変身してしまいます。これも過去に何度か映画化されているホラー系のキャラですが、30-50年代にかけてユニバーサルでは映画化されたことがありません。

ヴァン・ヘルシング (吹替版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 10,886

従って元々ユニバーサル・モンスターズではないのですが、04年のヒュー・ジャックマンが出演したユニバーサルのモンスター・アクション活劇「ヴァン・ヘルシング」の冒頭でジキルが変身したハイドが登場。ヘルシングと戦います。つまりこの時点でユニバーサル・モンスターズの仲間入りをしていると考えることもできるわけです。

今後のユニバーサル・モンスターズ映画の動きにも注目!

ソフィア・ブテラ ザ・マミー/呪われた砂漠の王女

出典:https://www.youtube.com/watch?v=vOpbR1wm2_g

それにしてもトム・クルーズ、ラッセル・クロウとは豪華ですが「透明人間」をジョニデ、「狼男」をドウェイン・ジョンソン、「大アマゾンの半魚人」がスカヨハ出演、「フランケンシュタインの花嫁」を「美女と野獣」の監督ビル・コンドンが手がける説もありビッグ・コンテンツになりそうです!

このプロジェクトが成功するためにも、本作「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」を皆でみてヒットさせましょう!(笑)

トップ画像出典https://www.youtube.com/watch?v=vOpbR1wm2_g
このエントリーをはてなブックマークに追加
杉山すぴ豊
アメキャラ系ライターの肩書で、アメコミ映画についての啓蒙活動を雑誌・新聞・テレビ・ラジオ・WEB・イベントにて行う。幼少のころ歌舞伎座の舞台に立ち 映画「劇場版サラリーマンNEO(笑)」にも出演。「ガメラ3 邪神<イリス>覚醒」のタイトル考案者です。エマ・ストーン嬢に「あなた日本のスパイダーマンね」と言われ「バイオハザード:アポカリプス」のジル役のシエンナ・ギロリー様に「あなたがゾンビだったら私は助けてあげる」と言われたことが自慢(笑)