男子にもおすすめの少女漫画7選!人気作品から隠れた名作まで紹介!

赤髪の白雪姫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Cogf6B8ukLo

少女漫画といえば甘い恋愛ものが中心で、男性はあまり読まないものとされてきました。しかし近年ではそうした男女の垣根はなくなりつつあるようです。今回は元書店員でアラサー男子の筆者が実際に読んだ中で、女性だけでなく男性でも楽しめるおすすめの少女漫画をご紹介していきたいと思います。

おすすめの少女漫画をご紹介!

それではさっそくおすすめの少女漫画を元書店員の筆者(アラサー男性)が独断と偏見でご紹介していきます!

青春攻略本 / あきづき空太 全2巻

青春攻略本 第1巻 (花とゆめCOMICS)

あきづき空太先生の『青春攻略本』は男子高に通う四人の男子生徒を中心に繰り広げられる青春ストーリーが魅力の作品です。

恋愛などの要素もテンポよくさわやかに描いており、それでいて過ぎ去っていく青春の日々に寂寥感を覚えたりするなど、男子高校生特有の明るさと湿っぽさが的確に表現されています。

赤髪の白雪姫1 (花とゆめCOMICS)

あきづき空太先生といえば現在連載中の『赤髪の白雪姫』がアニメ化されたことでも知られており、男女問わず幅広いファンを獲得しています。

花とゆめコミックス「赤髪の白雪姫」15巻オリジナルアニメDVD付限定版プロモーションムービー

『赤髪の白雪姫』も人気が高くおすすめできる作品ですが、女性主人公の正統派な恋愛ファンタジーで女性向け要素が若干強めです。

少女漫画を読んだことのない男性読者の方はまず『青春攻略本』から触れてみるのがおすすめです。巻数も全2巻と少ないので手軽に読めると思います!

俺物語!! / 原作:河原和音 作画:アルコ 全13巻

俺物語!! 1 (マーガレットコミックス)

アニメ化や実写映画化などで、かなり知名度の高い『俺物語!!』。特徴は何といっても主人公・猛男の設定。推定身長2m、体重120kgという圧倒的な体格に抜群の運動神経を誇るなど、少女漫画ではかなり異色の主人公像です。

TVアニメ「俺物語‼」PV

純情で真面目な猛男とピュアで家庭的な少女・大和が繰り広げるまっすぐな恋愛ストーリーでありながら、男らしすぎる猛男が圧倒的な存在感を放つという他の少女漫画では類を見ない独特のラブコメディに仕上がっています。

明るく痛快な展開がほとんどで、うじうじしたり湿っぽくなったりしないところが男性読者でも読みやすいのでおすすめです!

ラストゲーム / 天乃忍 全11巻

ラストゲーム 1 (花とゆめCOMICS)

『ラストゲーム』は「顔も頭も運動神経もいい社長の息子」という主人公・柳が、小学生の頃に転校してきたヒロイン・九条に頭でも運動神経でも負けてしまい、以後ライバル心を抱くうちに恋愛感情に目覚めるという恋愛ストーリーです。

普段は完璧なのに、九条の前だととたんに残念なキャラクターになる柳の空回りっぷりが笑える秀逸なラブコメディ。残念イケメンと鈍感ヒロインを、周囲が保護者のように見守るという独特の空気感も面白くて魅力となっています。

最近はこうした残念なイケメン御曹司を取り扱った作品が人気のようで、同じ白泉社の『高嶺と花』などもギャグが面白いと男性にも好評です!

群青にサイレン / 桃栗みかん 既刊3巻

群青にサイレン 1 (マーガレットコミックス)

高校野球を舞台とした現在連載中のスポーツ漫画『群青にサイレン』

小学生の頃、主人公の修二イトコの空にエースの座を取られて野球を辞めてしまいますが、高校で再会した空は身長が低いままであり、「今なら勝てる」と思い野球部に入部します。

作者の桃栗みかん先生は、男性には「河下水希」名義の方が知られているかも知れません。週刊少年ジャンプで『いちご100%』『初恋限定。』など多くの人気作を連載されていました。

ジャンプで連載されていた明るい雰囲気のラブコメとは違い、『群青にサイレン』はかなりドロドロとしています。修二の空に対する劣等感や嫌悪感など、むき出しの感情描写がとにかく圧巻です。

野球漫画として見ても、ポジション争いから始まる鬱屈とした心理をここまで描いている作品は珍しいと思います。

天使とダイヤモンド / 那州雪絵

天使とダイヤモンド (白泉社文庫)

『天使とダイヤモンド』も同じく高校野球を舞台とした少女漫画です。かつて甲子園に出場したエースの圭吾は母校に教師として赴任し、そこでイトコの双子・開と七美に再会します。

甲子園で滅多打ちにあったことで野球にトラウマを抱えている圭吾でしたが、二人に請われて野球部の顧問を引き受けます。

この作品は高校野球そのものというよりは、野球を通して登場人物たちのさまざまな思いを描いています。

特に少年野球のエースだった七美が、女性だから高校野球の公式戦に出られないことへの葛藤や怨嗟の描写が衝撃的。今でも話題にのぼることのある隠れた名作です。

ここはグリーン・ウッド (第1巻) (白泉社文庫)

他の那州雪絵先生の作品では『ここはグリーン・ウッド』も男子高を舞台にした作品で男性にも読みやすいのでおすすめです。

少女少年 / やぶうち優 全8巻

少女少年 1 (てんとう虫コミックススペシャル)

やぶうち優先生の『少女少年』シリーズは一巻ごとに話が独立しており、それぞれのテーマに沿ってテンポよく物語が描かれていきます。

主人公は女装した男子で、正体を隠しながら芸能界で活躍(8作目を除く)していくという、ある意味で少女漫画あるあるな王道ストーリーです。

アニメ化した『水色時代』でファンを増やしたやぶうち優先生は男性読者が多いことでも知られています。

『少女少年』シリーズは各巻ごとに「恋愛、家族愛、友情、大人への反抗」など、描かれる物語ががらりと変わります。

主人公の設定も女装という部分以外は毎回異なるので、マンネリになることなく毎回新鮮な気持ちで読むことが出来る作品です。

うそつきリリィ / 小村あゆみ 全18巻

うそつきリリィ 1 (マーガレットコミックス)

『うそつきリリィ』も女装をメインに扱った作品で、面食いな普通の女子高生・ひなたは、イケメンだけど男嫌いで女装趣味な苑と付き合うことになるというコメディ色の強い少女漫画です。

主人公・ひなたのキレ味するどいツッコミなど、ギャグの面白さに定評があり、女装などの特殊な設定を存分に生かしています。

男性も少女漫画を読んでみよう!

ということで男性にもおすすめ出来る少女漫画を紹介してみましたがいかがでしたか?

個人的には渡辺多恵子先生の『はじめちゃんが一番!』種村有菜先生の『満月をさがして』、師走ゆき先生の『高嶺と花』などもオススメしたい作品です。

今回は男性向けということで男性主人公の作品を中心に紹介しましたが、これをきっかけに少女漫画を読んでみて意外と少女漫画も読めると思ったら、他の作品にもぜひチャレンジしてみてください!

この記事が
気に入ったら
いいね!しよう