すぴ豊です。この2週間、アメコミ映画ファンを狂喜させる出来事がありました!8月11日(金)日本公開の「スパイダーマン:ホームカミング」と、11月18日(土)日本公開の「ジャスティス・リーグ」の最新予告編が解禁になったのです。

恐らくこのタイミングで、ラスベガスでシネマコンという映画の興行関係者向けのコンベンションが行われていて、それにあわせたのでしょう。

そもそも「ジャスティス・リーグ」ってなに?

スパイダーマンについてはまた近々予告編解説をさせていただきますが、今回は「ジャスティス・リーグ」について。「ジャスティス・リーグ」というのは、DCコミックス系のスーパーヒーローたちがチームを組んで戦うヒーロー映画超大作です。

アメコミにはアイアンマン・スパイダーマンを有するマーベルと、バットマン・スーパーマン・フラッシュの所属するDCがあり、従って「ジャスティス・リーグ」というのは、”DCヒーロー版アベンジャーズ”なわけですが、コミックス史においては「ジャスティス・リーグ」の方が登場が早いのです。

ジャスティス・リーグ:誕生(THE NEW 52!) (ShoPro Books THE NEW52!)
ジェフ・ジョーンズ
小学館集英社プロダクション
売り上げランキング: 28,949

「ジャスティス・リーグ」は60年。「アベンジャーズ」は63年。もともと”ジャスティス・リーグ・オブ・アメリカ”=JLAと名乗っていたのですが、いまや”ジャスティス・リーグ”となっています。

メンバーは何度か変わりますが、最近のコミックスの方では

  • スーパーマン:ご存知、地球育ちの宇宙人。地球の人々を救うために立ち上がる。
  • バットマン:鍛えあげた肉体と頭脳、様々な装備、潤沢な資金で犯罪者と戦う男。
  • ワンダーウーマン:伝説の女部族アマゾネスのプリンセスにして戦士。世界の平和を守る。
  • フラッシュ:超高速で動く、走る真紅の若者ヒーロー。そのスピードは時空をも超える。
  • アクアマン:海底王国アトランティスの王子で地上の人間とのハーフ。海の支配者。
  • サイボーグ:メカと人間が融合した若き超人。世界中のネットワークとアクセスできる。
  • グリーン・ランタン:銀河警察機構のメンバーで宇宙の平和を守る。

の7人構成が定番。今回の映画版では”グリーン・ランタン”を除く6人の活躍が描かれます。(グリーン・ランタンは、恐らく続編あたりから合流?)

先日の3月25日(土)、予告編が解禁される2日前に”予告の予告”という形で、各キャラ別の短い映像がリリースされました。

JUSTICE LEAGUE NEW Teaser Trailer (DC Comics 2017)

それをつないだものです。ここに書いたキャラクターの特長どおりでしょう?

スーパーマンが不在だけど…?

さて、先ほどの予告を観た方は、あれ一人足りないと思われるでしょう。そう、スーパーマンがいないんです!

実はこの作品は、昨年公開された映画「バットマンVSスーパーマン:ジャスティスの誕生」の続編で、あの映画の中でスーパーマンは死んだことになっています。

そして、スーパーマンの遺志を継ぎ、バットマンが世界中からこうした超人たちを集め、宇宙からの脅威に立ち向かおうとする、というお話になる予定です。でもスーパーマンはどこかのタイミングで蘇るハズ。どういう形で出てくるか、まだお楽しみというわけです。

JUSTICE LEAGUE – Official Trailer 1

では本予告編をお楽しみください。アクションいっぱいですごそうな映画ということはわかりますよね。同時期に解禁された「スパイダーマン:ホームカミング」の予告編がなんとなくストーリーがわかるのに対し、こちらはヒーローたちのアクションの見せ場をつめこんだ感じです。

スパイダーマンは知名度があるから、今回はどういうお話かを感じさせることが大事で、「ジャスティス・リーグ」の場合は、まずこのメンバーをかっこいいと思ってもらう、という作り方なのでしょう。

しかしトーン的に映画「バットマンVSスーパーマン:ジャスティスの誕生」よりは明るく楽しそうな映画になりそうですね。

JUSTICE LEAGUE: Trailer Breakdown – “Official Trailer 1”

DCはこの予告編を見た人向けの公式解説動画も流しているので、英語に自信ある方はこちらをどうぞ!もっとマニアックに楽しみたいという方は、すぴ豊の「ジャスティス・リーグ」予告編解説もご覧くださいね。

トップ画像出典https://www.youtube.com/watch?v=3cxixDgHUYw
シェア
杉山すぴ豊
アメキャラ系ライターの肩書で、アメコミ映画についての啓蒙活動を雑誌・新聞・テレビ・ラジオ・WEB・イベントにて行う。幼少のころ歌舞伎座の舞台に立ち 映画「劇場版サラリーマンNEO(笑)」にも出演。「ガメラ3 邪神<イリス>覚醒」のタイトル考案者です。エマ・ストーン嬢に「あなた日本のスパイダーマンね」と言われ「バイオハザード:アポカリプス」のジル役のシエンナ・ギロリー様に「あなたがゾンビだったら私は助けてあげる」と言われたことが自慢(笑)