Home アプリ・サービス パーティで盛り上がる!最新...

パーティで盛り上がる!最新「罰ゲーム」と無料アプリ3選をご紹介!

a0002_006697_m
みんなで家パーティー!ご飯を食べて、ゲームして、ふざけあって、超盛り上がりますよね!しかしここで一つ提案が。そこにもし「罰ゲーム」が加わったら、もっと盛り上がると思いませんか?ポッキーゲームや一発芸などの王道も良いですが、意外と奥が深い罰ゲームの世界。今話題の「罰ゲーム」から、ワンクリックで入手できる「罰ゲーム」アプリ、皆様にご紹介します!

罰ゲームって意外に身近な存在なんです

集団の待ち合わせに遅刻してしまったとき、ちょっとしたなにかやらかしてしまったとき、「許してあげるからその代わりに…」といって、罰ゲームを要求された経験はありませんか?

しかし、「罰ゲーム」と言われてパッと頭に浮かぶものと言えば一発芸ポッキーゲームなどといった極めてオーソドックスなもの。

王道であるがゆえに罰ゲームに困った時はこの二つをとりあえず命令すればまず間違いありません。しかし、たまには新鮮な気持ちで新しい罰ゲームを試してみてはいかがでしょうか?

というわけで、この記事では前半部分に罰ゲームそのものを、後半部分には罰ゲームアプリなるものをご紹介いたします!

「罰ゲーム考案委員会」って知ってる?

こちらのツイートで爆発的にフォロワーを増やした「罰ゲーム考案委員会」。一風変わった罰ゲームを淡々とツイートしているアカウントです。

文章そのものを読んだだけでも思わず笑ってしまうような罰ゲームの数々。しかし、これらの多くは実際に実行するとなるとかなりハードルの高いものであるように思えますが…

なんと、この罰ゲームを「実際にやってみた」という人たちが続々とツイッターに登場していました!

最初の部分は省略されていますが「馬っ鹿野郎!そいつがルパンだ!!」のキレが半端じゃないです。そして、何より最後の店員さんの唖然とした顔、じわじわ笑えます…。

こちらの罰ゲームでは味もお値段も、コンビニアイスクリーム界の帝王であるハーゲンダッツを温める猛者が現れました!

アイスクリームを温めて溶かしてしまっては、もはやそれはアイスではなくただの液体では…なんて野暮なコメントはいったん忘れましょう。相変わらず、店員さんがいい味出してます。

なお、罰ゲーム考案委員会のアカウントも直接注意喚起をされていますが、周りを巻き込んだ罰ゲームを決行する際はくれぐれも人様のご迷惑にならないようにご注意ください!

困った時のスマホアプリ!罰ゲームを教えて!

人気罰ゲーム提案アカウントのツイート、そしてそれらを「やってみた」動画をご紹介してまいりましたが、実際のところ、かなりの勇気と気合を要するため。汎用性が高いかといわれると難しいところですよね。

でも、罰ゲームなんてポンポン思いつかない…そんな皆様に朗報です。なんと、罰ゲームを決めてくれるアプリがあるんです!これさえあれば「何のゲームをしようか?」「どんな罰ゲームにしようか?」と悩む必要もありません!

「むちゃぶり」

まずはじめにご紹介するのはこちらの「むちゃぶり」という罰ゲームアプリです!

名前の通り「これ、お願いします!」と言わんばかりにありとあらゆる無茶ぶりを振ってくれるアプリです♪むちゃぶりで誰かに命令するのは、癖になってしまいそうですが、果たして…

ここで私も実に際ダウンロードしてみましたので、実際のアプリの操作画面のスクリーンショットと併せてご紹介していきますよ!

image1

出典:ライター撮影

むちゃぶり、スタート!

image2

出典:ライター撮影

というわけで、楽しい罰ゲームのアレやソレを始める前にまずはアプリの設定から始めましょう。「参加者設定」と「むちゃぶり設定」の二つの項目がありますが、まずは後者を選択し、むちゃぶりの内容を決めます。

image4

出典:ライター撮影

実はアプリをダウンロードした時点ですでにたくさん罰ゲームが用意されているんです!これだけでも十分数があるのであえて追加するべく頭を捻る必要もありませんが、リクエストがあれば、右上➕ボタンから追加しちゃいましょう♪

