このエントリーをはてなブックマークに追加
みなさんは可愛い声の歌い手さんは好きですか?筆者は大好きです。ここではそんな声フェチの人のために、とびきり可愛い歌声を持つ歌い手・妃苺(きいちご)さんの歌ってみたを紹介します。きっとあなたも彼女の歌声のとりこになること間違いなしですよ!

脳が溶けちゃう可愛さ!歌い手・妃苺

2011年4月18日に初めてニコニコ動画に歌ってみたを投稿した妃苺さん。それ以降5年半かけて59本の歌ってみたを投稿し、多くのファンを獲得してきました。その魅力は何と言っても「可愛い声」。ここではそんな妃苺さんの歌ってみたを紹介します。

妃苺さんは愛知県出身のB型、8月23日生まれ成人済みの大人の女性です。ニックネームは「きいちゃん」、ファンからは「きいさま」とも呼ばれています。

同人CDのボーカルなどで活動しているほか、キャラボイス、ナレーション、ライブ出演などの声に関する仕事についても募集中だそうです。

そんな妃苺さんがソーシャルサウンドシェアサービス「TmBox」を通じて2016年12月12日に投稿した音源がこちらの「おねがいダーリン」です。オリジナルは岩見陸/ナナホシ管弦楽団さんがボカロIAちゃんの妹分として製作された「ONE -ARIA ON THE PLANETES-」の公式デモとして作った曲でした。

この曲は随所に台詞が入っているのですが、さすがは声の仕事を募集するだけあって噛んだりすることなく見事に発声しきっています。しかもツンデレの演技まで入れてくるので、聴いた人たちはすっかりメロメロ。

何を隠そう筆者もその一人です。可愛すぎて脳が溶けそうです(真顔)さらには歌もしっかり上手いんですよ?どうなってんだ……。

【マクロスF】虹いろクマクマ を歌ってみた!*【妃苺】

しかし妃苺さんも初めから歌がうまかったわけではありません。こちらは初投稿動画です。曲はアニメ『劇場版マクロスF』の主要キャラクター、ランカ・リーちゃん(CV:中島愛さん)の歌う「虹いろクマクマ」。声の可愛さメーターはこの時から振り切れていますが、音程にはややふらつきがあります。

【ガーリッシュナンバー OP】Bloom を歌ってみた*妃苺

「おねがいダーリン」と聴き比べてもらってもその差は歴然としていますが、もっとわかりやすいのは2016年12月6日にニコニコ動画に投稿された、こちらの動画。曲はアニメ『ガーリッシュナンバー』のオープニング「Bloom」です。

高音でも音程がぶれず、しっかり最後まで歌いきっています。5年間で60本近くの歌ってみたを投稿してきただけあって、確実に歌唱力がアップしているんです。この声の可愛さで、この歌の上手さは声フェチの筆者としては最強クラスです。なんで今まで聴いて来なかったんだ……。

「あれ?本物?」上手すぎるアニソン歌ってみた3選

もっと!もっと聴きたい!ということで妃苺さんのアニソン歌ってみたからオススメの動画を3本紹介していきます。

ここで紹介する3本は特に本物と間違うレベルに上手いものだけを選びました。オリジナル曲を知らない人も、ぜひiTunesの試聴音源などと聴き比べてみてください。

【俺ガイル 続OP】春擬き を歌ってみた*妃苺

1本目はアニメ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続』のオープニングで、元歌い手のシンガーソングライター・やなぎやぎさんが歌っている「春擬き」の歌ってみたです。

筆者はこのアニメが好きで、この曲もよく耳にしていましたが、最初「ん?これほんとに妃苺さん?」と疑ってしまいました、だってほんとに本物そっくりなんですもの。

妃苺さんの「春擬き」

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm26449687

歌い手からプロの歌手になったほどの実力を持つやなぎやぎさんと、何の違和感もないほど同じ歌い方ができるなんて妃苺さんすごすぎる!そして2015年6月に投稿されたこの動画が、まだ2.5万回程度しか再生されてないなんておかしすぎる。

これほど「もっと評価されるべき」タグの似合う動画はないのではないでしょうか。

【世界征服OP】Be mine! を歌ってみた*妃苺

2本目はアニメ『世界征服〜謀略のズヴィズダー〜』のオープニングで、歌唱力に定評のある声優・坂本真綾さんの「Be mine!」の歌ってみたです。

妃苺さんが主コメでも書いているように、この曲はリズム・音域、さらには歌詞の発音が難しく、かなり難易度が高めの曲です。にもかかわらず、妃苺さんの歌ってみたは最後まで安心して聴かせてくれるんです。

妃苺さんの「Be Mine!」

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm22903232

しかし再生回数は2014年2月に投稿されて2.7万回程度。コメントにある通り、この上手さでこの再生回数は割に合いません。あんまりにも完成度が高すぎて、初めて聴いた人は「なんだ無断転載か」と思ってしまうのかも。それくらい妃苺さんのアニソン歌ってみたの完成度は高いです。

