ニコニコ動画に替え歌動画を投稿している歌い手トモナシさん。「友だちの少なさ」や「歌唱力の低さ」をネタにした自虐的な替え歌が面白く、高い人気を集めています。「底辺の王=底王」とも呼ばれるトモナシさんの「歌ってみた」のなかから、特におすすめの動画をご紹介します!

ニコニコ動画の「底王」ことトモナシさんとは?

トモナシさんは、ニコニコ動画に「歌ってみた」動画を投稿している男性歌い手です。「友だちの少なさ」や「歌唱力の低さ」など、自虐ネタを盛り込んだ替え歌で人気を博しています。

【替え歌】 「伸びぬラリアット」 を歌ってみた 【トモナシ】

トモナシさんの存在を一躍有名にしたのが、2009年2月に投稿された『伸びぬラリアット』という「歌ってみた」動画。アゴアニキPの名曲『ダブルラリアット』を、「自称・底辺歌い手」の立場から替え歌にしたものです!

確かに、出だしから盛大に音程を外していて不安を掻き立てられます……!

『伸びぬラリアット』

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm6169650

歌詞には「再生250でさえも この手じゃ届かない」、「再生6300ヒットは もはや都市伝説」とあるのですが……実際の再生数を見てビックリ!なんと、52万回再生に達しているではありませんか!

そう、トモナシさんはただの「底辺」ではなく「底辺の王」、略して「底王」なのです。

トモナシさんの替え歌動画が人気を獲得した理由として挙げられるのが、秀逸な歌詞。ネガティブな歌詞ではあるのですが、クスリと笑えるセンスが光っているんです。筆者も含めたいわゆる「非リア充」の人々にとっては共感できる部分が多々あり、謎の感動を引き起こすと評判になっています!

「トモナシ=友だちがいない」全ての人に捧ぐ自虐ネタ

名前からもわかる通り、トモナシさんは「友だちがいない」ことをネタにした動画を多数投稿しています。

【替え歌】 「ダメオとシンデレラ」 を歌ってみた 【トモナシ】

dorikoさん作の超人気曲『ロミオとシンデレラ』は、『ダメオとシンデレラ』にアレンジされました。

友だちがいない「ダメオ」な主人公について歌ったこの替え歌は視聴者から共感を集め、投稿から2か月足らずで再生数10万回を突破!今では34万回再生を超える人気動画になっています。

『ダメオとシンデレラ』

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm7061272

「鐘が鳴り響くシンデレラ」というオリジナルのかわいい歌詞は、「社会的にほぼ死んでれら」にチェンジ。言葉選びのセンスがありすぎて、尊敬の念が湧いてきました。

【替え歌】 「二次元桜」 を歌ってみた

二次元桜』は、ボカロの代表曲ともいえる黒うさPの『千本桜』を替え歌にした一曲。プライベートの都合でしばらく「歌ってみた」動画を投稿していなかったトモナシさんが、2012年3月に約9か月のブランクを経て投稿した動画です。

『二次元桜』

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm17304695

二次元の嫁への愛を貫く、「リアルじゃ友無し」な「変態紳士」の生き様を歌っています。

三次元に逃げるヤツは甘え!」というトモナシさんの言葉に全力同意する視聴者も多く、各々の二次元の嫁への愛のコメントで溢れているのが楽しいです!動画の再生数は優に51万回を超えています。

【替え歌】 「1/3のコミュ障な感情」 を歌ってみた

『二次元桜』からまた9か月半ほど空けて投稿された、『1/3のコミュ障な感情』。SIAM SHADEのヒット曲『1/3の純情な感情』をもじって「コミュ障」な自分を自虐した歌詞に、「わかりすぎて辛い」という共感の声が後を絶ちません。

『1/3のコミュ障な感情』

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm19750465

サビの「I love you さえ言えないでいる」は、「I love you」どころか「挨拶さえ言えないでいる」という歌詞に変更。オリジナルの歌詞の語感を残しつつ、面白い歌詞に変えてしまうトモナシさんはさすがです!

recogさんとのコラボも!「底辺歌い手」にまつわる替え歌

「自称・底辺歌い手」のトモナシさんは、歌い手としての苦悩を替え歌にした動画も人気です!

【替え歌】 「底でうpの消失」 を歌ってみた 【トモナシ】

早口言葉のような歌詞で有名な暴走Pの『初音ミクの消失』の替え歌、 その名も『底でうpの消失』です。序盤から早くもスピードに付いていけなくなるトモナシさんに、視聴者も「頑張れ!」という声援を送ります。

『底でうpの消失』

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm8356896

ボクガ上手ク歌エナイトキモ マイリスシテクレタ……」と、「底辺歌い手」ならではの悲哀を歌詞に詰め込んでいくトモナシさん。最後にはその悲しみを振り切るように、魂のこもった早口言葉を披露します!トモナシさんの歌声のあまりの熱さに、あれ……目から汗が……。

【magnet替え歌】 magneta 【トモナシ x recog】

magneta』では、同じくネタ系の替え歌で有名な歌い手recogさんとコラボしています。オリジナルは、流星Pの有名曲『magnet』。コラボをすることで「トモナシ」から急遽「トモアリ」になったわけですが、意外にも(?)息がぴったりの歌声を聴かせてくれています。

『magneta』

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm12288384

替えさせてほしい 歌わせてほしい」……という、替え歌にまつわる切実な思いを歌に乗せる2人。

歌詞では「歌い手と呼ばれなくていい」と自虐していますが、クオリティが高すぎるこの動画は再生数57万回を超える人気を誇っています!

【初音ミク】 口内炎 【オリジナル曲】

なんと、トモナシさんは「平沢P」という名前でボカロPとしてもデビューしています(P名は大好きな『けいおん!』の平沢唯ちゃんからとっているようです)。DTMに触り始めてからわずか3か月ほどで投稿した、トモナシさんの初音ミクオリジナル曲がこの『口内炎』です。

『口内炎』

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm11785479

予想外にしっかりと調教できているかと思いきや、「ビタミンC」を「ビタミンすぃー」と発音するミク。そこから先は音程も迷子になり、「ミクまで音痴になっている」という腹筋崩壊モノのネタを視聴者に提供してくれたのでした。

しかし、楽曲自体はとても癖になる美しいメロディのように感じるのは気のせいでしょうか!?

これからもまだまだトモナシさんの歌が聴きたい!

ニコニコ動画の「底王」として、自虐ネタの替え歌動画で楽しませてくれるトモナシさん。

【替え歌】 「厭厭厭世」を歌ってみた

最近は活動が不定期になっていますが、2016年10月にはRADWIMPSの『前前前世』の替え歌『厭厭厭世』を投稿しています。

「コミュ障」について歌った歌詞は相変わらずキレキレで、初期の動画と比べると歌唱力も格段に高くなっているのがわかりますね!

『厭厭厭世』

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm29750812

久しぶりの動画には「待ってた!」というファンのコメントが溢れており、言うまでもないことではありますが、トモナシさんはもはや「底辺歌い手」とは決して呼べない存在になっています!

トモナシさんの替え歌動画の投稿をこれからも楽しみに待ちましょう

トップ画像出典http://www.nicovideo.jp/watch/sm12288384
シェア
ヒトミ
美味しいご飯で美味しいお酒を飲むのが趣味。