ちなみにデフォルトで用意されたものでも、いやなむちゃぶりは編集ボタンを押せば消すこともできるのでどうかご安心ください。

image5

出典:ライター撮影

そしてお次は参加者設定を!デフォルトとしては全員、男性陣、女性陣の3種類が用意されています。もちろん、ここでも自分たちのゲームの都合に合わせて設定を変更することができます。

「女性陣」「男性陣」といった集団の括りを削除し、ひとつひとつにそれぞれ参加者個人の名前を入れていくことも可能です。使いやすくてありがたい!ちなみに、右上の+ボタンを押すとカメラが起動し、顔写真付を添えることもできますよ!

image6

出典:ライター撮影

さて、参加者の名前を入力したら設定終了。お待たせしました、ようやくゲームが始められますよ!

image7

出典:ライター撮影

肝心の使い方はとっても簡単。真ん中の3人を順にタッチすると、「誰が」「誰に」「何を」するかの指示が出ます。これだけです!

そのむちゃぶり罰ゲームを行っている間にその様子を撮影する機能も付いていますね!後日、本人に直接見せるのもよし、ネタにして他の人に見せびらかすのもよし。あなた次第です!

「みんな大好き罰ゲーム」

そして、これ以外にも色々ネタ提供してくれる罰ゲームアプリ。「みんな大好き罰ゲーム」を私もダウンロードしてみました!では、ご紹介します。

1image1

出典:ライター撮影

操作は極めて簡単。罰ゲームをすることになってしまった人は、気になるガチャガチャをタッチするだけ!

2image2

出典:ライター撮影

こんな命令が出たり、

3image3

出典:ライター撮影

こんなものだったり、

4image4

出典:ライター撮影

こんな命令だってされちゃいます。ネタが本当に豊富で、きっと笑いがつきませんよ♪

「BatuJen」

最後はこちら。「BatuJen」は、アプリ上でジェンガをプレイすることができて、また、そのジェンガに負けた人には罰ゲームを課せられるという1度で2度おいしい、優秀なアプリです。

ジェンガをやると前準備から後片付けまでとにかく大変で、片付けが罰ゲームとして課せられることもしばしば。その点、こちらはアプリ上なのでストレスフリーに遊べちゃいますよ!

image7

出典:ライター撮影

体験版は無料なのでサクっとダウンロードしてしまいましょう。お試し版、ということで広告が多いのが若干気になりますが、無料だから仕方ない!むしろありがたい!ということでこちらもご説明いたしますね。

image8

出典:ライター撮影

まず、はじめる前にゲーム終了後の罰ゲームの有無を選べます。この記事を読んでくれている皆様ならば、ぜひとも「アリ」を選びましょう!

image9

出典:ライター撮影

ちなみに、こちらもありがたいことに、デフォルトで罰ゲームはすでにたくさん入っています!

image10

出典:ライター撮影

ストッキングを被る!よく芸人さんがやるような罰ゲームです。適度に恥ずかしくて、且つ、ストッキングさえあればすぐにできてしまうので良いですね~。

このアプリは罰ゲームを選ぶことができます。ランダムにして何が出る方わからないドキドキ感も、味わいたいですね!

image11

出典:ライター撮影

罰ゲームを選んだら、ゲームスタート!結構倒れないように場所を選んでいくのが、難しいです…

image12

出典:ライター撮影

倒れてしまった!そんなあなたには、一発芸をするという罰ゲームが下されました!披露できないそんなあなたを待ちうけているのは…しっぺ。最後までとにかく優しいアプリです。おすすめ!

アプリで簡単に、盛り上ろう!

冬休みやら忘年会やら親戚の集まりやら、年末年始にかけて人と集まる機会がこれからどんどん増えていくことかと思います。そんな時こそ、是非この記事でご紹介した罰ゲームたちの出番です!

時、場所、人を選ばず、ほぼ手ぶらの状態でいつでもどこでも楽しむことができますよ。ぜひともこれらの罰ゲームで場を最高に盛り上げちゃってください!