このエントリーをはてなブックマークに追加
熊本で生まれた「食べられるお箸(畳味)」が話題になっています。お箸を食べて健康になっちゃいましょう…って一体どういうことなのでしょうか!?

食べられるお箸ってどういうこと?

お箸って食べ物を食べるために使うものであって、お箸を食べるなんてことはない」そんな常識を覆すような「食べられるお箸」が熊本で開発され話題になっています。

食べられるお箸(畳味) Eatable chopsticks(“TATAMI”flavor)

この動画は、どうして畳(タタミ)味の食べられる箸が生まれたの?という疑問にこたえる内容になっています。

食べられるお箸

出典:https://www.youtube.com/watch?v=qBOXZBgXqDs

畳の原料となる「いぐさ」の産地、熊本県。

食べられるお箸

出典:https://www.youtube.com/watch?v=qBOXZBgXqDs

熊本県はいぐさの国内シェア96%を持っています!日本でつかわれている国産畳の原料は、ほぼすべてが熊本産だということになりますね!

食べられるお箸

出典:https://www.youtube.com/watch?v=qBOXZBgXqDs

しかし、いぐさの農家の戸数は年々減少しているのがわかります。畳の需要、減っているんですね…。

食べられるお箸

出典:https://www.youtube.com/watch?v=qBOXZBgXqDs

最近の人たちに、もっと畳と口にしてほしい…畳と口にしてほしい…。

食べられるお箸

出典:https://www.youtube.com/watch?v=qBOXZBgXqDs

そんな強い想いから生まれたのが、こちらの「畳を口に入れられるお箸」です。

食べられるお箸

出典:https://www.youtube.com/watch?v=qBOXZBgXqDs

畳の目の様子がしっかりと再現されているデザイン。畳への愛がビシビシ伝わってきます…。

食べられるお箸

出典:https://www.youtube.com/watch?v=qBOXZBgXqDs

なんと、畳の原料になっているいぐさは、レタスの約60倍の食物繊維を含んでいるのだとか!食物繊維に肥満防止効果があるのはよく知られるようになってきています。

食べられるお箸

出典:https://www.youtube.com/watch?v=qBOXZBgXqDs

そしてこの箸1膳でサラダ1皿分の食物繊維を含んでいるというから驚きです。

食べられるお箸

出典:https://www.youtube.com/watch?v=qBOXZBgXqDs

つまり、それって、食事した後にこの箸を食べればサラダを注文しなくてもいいということじゃないですか!箸にもなり、栄養満点。畳の力は無限大です(笑)。

実は400年前にも…

熊本県と言えば熊本城。実は熊本城は、食べられる城と呼ばれているんですよ!

城にこもって何日も戦うと食料が足りなくなる可能性があることから、壁や畳にサトイモの茎を使ったり壁にカンピョウが塗り込んでいたといいます。

食べられるお箸

出典:http://igsa.jp/idea/20170331_pressrelease.pdf

約半世紀前から続く熊本の姿を伝えているともいえる食べられる畳は、「うまと」 「藺家」 「CASA Afeliz Ginza」の3店舗で食べることができるそうなので気になった方はぜひ行ってみてください!