【弱虫ペダル】恋のヒメヒメぺったんこ を歌ってみた*妃苺

最後はここで紹介するのをためらうほどマニアックな歌詞とメロディのこちらの歌ってみたです。

曲は自転車ロードレースアニメ『弱虫ペダル』に登場する架空のアニメ「ラブ☆ヒメ」のヒロイン・姫野湖鳥ちゃん(CV:田村ゆかりさん)の「恋のヒメヒメぺったんこ」。この歌ってみたを聴くと、妃苺さんの「上手さ」の引き出しの多さが実感できます。

妃苺さんの「恋のヒメヒメぺったんこ」

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm23363222

本家の田村さんは、デビュー当時声優の仕事よりも歌手としての仕事の方が多かったというほどの歌唱力の持ち主。「恋のヒメヒメぺったんこ」はその彼女だからこそ歌える難易度の高い楽曲です。しかし妃苺さんはこれを見事に自分のものにしてしまっています。そして、何より、可愛い!

ちなみに2014年9月時点で4万回、現在は6.5万回弱と妃苺さんの動画の中で最も再生されている歌ってみたとなっています。ニコニコユーザーも妃苺さんの可愛さにメロメロってことだな。

ボカロ曲もうま可愛い!おすすめ歌ってみた3選

妃苺さんのアニソン歌ってみたは本家と聴き間違えるほどのクオリティですが、ボカロ曲の歌ってみたもばっちり歌いこなしています。次は妃苺さんのボカロ曲歌ってみたから、おすすめの3本を紹介します。

セツナトリップ を歌ってみた*妃苺

1本目は人気ボカロP・Last Note.さんの超人気曲「セツナトリップ」の歌ってみたです。2012年5月に投稿された本家は現在再生回数390万回以上という、バケモノ級のヒット作。

妃苺さんはこの曲が投稿されたわずか8日後に歌ってみたを投稿しています。まだ荒削りな頃のボーカルですが、オリジナルの可愛さがたっぷり出ています。

妃苺さんの「セツナトリップ」

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm17796721

そして「セツナトリップ」と言えばやっぱり「あ゛ー!もーっ!ギターッ!!」の台詞。さすが妃苺さん、主人公の女の子の苛立ちを表現しつつ、ばっちり可愛く叫んでいます。これだけでも一聴の価値ありですよ。それにしても再生回数が4700回弱とは……なぜだ!

金曜日のおはよう を歌ってみた*妃苺

2本目はクリエイターユニット「HoneyWorks」の告白実行委員会シリーズから「金曜日のおはよう」の歌ってみたです。

電車通学で見かける女の子に恋をした男の子のもどかしい恋心を描いたキュンキュンソングですが、妃苺さんが歌うと主人公の男の子どころじゃなくなってこっちが妃苺さんに恋しちゃいます。

妃苺さんの「金曜日のおはよう」

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm23929788

筆者が個人的に好きなのは3分ごろからのこの部分。ささやくように歌う妃苺さんの歌声に、耳が幸せになりすぎて自然と顔がにやけてしまいます。にもかかわらず再生回数は4200回弱。なんでやねん!

オツキミリサイタル を歌ってみた*妃苺

3本目は「カゲロウプロジェクト」で絶大な人気を誇るボカロP・じん(自然の敵P) さん「オツキミリサイタル」の歌ってみた。ネガティブな男の子を元気一杯引っ張っていくヒロインの歌で、それに合わせて元気一杯に歌う妃苺さんが可愛すぎる歌ってみたになっています。

妃苺さんの「オツキミリサイタル」

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm27065581

特に後半の畳み掛けていく部分は、妃苺さんのキレイな高音がたっぷり発揮されています。しかし、再生回数は3000回足らずと妃苺さんの動画の中でも少ない方。確かにじん(自然の敵P) さんの楽曲は他の歌い手さんも大勢歌っていますが、それにしてももっと伸びていいと思います。みなさんもぜひ聴いて再生回数を伸ばしましょう!

ユニット活動も可愛い!今後の妃苺に乞うご期待

こんなに歌が上手くて声も可愛い妃苺さんですが、同じく歌い手さんの「まめ乃」さんとともに「まめいちご」というユニット活動も展開しています。

こちらはまめいちごが初めて作った全12曲入りのフルアルバム。オリジナル曲も多く、聴き応え抜群の1枚になっています。そして何より「妃苺さんの可愛さ+まめ乃さんの可愛さ=最強可愛い」の構図が出来上がっているんです。このアルバムは欲しいぞ!

ここまで読んでいただいた方にはすでに妃苺さんの上手さと可愛さを十分わかってもらえたと思います。しかし妃苺さんはまだまだ多くの人に知られていない、「これからの歌い手さん」なんです。

「まめいちご」のユニット活動も含め積極的に応援して、彼女を人気歌い手に押し上げましょう!