このエントリーをはてなブックマークに追加
ニコニコ動画投稿主「第三営業部」を知っていますか?ゲームの実況プレイを行う実況主にはめずらしい、台本アリのアテレコで行う「ガチ実況」スタイルが人気!代表作として再生数を伸ばす青鬼実況プレイ動画を中心に、人気の秘密を探っていきましょう。

第三営業部とは?

第三営業部とは、2011年からゲーム実況を行う実況プレイヤー集団です。動画内に本人が登場することもあり、そのときは営業マンらしいスーツにメタリックなサングラスというスタイルが特徴!

メンバーは、王定六さん、蛮太郎さん、アルティメット・ハイさんの3人。実況プレイ以外に、歌い手としても活躍している多彩なメンバーです。

実況動画でもどきどきさせられるイケボを楽しめますが…第三営業部の魅力はなんと言っても本物の実況のような軽快な語り口。滑舌の良さと、状況を的確に言い表す言葉のキレがクセになるんです。

面白すぎてリピート再生が止まらなくなる、第三営業部のおすすめ動画を紹介していきましょう!

人気のきっかけ!伝説の青鬼実況

【青鬼TA】営業成績一位の男にガチ実況させてみた

第三営業部の代表的な動画が、こちらの青鬼TA実況動画です。2017年4月現在、270万再生という記録を叩き出しています。

daisanei_aooniTA
青鬼の容姿を端的に表現。

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm16116205

そして投稿者コメントに「しゃべりながらのプレイは不可能だった」とある通り、プレイ動画に実況を重ねるというスタイルの動画で、これがとにかく面白すぎる!

終始、何かしらのスポーツを見ている気分になる実況。

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm16116205

実況の語り口は駅伝なのか野球なのかと聞きたくなるほど、スポーツの臨場感を思わせます。「ガチ実況」と呼ばれるのも頷けますね。ホラーゲーム独特の静かで怖い雰囲気が苦手な人も楽しめそうですね!

速さを極めるRTA動画とあってスムーズにサクサク進むという点や、実況の語彙があまりに豊富なのも人気の秘密。「定期的に見たくなる動画」「原宿時代の精鋭」というタグも頷けます!

青鬼実況は第三営業部の代表作となり、新たにスマホ版が発表されたときにも新作の青鬼実況プレイが投稿されました。

実況】青鬼と銭湯と第三営業部【AndAppスマホで青鬼】

いつでもどこでも青鬼がプレイできるというスマホ版の特徴を活かし、まさかの銭湯というロケーションをチョイス。そして、プレイしながらちゃんとお風呂にも入るという斬新すぎる実況プレイを魅せます。

今だ、今しか風呂に入る時間はない!!

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm30249563

タグには「銭湯TA」「入浴してみた」などが登録されています。何の動画だったか一瞬見失ってしまいそうですが、これこそが第三営業部の実況スタイルなのです。

そして「Uターンバグが決まったァ!」など、スポーツ実況さながらの語り口は、青鬼動画以外でも炸裂しているのでした。

実況のキレがさらに増す!ガチ実況動画

【実況中継】大改造!! 劇的ブリッツ・ボール 【FF10HD】

こちらは、FF10に登場するミニゲーム「ブリッツ・ボール」のリアルな躍動感を活かし、これまたリアルな実況を重ねた動画です。

編集力も高い。

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm26247387

滑舌の良さや語彙力を駆使したセリフ回しに加え、編集力の高さも特徴的!スポーツニュースを見ているような錯覚に陥りますが、ゲーム実況なんですよね…。

【実況】海洋戦隊ボートレンジャー/ボートレーヌ演習中継

そんな第三営業部の本気が見えるのが、ボートレース的な何かの実況動画、その名も「ボートレーヌ演習中継」です。

daisanei_boat
我々には難しすぎる。

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm30384963

ボートレース場の実写映像と心地いい実況の声に、これぞスポーツ実況!という気持ちになりますが…突然光線を放つボート。やっぱり、私たちの知っているボートレースではないようです。

面白すぎる!第三営業部の活躍に注目

『世界一おもしろいゲームタイトル』の考察

自作ゲーム投稿サービス「RPGアツマール」の動画では、ゲーム実況を離れながらも安定の面白さを発揮しています。

山田くん、座布団一枚。

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm30901893

登録タグに「笑点」とあるように、フリップネタか!?と思わされるボケの数々。第三営業部のポテンシャルにひれ伏したくなります。

第三営業部『自作ゲームをプレゼンする』まとめ

自作ゲームをプレゼンする動画では、某塾や某ゼミナールを思い出させるキャラクターに扮したメンバーたち。

なんだか見たことのある雰囲気

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm30903788

クオリティの高さに思わず勘違いしそうになりますが、これはコント番組ではありません!

アナウンサーさながらのスピーディで聞きやすい実況、お笑い芸人さながらのキレッキレワードを駆使した言葉選び、動画の構成力や編集力…。第三営業部の魅力が伝わったでしょうか?

さらに広い分野でも活躍できそうな第三営業部のこれからに、期待しましょう!