世界速弾き動画コンテストで3位に輝いた凄腕ギター講師YouTuber「Hidenori」さん。彼は、自身のチャンネルにギター動画とギター講座動画を投稿しており、その動画が初心者にも分かりやすいと好評です!今回は、そんなHidenoriさんについてご紹介したいと思います!

凄腕ギター講師YouTuber「Hidenori」さんって、どんなひと?

凄腕ギター講師YouTuber「Hidenori」さんをご存知でしょうか?彼は、世界速弾き動画コンテストで3位に輝いた、いわば速弾きの申し子ともいえるギター講師です!

【ギター】30days Speed Shred by Hidenori 【速弾き】

Hidenoriさんの凄さは、動画を見ていただければ一目瞭然です!こちらは、彼の投稿動画の中で最多再生回数を誇る「30days Speed Shred」

Hidenoriさん

出典:https://www.youtube.com/watch?v=vJSWINapBJk

滑らかな指使いでスケールを駆使し、タッピングやスウィープなど高度なギターテクニックを惜しみもなく披露していきます。さらに、1音1音潰れずにハッキリと出ていることからも、彼の実力の高さがうかがえます。

上記動画を見て、ギターを弾いている方は「Hidenoriさんみたいに上手くなりたい!」、ギターを弾いたことがない方は「ギター始めてみようかな?」と感じたのではないでしょうか?

そんなギターに興味津々なみなさんにぜひ見ていただきたい動画あります。それは、Hidenoriさんのギター講座動画です!

Hidenoriさんのギター講座動画「運指の練習」

突然ですが、みなさんは「運指」をご存知でしょうか?「運指」とは、左指を滑らかに動かすためのギターの基礎練習です。

【ギターレッスン】運指の練習その1【左手】

「運指」は、速弾きに欠かせない大切な練習なのですが、間違った方法だと下手になってしまいます。逆に、正しい方法だとめちゃくちゃ上手になれます

「じゃあ、正しい運指の練習方法って、なに?」…その答えは、こちらのギター講座動画で知ることができます!

Hidenoriさん

出典:https://www.youtube.com/watch?v=O2QoJ-fPUF8

Hidenoriさんいわく、「運指」はネック板に左指を付けず、浮いた状態で指1本1本動かした方が良いとのこと。

試しに、ティッシュ箱やテーブルの上で、左指を置いた状態と指を浮かした状態それぞれで指1本連打してみてください。

どうでしたか?置いた状態よりも浮いた状態の方が連打しやすかったのではないでしょうか?

Hidenoriさんのギター講座動画「ピッキングの真実」

みなさんの中には、「右手のピッキングを速くできない…、どうしてだろう?」と悩んでいる方がいらっしゃるかと思います。

【ギターレッスン】ピッキングの真実【右手】

そんな方にぜひ見ていただきたいのが、「ピッキングの真実」。「真実も何も、ピッキングってリラックスしていれば良いんじゃないの?」…実は、違うのです!

Hidenoriさん

出典:https://www.youtube.com/watch?v=80ThiZyaFUw

Hidenoriさんは、ピッキングは、リラックスして手首だけを動かすより、グッと力を入れて筋肉反射を利用した方が速くできると説明しています。

筋肉反射を利用して弾けるようになれば、その感覚を身体が覚えてくれるので、結果的にリラックスしても大丈夫になるとのこと!詳しくは、動画を見てみてくださいね。

最終目標は、Hidenoriさんのオリジナル曲の完コピ!

ギターを弾く上での右手と左手の大切さや、正しい練習方法が分かったら、Hidenoriさんのオリジナル曲の完コピを目指してみましょう!

Hidenori-Tranquilizer (Guitar Idol 4 Entry)

こちらは、「Guitar Idol」という世界各国の凄腕ギタリストが集う大会にエントリーした「Tranquilizer」。さすが「Guitar Idol」にエントリーしただけあって、高次元のギターサントラに仕上がっています!

Hidenoriさん

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Jf_soKVFWFg

動画には、Hidenoriさんの手にアップになるシーンがたっぷり収録されています。そのネック板を滑るような美しい指使いに、思わずうっとりしてしまいます。

ツイッターでは、日本国内外から賞賛する声があがっており、中には「Tranquilizerの音が素晴らしいよ!」と絶賛している外国人の方も!

この記事を読んでHidenoriさんの凄腕ギターに触れた方は、ぜひ彼のギター講座動画やギター動画を見てみてください。そして、コピーしてみてください!きっと、今よりもっとギターが上手になるはずですよ!