今やすっかり知名度の高くなった「ヲタ芸」。アイドルソングだけでなく、アニソンやゲーソンに合わせて踊る姿は見ているだけでも楽しくなってきてしまいそう。日々、進化を遂げるヲタ芸の世界で今注目を集めているのが「ナマステスネーク」なんです。なんだか不思議な語感のヲタ芸・ナマステスネークとは、とはいったいどんなものなのでしょうか?

「ナマステスネーク」とは!?

「ナマステスネーク」は、アニクラ(※)発祥のヲタ芸のひとつです。(※アニクラについては、後述にて詳しく解説します!)

もともと、ヲタ芸には「蛇と雷をイメージする動き」を行うサンダースネーク(スネーク)という技がありました。代表的な技で、アニクラでは比較的よく見られます。

【ヲタ芸】解説 講座 サンダースネーク編 (otaku arts) wotagei

そこに新たな要素として、胸の前で手を合わせ、左右に動かしながら動くインドっぽい(!?)要素を取り入れた「ナマステスネーク」が誕生しました。

ナマステスネーク

特徴は、サビ前から地べたにしゃがみこみ、あぐらをかいた状態からスタートするという点。途中では素早く立ちあがり、通常のスネークを思わせるフリも入る難易度の高い技です。

「ナマステ」感。
「ナマステ」感。

出典:https://youtu.be/ZIGWQ-Lj6Bw

素早く寝そべるなどのモーションも入るので、野外で行う場合はケガをしないよう、注意が必要ですね。

ナマステスネーク

集団でナマステスネークをやる場合には、円になり真ん中に向かってそれぞれに直進していくというスタイルが主流!アニクラなどの場にて、大人数でやるとなお楽しいんです。

ナマステスネーク発祥の地「アニクラ」とは!?

【フェス型アニクラ】A-LOVE!!@渋谷Rラウンジ【2フロアで隔月開催】

「アニクラ」とは「アニソンクラブイベント」の略称です。広くエレクトロニカ系の楽曲が好まれるクラブで「アニメソングだけ!」という縛りを設けたイベントです。

懐かしい楽曲から定番アニメソング、最新アニメタイトル、ちょっとコアな曲まで…楽曲に載せて踊ったり、ヲタ芸を打ったり、コスプレを楽しんだりと、思い思いの形で作品への愛を分かち合います。

DJシーザー in 超ボカニコパーティー2016@幕張メッセ【animesong dj caesar】

幕張メッセで行われた「ニコニコ超会議」でも、アニクラのブースが用意されました。好きな曲がかかるたび、思わず声をあげるオーディエンス!

アニクラでナマステスネークが起こる曲とは?

アニクラでは、アニメ「魔法科高校の劣等生」のオープニングソングであるLiSAさんの『Rising Hope』という楽曲が流れたタイミングが、ナマステスネークを行うポイント!

LiSA 『Rising Hope -MUSIC CLIP short ver.-』

「視界まだ眩んでる~…」の歌詞あたりから準備をはじめ、サビの「孤独なまま」からナマステスネークスタート!「泣きそうでも悔しくても~…」の歌詞部分が、手を合わせて歩きはじめるタイミングです。

大人数でやりはじめると、こんな圧巻の風景になるんです!知らない人が偶然居合わせれば「何の集団!?」と思ってしまいそうなほどの一体感が気持ちいい!

クラブのミラーボールを浴びながら行うナマステスネークは、なんとも煌びやかな光景です。動画からも、アニクラの楽しさが伝わってきますね。

こちらは、少数精鋭型ナマステスネーク。座ったり立ったり寝そべったりと、実は激しいナマステスネークの動きによって、コスプレ衣装がなんともセクシーに。

ナマステスネークで輪を広げよう!

【Super nova】Rising Hope(ナマステスネーク)

アニクラの魅力はなんと言っても、「好きな音楽、好きなアニメでとことん盛り上がれること」!そして「同じ音楽・同じアニメが好きな人とつながれること」

見ているだけで楽しくなってしまいそうなナマステスネークは、その場に集まった人たちをつなぎ合わせる力も持っています。手を合わせて歩み寄っていくシーンは特に、向かいにいるのが知らない人でも思わず笑みがこぼれてしまうのも頷けます。

あなたもナマステスネークを覚えて、イベントへ赴くことで他にない楽しい時間が過ごせるかもしれません。ヲタ芸の打ち師も、踊ってみた動画が好きな人も、ナマステスネークで一つになりましょう!

トップ画像出典https://youtu.be/7mq3RBrK6ow
シェア
千
ちょっと知りたい、もっと知りたい!をたんたんと爛々と発信していきます。