スイーツ(笑)Pこと19 -iku-の「泣ける」初音ミク曲を紹介!

19さんの『Tears In Blue』の初音ミクちゃん。

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm2312850

みなさんはボカロP・スイーツ(笑)Pとして活動する19-iku-さんというアーティストを知っているでしょうか。彼の楽曲は感動的なストーリー性が特徴で、これまで多くのリスナーたちを涙させてきました。ここではそんな彼の代表曲と人気曲を紹介していきます。

スイーツ(笑)Pこと19-iku-ってどんなボカロP?

スイーツ(笑)Pこと19-iku-さん(以下、19さん)はマイリストに登録されているオリジナル曲である24曲中15曲が殿堂入り曲という、超高打率のヒットメーカーです。ここではこの19さんの楽曲の特徴を解説しながら、代表曲と人気曲を紹介します。

19さんは2007年12月28日に投稿した「【初音ミク】First Sound Story#002 『Voice』」でボカロPとしての活動を開始。これまでに1stミニアルバム『First Sound Story』と2ndアルバム『キミとボク、まわるセカイ。』の2枚のオリジナルアルバムの他、アーティストへの楽曲提供も行っています。

【初音ミク】サワーグレープ【オリジナル曲PV】


2016年10月現在の最新作がこちらの「サワーグレープ」。苦しい現実世界を疎ましく思いながらもジタバタと必死に生きていく「僕」の心情が、独特の言葉選びが光る歌詞とポップなメロディで描かれています。

19さんの最新作「サワーグレープ」のショッキングな世界観。

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm25777684

PVは多くの名作ボカロPV制作者と知られている大鳥さんが担当。思わず見入ってしまうようなハイクオリティな動画に仕上がっています。

本作品はシニカルな世界観ですが、19さんは初期作品ではポジティブで明るい世界観を丁寧に描いてきました。以下ではその代表作群であり、19さんの1stミニアルバムにもなった「First Sound Story」の6曲を紹介していきます。

代表作品群「First Sound Story」

「First Sound Story」シリーズで初めて投稿されたのは全6話のうち第2話なのですが、ここでは物語の時系列を優先して第1話から紹介していきます。

【初音ミク】First Sound Story#001 『Birth』


第1話は「Birth」。丁寧に調教されたミクの透き通った声と、さわやかなギターの音が耳に心地よい名曲で、再生回数は26万回を超えています。歌詞の内容はミクがこの世界に生まれるまでのストーリーを19さんが想像したものです。

ボーカロイド「初音ミク」は2007年8月31日に発売された製品である一方で、この曲は2008年の1月8日に投稿されています。

その意味でこの曲はボカロ曲における「原点」を19さん一流の想像力で歌ったものとも言えます。そう考えると、より一層感動的な一曲として聴くことができますね!

【初音ミク】First Sound Story#002 『Voice』


こちらが最初に投稿された第2話「Voice」です。この世界に生まれたミクが初めて恋に落ち、その切なさを知っていく様子をミクの視点から歌った一曲。少しずつ「人間味」を帯びてくるミクを丁寧に描いています。

思わず聴き入ってしまう完成度の「Voice」。

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm1879724

今聴いても圧倒的な完成度で、リスナーが思わずコメントするのを忘れるほど、聴き手を引き込む魅力を持っています。特にギターの旋律では19さんの魅力が遺憾なく発揮されています。

【初音ミク】First Sound Story#003 『メランコリー』


第3話がこちらの「メランコリー」。恋に落ちたミクが好きな人とメールや電話のやりとりをしながら一喜一憂する姿を、飛び跳ねるようなメロディとお得意のギターサウンドで表現した曲です。

特にイントロのギターソロが秀逸で、ずっと聴いていられるくらい心地よいのでぜひ聴いてみてください。もちろん恋を楽しむミクの姿がありありと浮かぶ歌詞も必見です。

【初音ミク】First Sound Story#004 『Tears In Blue』


こちらが第4話の「Tears In Blue」。恋という感情が「愛」に変わり、心から大切だと思える人に出会ったミクの心情を描いた曲です。

この曲単体でも感動できますが、ここまでの3曲を聴いているとミクの「心」の成長が見て取れて、なおさらグッときます。

「First Sound Story」の中でもこの「Tears In Blue」が一番という人もいるほど、根強い人気を持っている曲です。そのさわやかさにはきっと誰もがハマるはず。

