このエントリーをはてなブックマークに追加
2007年にニコニコ動画にて歌い手デビューを果たしたピコさん。彼は男声と女声の両方を歌いこなすことができる「両声類」として絶大な人気を誇ります!今回は、そんなピコさんの人気曲や赤飯さんとのコラボをご紹介していきたいと思います!

両声類の火付け役!ピコさんって、どんなひと?

2007年よりニコニコ動画にて歌ってみた動画を投稿している人気歌い手ピコさん。イケメンな上に歌が上手いことから人気を博し、2017年1月現在、動画累計再生数が978万回を突破!2010年10月にはメジャーデビューを果たしました!

そんな絶大な人気を誇るピコさんの最大の持ち味は、男声・女声それぞれの声色を歌いこなせることです。今やニコニコ動画ユーザーなら一度は聞いたことがある「両声類」という言葉の火付け役でもあります!

先ほどご紹介したように、端正なルックスを兼ね備えているピコさん。カッコイイだけにはとどまらず、時には女装をして女性らしく、時にはSNOWでツルツルおじさんにもなっちゃいます!

そしてピコさんは歌い手活動だけではなく、舞台俳優としても活動されています。舞台「ロードス島戦記」では、主人公の幼馴染「エト」を演じられています。アー写もまたステキで惚れ惚れしてしまいますね!

ピコさんの人気歌ってみた動画3選!

ピコさんがどんなひとか分かったところで、彼の人気歌ってみた動画を3つご紹介していきたいと思います!どれもピコさんの魅力が爆発している作品なので、みなさん要チェックですよ!

-Just Be Friends-うたってみた【ピコ】

1作品目は、ボカロP「Dixie Flatline」さんが手掛けた「Just Be Friends」の歌ってみた動画。こちらでは、ピコさんの「両声類」と呼ばれる女声をたっぷり堪能できます!

ピコさん

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm9533221

キレイなお姉さんを彷彿とさせるピコさんの女声によって、「Just Be Friends」が彩られています。サビでは、切ないながらも力強い歌声を響かせ、曲は最高潮を迎えていきます。

-Hope-Despair-うたってみた【ピコ】

2作目は、ボカロP「ゆよゆっぺ」さんが手掛けた「Hope」の歌ってみた動画。前作とは打って変わって低音ボイスでカッコよく歌いこなされています!

ピコさん

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm6764367

A・Bメロでは囁くように歌われているのですが、サビに突入すると感情を爆発させ、別人のように変幻します!このように、表現力が高いところもピコさんの魅力の1つではないでしょうか?

初音ミク-恋は戦争-うたってみたァアアアアアアアッ!!!【ピコ】

最後は、ボカロP「ryo」さんが手掛けた「恋は戦争」の歌ってみた動画。こちらでは、男声と女声の両方が融合されている作品となっています!

ピコさん

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm2515570

そして何と言ってもこちらの作品は、盛り上がりがハンパありません!みてください、上記画像を!ピコさんが「ああああああ」と歌い叫ぶシーンで、ファンのみなさんも同じようにコメントで叫び、画面が見えなくなっています!

ピコさんと赤飯さんのユニット「赤ピコ飯まー☆」も人気!

ピコさんは、人気歌い手「赤飯」さんとコラボユニットを組んでおり、その名も「赤ピコ飯まー☆(あかぴこはんまー)」と言います!

【赤飯×ピコ】magnet歌いました【赤ピコ飯まー☆】

こちらは、「赤ピコ飯まー☆」の1番人気を誇る歌ってみた動画である「magnet」

ピコさん

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm7862473

曲前半はかっこいいイケボ男声を響かせ…

ピコさん

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm7862473

曲後半では女の子顔負けのかわい〜い女声を響かせます!

ピコさん

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm7862473

そして終盤では、赤飯さんがピコさんに引っ付いて歌うシーンや、エヴァンゲリオンの声真似シーンが収録されています!

これからもピコさんから目が離せません!

歌声だけではなく、ルックスに至るまで男性らしさと女性らしさを兼ね備えているピコさん。多方面から魅力を溢れ出している彼は、これからもたくさんの人々を魅了していくことでしょう。

そんな多才なピコさんは、気取ることなく、ファンとの距離を大切にしている一面があります。その証拠に、彼のツイッターにはリハの様子や…

ファンへの感謝の気持が頻繁にツイートされています!歌い手にライブ、舞台など多忙な毎日を送っているなか、このようにマメに更新してくれるのは、ファンへの愛があってこそではないでしょうか?

この記事を読んでピコさんのことが少しでも気になった方は、ぜひこれからも彼をチェックしてみてくださいね!