2016年11月23日に発売された大人気ロックバンド・RADWIMPSの最新アルバムに収録されている『週刊少年ジャンプ』のMVが限定公開されました。その内容に「良すぎる」「感動した」とネットは話題となっています。今回はそのMVを紹介します!

RADWIMPS×週刊少年ジャンプ、コラボMVが公開

先月1月24日には『いいんですか?2017ver』を公開するなど、最近精力的に活動している大人気ロックバンド・RADWIMPS。2016年は楽曲を担当した映画『君の名は。』が大ヒットし、その勢いは留まることをしりません

週刊少年ジャンプ RADWIMPS MV

そんなRADWIMPSが今回、最新アルバム『人間開花』に収録されている『週刊少年ジャンプ』のMVを5月10日までの期間限定公開しました

早速ですが内容を見ていきたいと思います。ただ、一部連載作品のネタバレになってしまうかもしれないのでご注意ください

RADWIMPS『週刊少年ジャンプ』のMVが限定公開!その内容が泣ける

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ZwzPd9UbitE

この楽曲はアルバム収録内容発表時からTwitterでトレンド入りするなど話題になっていた曲です。タイトルからも「アップテンポで明るく元気な曲ではないか」と予想されるなどしていましたが、実際はしっとりとしたバラード曲でそのギャップもまた反響を呼びました

そのしっとりとした曲調にとてもマッチした、白背景に歌詞が浮かび上がる形でMVはスタートします。

RADWIMPS『週刊少年ジャンプ』のMVが限定公開!その内容が泣ける

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ZwzPd9UbitE

そして曲が進むにつれて現れるのは、現在本誌でも連載されているマンガの名シーンの数々です。

ONE OIECE』から、ルフィとサンジの絆を感じるシーン。現在連載中なだけに今後の展開がとても気になりますし、このシーンを読んだ時はとても悲しくなったのを覚えています。

RADWIMPS『週刊少年ジャンプ』のMVが限定公開!その内容が泣ける

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ZwzPd9UbitE

ハイキュー!!』から、春高をかけた県大会決勝・烏野高校VS白鳥沢高校の名シーンです。

この烏養コーチのセリフには裏話がありまして、アニメで同役の声優を務められていた故・田中一成さんの生前最後のセリフだったのです。生前最後のセリフがチーム全員を鼓舞する大声量だったということに、ネットでも話題となったこのシーンを、MV内で使ってくるあたり泣かせてきます。

RADWIMPS『週刊少年ジャンプ』のMVが限定公開!その内容が泣ける

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ZwzPd9UbitE

銀魂』から、カッコいい銀さんが印象的なこのシーン。ここでは歌詞とのマッチが素晴らしく、感動がとまりません。

RADWIMPS『週刊少年ジャンプ』のMVが限定公開!その内容が泣ける

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ZwzPd9UbitE

最後に出てくるシーンはやはり『ONE PIECE』から。エニエス・ロビー編でロビンに言い放った「生きたいと言え!」のように、ルフィは各話で仲間に名言を送りますが、このシーンはそれらに匹敵するところです。

RADWIMPS『週刊少年ジャンプ』のMVが限定公開!その内容が泣ける

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ZwzPd9UbitE

そして最後は、現在連載中のマンガのキャラクターが勢ぞろい。なんという豪華で感動的なMVなの…。

メンバー自身「週刊少年ジャンプ」を愛読し育ててもらったという気持ちがあり、その気持ちを綴ったこの楽曲を聴いた「週刊少年ジャンプ」スタッフも感銘を受けたことが、このコラボレーションに繋がったとのこと。

Twitterでもみなさん一様に「素晴らしい」「鳥肌がたつ」など好評価!実際筆者は感動しすぎて、何回も見てしまってます。

週刊少年ジャンプファンの人はもちろんのこと、そうでない人でも数々の名作とRADWIMPSのこのコラボ感動すること間違いなしですので、ぜひご覧ください!5月10日までの限定公開ということもあり、何回も見て記憶しちゃいましょう!

RADWIMPSの活動は2017年になっても絶好調!

2017年もRADWIMPSはとまりませんよ!

2月22日にはなんと、『君の名は。』と『人間開花』のアナログ盤(レコード)が発売予定

また、北米での映画公開を記念して、主題歌4曲が英語詞になって配信されたり、英語詞バージョンの『君の名は。』も上映されます。

ツアーも始まったりと、2017年もRADWIMPSから目が離せませんね!