【初音ミク】First Sound Story#005 『Dear』


第5話「Dear」は大切な人を失ってしまったミクの気持ちを描いた曲です。歌うことしかできないミクは愛した人の名前を呼び、この歌を歌います。「大好きな君」に届くようにと、その美しい声で……。

この曲は現在150万回以上再生されている超人気曲で、ストーリー性を評価されて小説化もされています。歌詞はもちろんですが、心にすっと入ってくるギターの音と、本当にミクに心が生まれているのかと思うほど丁寧に調教された繊細なボーカルが、涙腺をビシビシ刺激してくるんですよね……。これはマジで名曲です!

【初音ミク】First Sound Story#006 『Gratitude』


そして最終話となる第6話「Gratitude」につながっていきます。愛する人を失った悲しみを歌い続けていたミクの感情がGratitude=感謝に変わり、少しずつ前を向いて歩き始める。

そんな姿を描いた曲です。この曲まで一気に聴くと涙腺のHPは完全にゼロになるので悪しからず。

コメント非表示推奨の「Gratitude」。

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm3518066

この曲を聴くときの最大の注意点はコメントを非表示にすること。どうしてもいろいろな雑音が入ってくるので、きちんと作品世界を楽しみたい人は絶対にコメントを非表示にしてください。絶対にだ!

他にも泣ける曲がいっぱい!

19さんの名曲は「First Sound Story」シリーズだけではありません。シリーズ以外で特に聴いてほしい曲を3曲紹介します。

【初音ミク】キミとボク、まわるセカイ。【オリジナル曲PV】


こちらは2013年6月13日に投稿されて現在15万再生を超えている殿堂入り曲「キミとボク、まわるセカイ。」です。19さんのブログによればご自身のミクやボーカロイドへの想いを歌詞に込められたそうで、作詞中に何度も感極まって涙してしまったのだとか。

19さんの名曲「キミとボク、まわるセカイ。」

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm21028340

じっくり聴いていると19さんとミクが2人の想いを丁寧に伝え合っているようで、本当に素敵で涙が止まらなくなってしまいます。

そこに絵師たまさんの動画とピアニストのまらしぃさんのピアノ、アコギを担当したギタリスト・井草聖二さんのギター、ボカロPでありベーシストでもあるティッシュ姫さんの演奏が加わり、さらに感動が高まります。ぜひ一度じっくり聴いてみてください。

【初音ミク】不安定彼女【オリジナル曲PV】


こちらは打って変わってポップな曲調の「不安定彼女」。2012年3月26日に投稿されて現在約52万回再生されている、19さんの楽曲の中でも人気の高い曲です。

好きな人とのギクシャクした関係に胸を痛める少女の心情を歌った曲で、リスナーには共感して泣いてしまう人が続出しています。19さんの歌詞の繊細で的確な心情表現は、ライターとしてもちょっと嫉妬するくらいのセンスです。

各曲の歌詞は19さんのホームページで全て読むことできるので、こちらもぜひごらんください。

【初音ミク】ハイドアンド・シーク【オリジナル曲】


最後に紹介するのは40万回再生を目前に控える「ハイドアンド・シーク」です。「嫌われるのが怖い」「陰口を言われるのが怖い」という誰しもが抱く恐怖心に立ち向かう主人公の物語を丁寧に描いた作品となっています。

この歌詞もリスナーの「言いたかったこと」「言ってほしかったこと」を見事に言い当て、多くの共感と涙を読んでいます。ささやくようなミクの歌声と耳なじみの良いメロディも秀逸な名曲です。

スイーツ(笑)Pこと19-iku-さんの復活に期待しよう!

多くの名曲を生み出してきた19さんですが、冒頭で紹介した「サワーグレープ」を最後に現在は活動を停止している状況です。

ホームページの最後の更新は2015年3月13日、Twitterも「Dear」の小説化を告知した2015年9月18日のこのTweetが最後となっています。以前にも20ヶ月以上新曲が投稿されない期間が続いたことがありますが、今回もそうした「小休止」であることを願いたいですね。

そしてその小休止が終わったら、ぜひまた素敵な楽曲を聴かせてくれることを、切に願います!

この記事が
気に入ったら
いいね!しよう