「みやけ」「ナポリP」「MI8k」「miyake」などいくつもの名前をもつボカロP・みやけさん。彼が作る楽曲はどれもクセのあるロックばかりで、一度ハマると抜け出せない中毒性を備えています。ここではそんなみやけさんの楽曲を紹介します。

中毒性&音楽性MAXのボカロP「みやけ」

中毒性のあるロックなボカロ曲を作るボカロPとして知られるみやけさん。彼にはいくつかの名前がありますが、ここでは便宜上「みやけさん」と呼ぶことにします。さてこのみやけさんの楽曲を聴く前に簡単な経歴を紹介しておきましょう。

やたらときれいにオムレツを作るみやけさんは、2012年12月28日に投稿した「天獄生まれの悪魔」でボカロPデビュー。この曲はデビュー1周年を機にリメイク版「十三番目のハスキング」として発表されています。

5作目までは大きなヒットのなかったみやけさんでしたが、6作目の「サイレントアテンダンス」がヒット。知る人ぞ知るボカロPとなります。リスナーの中にはみやけさんを「サイレントアテンダンスの人」と認識している人もいるようですね。

みやけさんの楽曲の特徴はダウナー寄りのメロディラインと、DTM(Desktop Music)ではなく自分で演奏した音を使った音作りにあります。そのため、ボカロが歌っているという点以外は、完全に「良質なロック」なんです。

Eve – デーモンダンストーキョー MV

最近では人気の歌い手Eveさんの「デーモンダンストーキョー」の音楽制作を担当しています。こちらは2016年10月18日に投稿されて、2017年2月23日現在で殿堂入りを果たしている人気楽曲となりました。

ファンになること間違いなし!みやけの人気曲3選

「デーモンダンストーキョー」もめちゃくちゃ中毒性のある1曲ですが、みやけさんが自分名義で作った曲はさらに中毒性が強くなっています。以下ではみやけさんの楽曲中、特に人気のある3曲を紹介します。

不完全な処遇 – GUMI

1曲目は一番人気の「不完全な処遇」です。2014年12月12日に投稿され、現在は約30万回再生されています。

「不完全な処遇」

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm25107796

「THE みやけさん」とでもいうべき、中毒性の強いダウナーロックです。

とにかくギターの音がかっこよく、筆者個人としては1分44分あたりからのウォンウォンと鳴るところと、2分13秒からのギターソロに「ウヒィィィィィ!」と興奮してしまいます。歌詞も詩的で、いろいろな妄想を巡らせられるのも魅力的ですね。

もぬけのからだ – GUMI

2曲目に紹介するのは、みやけさんの自分名義の楽曲では最新曲となる「もぬけのからだ」。2016年10月7日に投稿されて、現在17万回以上再生されている人気動画です。

「もぬけのからだ」

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm29788563

動画は独特な表現と世界観を持った作風を持つ絵師兼動画師のアボガド6(あぼがどろ)さん。抽象的な歌詞と相まって、様々なメッセージを想像させるMVになっているので、何度も見返したくなります。

歌詞にはいろいろな解釈があり得ますが、少なくとも悲しい寄りの歌詞だということは確かです。

この雰囲気がGUMIちゃんの調教にも反映されていて、まるで心の底から発せられる悲鳴のようなキンキンした声でGUMIちゃんが歌うんです。これがまたグッとくるんだなあ。

【GUMI】サイレント・アテンダンス【オリジナルMV】

3曲目はみやけさんの出世作となった「サイレントアテンダンス」です。2013年11月15日に投稿され、現在の再生回数は約11万回。

「サイレントアテンダンス」

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm22257706

主コメ欄にあるように「イジメの曲」なのですが、これまた解釈の難しい歌詞になっています。

曲調の圧倒的な不安感はこの曲最大の特徴でしょう。さらに一人称が曲の中で何度か変わるので、ここでもまた不安になります。こちらがどの主人公に感情移入すればいいかがわからなくなるんです。

これはもしかすると、イジメが標的を変えて続いていく様子を描いているのかもしれません。みなさんもぜひ、自分なりの解釈をしてみやけさんの歌詞の世界を楽しんでみてください。

なぜ伸びない?もっと評価されるべき良曲3選

殿堂入り曲をいくつか持っているみやけさんですが、まだまだ評価されていない良曲もたくさんあります。以下では特にもっと評価されるべき3曲を紹介します。

GUMI – 死なない魔法

1曲目は2013年8月27日に投稿され、現在約1.6万回再生されている「死なない魔法」です。みやけさんとしては5作目のボカロ曲で、ちょうどヒット曲「サイレントアテンダンス」の1作前の楽曲です。

みやけさんの曲の中で好きな曲に挙げる人もいるものの、まだまだ評価され足りていない感が否めません。おしゃれできれいなメロディライン、悲しげだけど希望を感じさせる優しい歌詞と、聴けばきっと気に入ってもらえる要素が満載の良曲です。

ミセスアイロニ – GUMI

2曲目は2016年6月19日に投稿され、現在約2.2万回再生されている「ミセスアイロニ」です。曲をみやけさんが、歌詞をボカロPのはるまきごはんさんが、イラストは絵師のあおいさんが担当しています。

ピアノの音がベースになった「美しい」という形容詞がぴったりのメロディと、歌詞・イラストが完璧に調和しています。歌詞は悲しい内容なのに、聴いていると不思議と気持ちが落ち着きます。

ハッピーエンドを探しに – GUMI

3曲目は2015年4月23日に投稿され、現在約1.5万回再生されている「ハッピーエンドを探しに」。みやけさんの動画の中で最も再生回数が少ない曲なのですが、さわやかなメロディラインが気持ちよい良曲です。

曲調には希望が溢れているのに、歌詞はみやけさんらしくどこか悲しげな内容。このアンバランスな感じが、聴いていて妙に切なくさせます。対極にあるイメージをうまくまとめているあたり、さすがはみやけさんです。

みやけさんのマイリストには他にも良曲がたくさんあります。ぜひ自分だけのお気に入りを見つけてください。

コラボもソロも、もっとみやけの楽曲が聴きたい!

Eveさんなど実力派ボーカルとのコラボはもちろん、みやけさん名義の曲ももっと聴きたい!そう思わせるほど、みやけさんの楽曲には高いクオリティと中毒性があります。

みやけさんはツイキャスもしているので、予定が合えばみやけさんの生演奏を聴くこともできます。ぜひこの「まだまだ評価され足りないボカロP」みやけさんを、みんなでもっとメジャーにしましょう!

トップ画像出典https://youtu.be/PVqLroNscvQ
シェア
鈴木 直人
フリーのウェブライター。ファッションやサブカル、ビジネス、自己啓発など守備範囲は広い。非リアでぼっちだが、そんな自分をこの上なく愛している。