カネキンさんは、身長172cmのフィットネス系YouTuber兼メンズフィジーク選手です。動画内では、目標達成のために一番効率のよい筋トレの方法を紹介しており、とても参考になると人気を博しています。今回は、そんなカネキンさんのプロフィールと人気動画をご紹介していきたいと思います!

カネキンさんって、どんなひと?

はじめに、「カネキンさんって、どんなひと?」という方に向けて、彼のプロフィールをご紹介していきます。

カネキンさんは、2014年11月よりYouTuneチャンネル「Kanekin Fitness」を開設し、筋トレや健康生活に関する動画を投稿しているフィットネス系YouTuber

2017年4月現在、チャンネル登録者数11万人累計再生回数約3千万回を突破!

また、彼は身長172cm腕のリーチ183cmという抜群の体格を活かして、身体のバランスの美しさを競う競技「フィジーク」の選手としても活躍しています。

みなさん、見てください!カネキンさんの肉体美を!

カネキンさんがフィットネス系YouTuberとして活動しているのには、理由があります。

【筋トレ】YouTubeフィットネス界の問題。

こちらは、YouTubeフィットネス界の問題に切り込んでいる動画「YouTubeフィットネス界の問題。」です。

カネキンさん

出典:https://www.youtube.com/watch?v=YgjxxvA_qLc

カネキンさんはフィットネス系動画の役割を、目標達成のために一番効率のよい筋トレの方法を教えることだと考えています。

その一方で、YouTubeフィットネス界の動画は、残念ながらその役割を果たせていないものが多い現状にあります。

カネキンさん

出典:https://www.youtube.com/watch?v=YgjxxvA_qLc

カネキンさんがフィットネス系YouTuberとして活動している理由は、YouTubeフィットネス界の問題を打破し、目標達成のために一番効率のよい筋トレの方法を広めるためです。

彼からビシバシ伝わってくるフィットネスに対する情熱と肉体美を見れば、彼が言っていることを信じられますよね。

カネキンさんの食生活「フル食」!

続いては、カネキンさんの人気動画をご紹介していきたいと思います。日本全国の筋肉フェチのみなさん、そしてそうでない方も、ぜひカネキンさんの動画をチェックしてみてください!

【筋トレ】フル食!僕の食生活

こちらは、カネキンさんの投稿動画の中で最多再生回数56万回を誇る「フル食!僕の食生活」。彼の1日の食事が紹介されている動画です。

美しい肉体を持つ彼は、一体どのような食生活をしているのでしょうか?

カネキンさん

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Xw68w62oYew

彼は朝ごはんに、グラノーラと牛乳、バナナ、プロテイン、はちみつを入れたオートミールを食べます。ヘルシーで健康的な朝ごはんですね!

カネキンさん

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Xw68w62oYew

お昼ご飯は、肩ロースサラダ白米

カネキンさん

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Xw68w62oYew

夜ご飯は、鶏肉と白米。お菓子やプロテインを間食に挟みながら、3食きっちり食べています

素人目から見ても、バランスのよい食事だということが分かりますよね。ファンの中には、カネキンさんのフル食動画を参考に食事管理を行なっている方もいらっしゃいます!

カネキンさんの胸筋トレ風景「チャンピオンの胸トレ!」

次にご紹介する動画は、カネキンさんの胸筋トレーニング風景がおさめられている動画「チャンピオンの胸トレ!」!

【筋トレ】チャンピオンの胸トレ!

再生回数48万回を突破しているこちらには、胸筋の魅力がたっぷりと詰まっています!全国の胸筋フェチのみなさん、必見ですよ〜!

カネキンさん

出典:https://www.youtube.com/watch?v=IU-dQOztDyg

見てください、上からのアングルでの肉体美を!なかなかこのアングルから筋肉を見ることはないですよね。うっとりせずにはいられません!

ツイッター界隈では、筋肉フェチとみられるファンがカネキンさんの筋肉を見て大歓喜!筋肉、サイコー!

カネキンさんの動画をみて、フィットネスに生きましょう!

カネキンさんのプロフィールと人気動画をご紹介しましたが、いかがでしたか?

この記事を読んで、「カネキンさん、カッコイイ!」と思った方や、以前からカネキンさんのファンだった方は、ぜひ彼のツイッターや動画を見てみてください。きっと、彼の魅力にハマるはずです!

そして、よいフィットネスライフをお送りください!